このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2008年09月25日

No.130 ガチ☆ボーイ5

ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】

昨日の記憶は忘れても、体の痛みは覚えてる…

製作年度:2008年
時間:115分
監督:小泉徳宏
出演:佐藤隆太 (五十嵐良一(マリリン仮面))サエコ(朝岡麻子)向井理(奥寺千尋(レッドタイフーン))仲里依紗(五十嵐茜)宮川大輔(君島良伸(チョチョチョッピ君島))泉谷しげる(五十嵐恒雄)川岡大次郎(佐田正樹(ドロップキック佐田))

【ストーリー】
五十嵐良一は、‘天才’と言われながらも事故で頭を
打って以来、記憶が一日しかもたない障害を
負ってしまった大学生。昨日のことすら
覚えていられない自分に、五十嵐は日々、生きる実感を
失いつつあった。そんな彼が、大学の構内でたまたま
試合を目にしたプロレス研究会の扉を叩く。
そこで出会った個性豊かでにぎやかな仲間たち。
彼らに囲まれ、楽しい学生生活を送るかのように
思えた五十嵐だったが…。

【主題歌: チャットモンチー/ヒラヒラヒラク秘密ノ扉】


【評価ポイント】
☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価)



ガチ☆ボーイ_080925_1

この映画は映画館で観ました。
大のプロレスファンであり、佐藤隆太が出演しているため。
彼の演技はこういう作品にすごくマッチしています。

事故により寝て目を覚ますと昨日の記憶がなくなってしまう
病気になった主人公の五十嵐の話です。
但し、事故前の記憶は残っています・・・

そんな五十嵐が大学際で行われていた
学生プロレスに魅了されて入部。
体は細いし、学生プロレスは体が出来ていないため安全第一を
モットーにあらかじめ用意されたシナリオで試合が進みます。
記憶が消えてしまうため、覚えられません。
ポラロイドカメラで写真やメモにより、毎朝起きて
写真やメモを頼りに昨日の記憶を取り戻す。
元々、司法試験の一次を合格するほどの天才のため
記憶するけど、こんな毎日が続くのって非常につらいです。

記憶を忘れてしまうため、マネージャーの朝子(サエコ)に
告白するシーンはせつなくなりました。
”ごめんね、4回目なんだ・・・”
楽しいことはメモにしっかり残すけど、振られた事実は
メモに書いていない。つらいことは書きたくないよな〜
五十嵐にとっては、4回とも初めての告白なんですよ〜

父子についても、事故以来会話も続かなくなり
希薄な関係となってしまった。
父(泉しげる)にとっては、弁護士になる自慢の息子だったのに。
妹(仲里依紗)は献身的に支える。

父や妹、そして仲間たちの想いが最後のプロレスシーンに
昇華されて凝縮されていました。
何度、倒れても周りがもうやめようといっても立ち上がる。
昨日の記憶が消えても、体の痛みは覚えているから・・・
この痛みは自分が生きている証拠、証だから・・・
生きている実感を体に刻み込む。

日々のちょっとした幸せを積み重ねて振り返り
幸せを実感する。
そんなことができない五十嵐の何度も立ち上がる姿に
熱い気持ちが込み上げてきました。
その情熱に仲間たちや観客まで五十嵐に声援を送りつづける。
このシーンと並行して父が、事故以来のことを綴ったノートを
目にします。そこには”死にたい”の文字が・・・

プロレスシーンの演出も最高でした。
プロレスの盛り上げ方を熟知している演出でした。

試合終了後の五十嵐の充実した笑顔に涙が止まりませんでした。
明日になれば、この試合のことも忘れてしまうけど
体の痛みが覚えてる、俺は生きている・・・

こんなに熱くなれる映画に出会えたのは初めてかも。
熱烈なプロレスファンだからかもしれませんが、
プロレスに興味がなくても楽しめると思います。

プロレスの魅力も十分伝えていました。
いつかゴールデンタイム復活ならないかな〜
深夜枠からの脱却を望みます(笑)

<関連情報>
1.公式サイト
ガチ☆ボーイ 公式サイト
2.作品レビュー
Yahoo作品レビュー
3.音楽
映画「ガチ☆ボーイ」オリジナル・サウンドトラック

ヒラヒラヒラク秘密ノ扉

4.書籍
ガチ☆ボーイ (角川文庫 に 16-1)

5.関連DVD
ガチ☆ボーイ【ガチンコ・エディション】



z844tsco at 22:15│Comments(12)TrackBack(18) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 青春 | 邦画タイトル:か

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

 この記事へのトラックバック

1. ガチ☆ボーイ  [ 欧風 ]   2008年09月25日 22:22
1日の映画の日、イオン下田で「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観て、次に観たのがこの、<a href="http://www.go-go-igarashi.jp/" t
2. ガチ☆ボーイ/佐藤隆太、サエコ  [ カノンな日々 ]   2008年09月25日 22:43
もォ目眩がしそうなくらいの大混雑。ファーストデイに土曜日と2つの人気アニメ作品の公開初日が重なったゆえのこの状態なんでしょうね。気のせいか劇場内の酸素が薄イ。体調万全じゃないこともあってちょっとしんどいです。 公開を目前に控えて佐藤隆太くんがプロモーシ....
3. ガチ☆ボーイ  [  Art- Mill  あーとみる ]   2008年09月26日 00:03
ガチ☆ボーイHP http://www.go-go-igarashi.jp/ 見る予定には入っていなかったんですが、見てしまいました。どうも最近、明日への意欲低下。ちょっとヤバいので、気分転換です。 記憶障
4. 「ガチ☆ボーイ」  [ 古今東西座 ]   2008年09月26日 04:37
これを読んでいるオジサン世代に聞いてみたいのですが…以前、金曜日の夜8時に、テレビは何を選んで観ていましたか?まぁ、この答えで何となくその人がどんな人なのか分かってしまうわけです(←ウソ)。僕は…『太陽にほえろ』『3年B組金八先生』は観たことがありません...
5. ガチ☆ボーイ  [ to Heart ]   2008年09月26日 12:42
  青春☆ガチンコグラフィティー。 製作年度 2007年 上映時間 120分 脚本 西田征史 監督 小泉徳宏 音楽 佐藤直紀 出演 佐藤隆太/向井理/サエコ/川岡大次郎/瀬川亮/宮川大輔/仲里依紗/西田征史/泉谷しげる TOHOシネマズ、レディースデイの為、ヘルニアもとい、プレミアス...
6. ガチ☆ボーイ ☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2008年09月27日 01:04
あーーなんか久しぶりの劇場鑑賞かもしれません。昼間用事があったので、さすがに映画の日になんか1本は観たいなぁ????っと選んだのは、地味目な『ガチ☆ボーイ』主演は佐藤隆太の学生プロレスのお話です。事故で1晩眠ると、記憶がリセットされてしまう五十嵐君(佐藤隆太)
7. ガチ☆ボーイ  [ ☆SunFlower☆ ]   2008年09月28日 22:58
試写会「ガチ☆ボーイ」を見ました^^*ガチ☆ボーイのシールをもらいました^^V取りを忘れた五十嵐(佐藤隆太)は本気でガチンコの試合をするものの、それが観客にウケて一躍人気レスラーに。しかし現場に居合わせた妹・茜によって、五十嵐が去年頭を打って以来、新しい...
8. 「ガチ☆ボーイ」 肉体の記憶  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年10月13日 14:12
最近、久しぶりに運動をするようになりました。 きっかけは単純、暖かくなって春もの
9. 『ガチ☆ボーイ』  [ めでぃあみっくす ]   2008年10月18日 15:41
実写の邦画でこんなに熱い涙を流した映画は初めてというくらいに号泣してしまいました。やはりフジテレビ・ROBOT・東宝という『LIMIT OF LOVE 海猿』を生み出した黄金トライアングルは本当に素晴らしいです。巷ではフジテレビ的映画になっていないかと懸念される映画ファンも...
10. 『ガチ★ボーイ』  [ ラムの大通り ]   2008年10月19日 10:05
----これってガチンコ・ボーイってこと? 「そう。 一種の青春グラフィティだね。 ただ、これまで青春を描くときに多かったロックや映画ではなく、 ここではプロレスに、その材を求めている」 ----ふうん。元々はお芝居だったんでしょ? 「そうらしいね。人気劇団・モダンス...
11. ガチ☆ボーイ  [ Akira's VOICE ]   2008年10月19日 10:32
人生にギブアップは無い!
12. ガチ☆ボーイ  [ ★試写会中毒★ ]   2008年10月30日 06:59
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:小泉徳宏 キャスト:佐藤隆太       サエコ       向井理       仲里依紗       宮川大輔       泉谷しげる       川岡大次郎、他 ■ストーリー■  
13. 「ガチ☆ボーイ」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年11月04日 18:40
大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は事故で頭を打って以来、一晩眠るとその日の出来事を 全て忘れてしまうという“高次脳機能障害”を負っていた。そんな彼が学生プロレスに惹かれ、 プロレス研究会の扉を叩く。五十嵐の事情などまるで知らない部員たちは快く迎え入れ、プロレ...
14. ガチ☆ボーイ  DVD  [ ★ Shaberiba ★ ]   2009年05月05日 18:42
体の痛みが教えてくれる。昨日も生きていたことを・・
15. ガチ☆ボーイ  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年05月07日 00:18
5月4日(月) レンタルDVD ガチ☆ボーイ【ガチンコ・エディション】 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD 『ガチ☆ボーイ』公式サイト 記憶障害を持つ男が主人公の青春学生プロレス映画。 観たいと思っていたのだが、上映館の制限と時間の都合がつかず...
16. ガチ☆ボーイ  [ SSKS* ]   2009年06月17日 00:06
オフィシャルサイト 2008 日本 監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太/サエコ/向井理/仲里依紗/宮川大輔/泉谷しげる/川岡大次郎/瀬川亮 ストーリー:大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才、五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会...
17. ガチ☆ボーイ(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年10月11日 21:09
人生はスリーカウントじゃ決まらない
18. ガチ☆ボーイ  [ ひめの映画おぼえがき ]   2009年10月13日 17:51
ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太、サエコ、向井理、仲里依紗、宮川大輔、泉谷しげる、川岡大次鮮.

この記事へのコメント

1. Posted by kira   2008年09月26日 12:53

こんにちは、TB有難うございました♪
コチラの作品、劇場公開からもう半年たつんですね〜。
なんだか夏前に観たような錯覚をおこしてました。
ゆるい中にある真面目さ、温かさにぐっと来た作品。
とっても心に残ってます。記憶に残ってます
手作り感が伝わってくる大好きな作品でした☆
2. Posted by シムウナ   2008年09月27日 08:14
5 >kiraさん
コメント有難うございます。
笑いと涙にあふれる作品でしたね。なんど観ても感動しています。熱くなれる映画ですね。
3. Posted by はらやん   2008年10月13日 17:52
シムウナさん、こんばんは!

>つらいことは書きたくないよな
この「4回目だよ」のシーンはぐっときてしまったのですが、シムウナさんの記事読んで、ああそうかとやっと合点がいきました。
あのノートには何でも書いていたわけじゃないんですよね。
やはり振られたことは辛くて書けない。
五十嵐、切ないですよね。
それでも前向きに生きようとする彼から、熱いものをいただいた気持ちがします。
4. Posted by シムウナ   2008年10月13日 18:49
5 >はらやんさん
コメント有難うございます。
映画館でこの「4回目だよ」のシーンは泣きました。
振られたときって記憶を消したいですよね。
楽しい思い出は残しておきたい・・・でも。
何回目の告白でも、五十嵐にとっては
自分の想いを初めて伝える場面なんですよね。
本当に切ないです。
5. Posted by にゃむばなな   2008年10月18日 15:42
こちらにもお邪魔します。

この映画、凄くいい作品なのに劇場公開時にはあまりヒットしなかったんですよね。
こういういい映画がヒットしない今の日本の映画市場がちょっと悲しいです。
6. Posted by シムウナ   2008年10月18日 19:17
5 >にゃむばななさん
コメント有難うございます。
私もにゃむばななさんと同意見です。
この映画はヒットして欲しかったです。
宣伝費がそれほどかけられなかったのかな?
ドラマの映画化はヒットする図式ができあがって
いますが、こういう映画は口コミしかないですね。
是非、多くの人に見て欲しいし
薦めたい映画です。
7. Posted by えい   2008年10月19日 16:45
こんにちは。

この映画、観る前に周囲の反響があまりに悪かったので
まったく期待していませんでした。
それだけに、いい意味での裏切りがあり、
より一層感動しました。
悪い噂というのは、こういう結果ももたらすんだなと
しみじみです。
8. Posted by シムウナ   2008年10月19日 20:02
5 >えいさん
コメント有難うございます。
周囲の反響に惑わされず、自分の目で確かめて
自分の感性にマッチするかが大事だと
思っています。
他人が面白くないと判断したら、自分も
そうなのか・・・違いますよね。
逆に8割以上が駄作だって発言があると
逆に見たくなってしまいますけど(笑)
かつてのデ○○マンとか。
9. Posted by メル   2008年11月05日 10:02
TB,そしてコメントまで頂いて
どうもありがとうございましたm(_ _)m

ほんとにこの映画は良かったです。
重い内容だったけど、こんな風に
笑いを交えながら、でも伝えるところはしっかり伝えて、という邦画がちゃんと
作れるんだんなぁ、って感激しました。

レスラーのキャラクターの作り方も
良くできてるなぁって思ったし、
なんといっても五十嵐のあの生き方に
感動しました。
”これで本当に生きているといえるのか”と日記に書いていた彼の気持ちを思うと、胸が痛くなりそうでしたし・・。

プロレスも祖父につきあって
子供の頃に見ていたので、なんだか懐かしい感じがしたし(ブッチャーとかデストロイヤーとかの時代ですが(^^;;) )
ドロップキックで泣けるとは思いませんでした。体が覚えてたんですよね〜。
10. Posted by シムウナ   2008年11月09日 20:39
5 >メルさん
コメント有難うございます。
笑いと涙のバランスが絶妙でした。
後半は終始、泣きっぱなしでした。
あの日記は泣けますよね。
11. Posted by 七色仮面   2009年10月22日 11:17
5 Comedy、というよりかなりSeriousな映画で、学生wrestlingのスポ根もの、というより人生賛歌を謳い上げる、小作品ながら、かなり練り上げた映画だ、と思いますね。

最後のMain Eventoの試合に到る大団円は3つの話
(父親の悔悟、記憶を少し取り戻すかの様な五十嵐の遅刻、体育館での試合)
が同時にWrestlingの様にくんずほぐれつ進行して行って、その盛り上がりは最後の鐘に完わる、という何とも言えない抒情!!
 そして五十嵐が歴代Championに名前を連ねるという部室のSceneで、病気からの回復を示唆する、かなり高度な演出だと、思いますね、
佐藤隆太と若き小泉監督の今後にも期待!
12. Posted by シムウナ   2009年10月26日 21:11
>七色仮面さん
コメント有難うございます。
全体的な演出は素晴らしかったですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター

    ユニークユーザ数(UU)アクセス

    メッセージ
    訪問された方へ
    【お詫び】
    ブログ訪問者の方にブログ記事の
    評価ポイント☆クリックをお願い
    しておりましたが、海外サイトの廃止
    によりこの機能が利用できなく
    なりました。現在、別手段を
    考え中です。

    ↓この機能は現在利用できません↓
    ブログ記事の冒頭に、
    【評価ポイント】☆をクリックして
    この映画の評価をお願いします
    (5段階評価)とあって、☆が5つ
    並んでいますが、その☆の
    1つ目~5つ目の
    どこかをぽちっとお願いします!!
    記事検索
    劇場映画ランキング
    お得情報
    ブログランキング
    ブログ掲示板
    最新映画情報
    洋画
    TagCloud
    月間アーカイブ
    ぷろふぃーる
    iTunes Music Store
    RSS