8日午前5時ごろ、千葉県成田市の成田空港B滑走路上に、青色塗料が付いたこすり傷と金属片が見つかった。6日にエンジン下部にこすったような跡が発見された米デルタ航空280便、ボーイング747-400型機の接触でできた可能性がある。
 国土交通省成田空港事務所によると、滑走路のこすり傷は北端から約600メートルの地点に、長さ約5メートル、幅約50センチで伸びていた。金属片は1センチ四方で傷の中央あたりに落ちていたという。滑走路点検で空港会社職員が発見したが、運用に支障はなく、通常通り運用開始された。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕航空ファン必見「航空科学博物館」
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
スカイマーク乗務員ら書類送検=機内カート衝突、乗客2人重軽傷

子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折-兵庫県警(時事通信)
<普天間>北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請(毎日新聞)
首相を擁護「一朝一夕にいかぬ」=5月断念で閣僚発言-普天間(時事通信)
徳之島案「徹底して反対」=首相発言に反発-伊仙町長(時事通信)