国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効を受け、安藤隆春警察庁長官は30日未明、「事件発生以来、警視庁において懸命な捜査が行われてきたが、誠に残念。警察庁としては、これまでの捜査を検証するなどして、今後の各種犯罪対策に生かしていきたいと考えている」との談話を発表した。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
「教団思想と合致」=長官銃撃で上祐前代表
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず

<遭難>1人の遺体収容 中ア・宝剣岳(毎日新聞)
<信楽透器>電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決(産経新聞)
国宝馬具、18年ぶり里帰り=奈良県斑鳩町〔地域〕(時事通信)
<国民年金詐取>容疑の弘道会系組長に逮捕状…警視庁(毎日新聞)