チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ(Charles Augustus Lindbergh, 1902年2月4日 - 1974年8月26日)は、アメリカ合衆国の飛行家で、ハーモン・トロフィー並びに名誉勲章の受賞者。1927年に「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけた単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功。1931年には北太平洋横断飛行にも成功した。生い立ちリンドバーグはスウェーデン移民の息子としてミシガン州デトロイト市で生まれ、ミネソタ州リトルフォールズで成長した。彼の父親は弁護士、その後国会議員となり第一次世界大戦への米国の参戦に反対した。母親は化学教師だった。彼は幼少時から機械への関心を示したが、1922年には機械工学から離れ、ネブラスカ航空機でパイロットと整備士の訓練に参加したあとカーティスJN-4「ジェニー」を買い、曲芸飛行士になった。1924年にはアメリカ陸軍航空隊で飛行士として訓練を始めた。訓練を一番の成績で終え1920年代にはライン・セントルイスの民間航空便パイロットとして働いた。大西洋単独無着陸飛行1927年5月20日5時52分(出発時の現地時刻)、リンドバーグはスピリットオブセントルイス号(ライアンNYP)でニューヨークのルーズベルト飛行場を飛び立ち、5月21日22時21分(到着時の現地時刻)、パリのル・ブルジェ空港に着陸、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した。飛行距離は5,810kmで飛行時間は33時間29分30秒だった。これによりリンドバーグは、ニューヨーク?パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるオルティーグ賞とその賞金25,000ドル、さらに、世界的な名声を得た。大西洋単独無着陸飛行に成功した際、ル・ブルジェ空港に詰め寄った人たちは空港に入りきれない人たちも含めて延べ75万人とも100万人ともいわれている。スピリットオブセントルイス号は、リンドバーグの指示の下に特別にカスタマイズされた機体であった。多量の燃料(ガソリン)を積み込むために操縦席の前方に燃料タンクを置いたため、座席からは直接前方が見えず、潜望鏡のようなものを使うか、機体側面の窓から顔を出して前を見なければならなかった。これは、無名の操縦士だったリンドバーグには出資者が少なく、他のオルティーグ賞挑戦者のように大型の機材を用意できな

<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
【中医協】勤務時間の把握、「タイムカード」を削除(医療介護CBニュース)
【党首討論詳報】(2)「小沢幹事長に責任を申し上げるつもりない」(産経新聞)
新日鉄名古屋製鉄所を捜索=敷地から強アルカリ水漏出-名古屋海保(時事通信)
秘書の嘆き今回も、不満の声・説明求める声(読売新聞)