このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2010年06月14日

No.220 告白5

告白_20100613_title【ストーリー】
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松)は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。共演に岡田将生、木村佳乃。


【評価ポイント】
☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価)




【予告編】


告白が、あなたの命につきささる。…

制作年度:2010年
劇場公開日:2010年6月5日
時間:106分
監督:中島哲也
出演:松たか子(森口悠子)木村佳乃(下村優子(直樹の母))岡田将生(寺田良輝(ウェルテル))西井幸人(渡辺修哉)藤原薫(下村直樹)橋本愛(北原美月)

告白_20100613_1

予告編から、そのストーリーに惹かれて
これは映画館で観るべき、1800円払っても問題ないと
思いました。元はベストセラー小説ですが、
原作が注目されている事は知っていましたが、
冒頭からラストまで中だるみがなく、釘付け状態でした。

告白_20100613_2

冒頭、日常ごくありふれたホームルームの風景。
先生(松たか子)のいつもの伝達事項など聞く耳を持たない
生徒たちに衝撃的な告白をする。
ある程度の予備知識、愛娘が自分の生徒に殺されてしまい
その復讐を計画する事は念頭に入れておいたので、

告白_20100613_3

淡々と見ることになるのかと思いきや、冒頭から頭に鈍器で
殴られたような衝撃を覚えました。
犯人は2人、その2人の生徒はA、Bと呼称して、
愛読書の話、旦那の話・・・そして。

少年法で保護されている生徒、罪にはならない・・・
そんな生徒に命の重さを、ここではまだ愛する愛娘を
失った母親ではなく、教師との責務、命の重さを
伝えるための手段だったような気がしました。

貴方達が飲んだ牛乳に・・・

告白_20100613_4

冒頭の衝撃的な告白シーンから一転して、犯人たちを
取り巻く者たちの各々の告白で物語が展開。

過保護な母親を演じた木村佳乃、信じていた息子の
犯した罪を把握したとき、消耗しきった表情など見応え
ありました。松たか子も含めて女優陣の演技は
一見の価値ありです。

少年たちの動機はなく、注目されたい、見返したいなど
衝動的な行動をとってしまう。その際に、命と何かを
考えずに、自分の命でさえも軽々しく扱う態度に
憤りを覚えてしまうシーンもありました。

現代社会には、このような事が蔓延しているかも
しれないですね。

告白_20100613_5

ラストのオチに至るまでの、用意周到な復讐計画に
驚きました。自らが手を下さず、少年たちに命の選択の
判断を委ねる。目には目を、歯には歯ではなく。
毒には毒をもって制すという感じがしました。

愛娘を失った人生、その眼前にはどんな色が見えているのだろうか。
少年たちは罪に問えない・・・
どんな風に生きたらいいのだろうか。

今回の主人公が聖職者であり、立場上命の大切さを教える身である
ものが、その一線を越えてしまうのか・・・
見事な状況設定であり、嗚咽するシーンに完全に狂気の領域に
入らない理性が残っているのかなと安心しました。

ですが、ラスト、更生を求めた後の最後の台詞。
この一言で、安心したのも一変するほどの衝撃。

しかし、パンフレットは毎回買うのですがカウンターに
原作本を設置しているため、思わず買ってしまった(笑)

【関連記事】
・AKB48、松たか子主演「告白」に出演していた! 大島ら15日に舞台挨拶
・松たか子主演「告白」興収20億に向け好調な滑り出し
・衝撃の映像で話題騒然の『告白』が大ヒット!中島哲也監督、映画作りの秘密を語る
・「告白」異例ヒットのワケ…松たか子、復讐に燃える

<関連情報>
1.公式サイト
告白 公式サイト
2.作品レビュー
Yahoo作品レビュー
3.音楽
告白 オリジナル・サウンドトラック告白 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:ホステス
発売日:2010-05-26
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

4.書籍
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
著者:湊 かなえ
販売元:双葉社
発売日:2010-04-08
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

コミック版 告白コミック版 告白
著者:木村 まるみ
販売元:双葉社
発売日:2010-05-14
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

5.関連Blu-Ray,DVD
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
出演:松たか子
東宝(2011-01-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

告白 【Blu-ray完全版】告白 【Blu-ray完全版】
出演:松たか子
東宝(2011-01-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

告白 【DVD完全版】 [DVD]告白 【DVD完全版】 [DVD]
出演:松たか子
東宝(2011-01-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


z844tsco at 00:03│Comments(19)TrackBack(48)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ミステリー・サスペンス | 邦画タイトル:か

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

 この記事へのトラックバック

1. 告白  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年06月14日 19:30
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 ??桜桃とタンポポ??』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・ヴ...
2. 劇場鑑賞「告白」  [ 日々“是”精進! ]   2010年06月14日 19:47
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
3. 告白(2010)  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年06月14日 19:50
公式サイト。中島哲也監督、松たか子、岡田将生、木村佳乃。終業式の日のホームルームで突然生徒たちに告白する先生悠子(松たか子)。冒頭でネタバレしているように見えるけれど、実はこの告白が始まりでの仕掛け。「告白が、あなたの命につきささる」というキャッチコピー....
4. 告白  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年06月14日 21:27
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白い...
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 この映画は2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの 同名ベストセラー小説を映画化した作品で、 シングルマザーの女性教師が教え子に娘を殺され、 1年の終業式で衝撃的な告白をし、 犯人はこの中にいますと告げて教壇を....
6. 映画レビュー「告白」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2010年06月14日 22:43
告白 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆淡々としたモノローグに戦慄を覚える異色ミステリー。レディオヘッドの音楽がレクイエムに聞こえる。 【70点】 とある中学校の終業式の日。1年B組の教室で担任の森口悠子は「私の娘・愛美が死にました。警察は事故死....
7. 告白  [ Memoirs_of_dai ]   2010年06月14日 23:02
な〜んてね 【Story】 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出の..
8. 告白  [ そーれりぽーと ]   2010年06月14日 23:12
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのクラ...
9. 告白  [ 単館系 ]   2010年06月15日 00:56
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずなの..
10. 映画「告白」  [ Thanksgiving Day ]   2010年06月15日 01:30
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作の....
11. 告白  [ Akira's VOICE ]   2010年06月15日 10:01
命を知るための課外授業。  
12. 告白  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年06月15日 12:52
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事....
13. 【告白】悪夢の教室  [ 映画@見取り八段 ]   2010年06月15日 23:06
告白 監督: 中島哲也    出演: 松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛、西井幸人、芦田愛菜 公開: 2010年6月 中島哲也監督は、...
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...
15. 告白  [ 5125年映画の旅 ]   2010年06月19日 09:29
「私はシングルマザーです。娘の愛美。愛美は死にました。警察は事故死と判断しました。でも事故死ではありません。愛美は、このクラスの生徒に殺されたんです。」一人の教師が生徒達に向かって放ったこの告白が、生徒達の運命を大きく変えていく。 2009年の本屋大賞...
16. 映像化の成功例  [ 笑う学生の生活 ]   2010年06月21日 22:18
15日のことだが、映画「告白」を鑑賞しました。 本屋大賞を受賞した原作 教師の娘の死をめぐるそれぞれの告白 いやー、久しぶりガツーンくる衝撃 原作を読ん...
17. 告白  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年06月24日 11:11
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の....
18. [映画『告白』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年06月25日 06:11
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だが...
19. 告白 (松たか子さん)  [ yanajun ]   2010年06月29日 01:05
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部...
20. 告白  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年07月18日 06:34
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜか...
21. 『告白』  [ めでぃあみっくす ]   2010年07月26日 18:14
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な〜んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような演....
22. 【告白】 映画  [ じゅずじの旦那 ]   2010年07月26日 18:20
告白が、あなたの命につきささる。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生...
23. 告白  [ 勝手に映画評 ]   2010年07月26日 18:30
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました(苦...
24. 告白  [ 花ごよみ ]   2010年07月26日 18:32
湊かなえ原作の同名小説の映画化。 主役は松たか子、 木村佳乃、岡田将生らが共演。 監督は中島哲也。 原作となる小説、 ベストセラー小説なので、 かなり多くの人に読まれていて、 既読者はおおよそのあらすじを知っています。 その人達が映画を見たときも 緊張感をもっ...
25. 告白/松たか子、岡田将生、木村佳乃  [ カノンな日々 ]   2010年07月26日 20:19
湊かなえさんの原作小説はハードカバーで平積みされていた頃から気になっていたんですが、文庫本になったら買おうかなと保留。2009年の本屋大賞を受賞したときにやっぱり買ってしまおうかなと思ったんですけど、これを何とかやりすごしたら案の定映画化されることに。それな....
26. 『告白』 ('10初鑑賞81・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2010年07月26日 20:30
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 6月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:10の回を鑑賞。
27. これが私の復讐です〜『告白』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年07月26日 20:44
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、この??.
28. 『告白』 はじけたのは何か?  [ 映画のブログ ]   2010年07月26日 20:50
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
29. 愛情から生まれた欲望の数々。『告白』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年07月26日 22:05
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。
30. 『告白』 湊かなえ  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2010年07月26日 22:28
「私の娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 終業式のホームルーム、退職するという女性教師の告白から始まる、章ごとに語り手が変わるモノローグで構成されるドラマ。犯人、犯人の家族、クラスメートと様々な視点から事件が綴られて...
31. 「告白」  [ 映画のお友達 ]   2010年07月26日 23:57
先日『告白』(MOVIX倉敷)劇場鑑賞しました。 こんな邦画を待ってた〜とばかり、とにかく素晴らしい作品ですね。 私の中では、今年のNo.1に躍り出ました。 甘っちょい邦画界に喝を入れるべく、大ヒットを望みます! 復讐劇お好きな方、満喫できることでしょう。 「告白」...
32. 告白  [ ルナのシネマ缶 ]   2010年07月27日 00:28
ほとんど原作通りに 作られていました! 松たか子の森口先生は、 クールな冷酷さで怖かったです。 岡田将生のKY熱血教師は 滑稽なだけに、なんだか 可哀想だったかなぁ〜。 思った以上に生徒役の若者たちが 良かったです。 終業式後の雑然としたホームルームで、 ...
33. 映画「告白」  [ FREE TIME ]   2010年07月27日 00:52
映画「告白」を鑑賞しました。
34. 「告白」  [ 俺の明日はどっちだ ]   2010年07月27日 08:47
・ う〜ん、参りました。 中島哲也監督のこれまでの作品を観て、そのカラフルでけれんみたっぷりな演出にばかり目を奪われていたけれど、この作品を通してそうした見た目の小手先の先にある人物描写の真摯なる姿勢が、考え抜かれたカメラワークやカット割り、そして的確な演...
35. 「告白」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2010年07月27日 09:18
                                 「告白」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・湊かなえ 監督・中島哲也 かなり物議をかもしている本作をやっと観て参りました。 私は「原作既読」だと、ダメなのかもしれません(T_T)。本作も原作は...
36. 告白  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年07月27日 10:50
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松た...
37. 告白・・・・・評価額1800円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年07月28日 00:39
中島哲也の才気が大爆発した様な一本である。 一人の女性教師の「告白」から始まる壮絶な復讐劇。 人間の心が抱える負の情念を、これほどス??.
38. 映画「告白」  [ itchy1976の日記 ]   2010年07月30日 18:49
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:106...
39. 映画:告白  [ よしなしごと ]   2010年07月31日 11:48
 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。
40. 告白  [ B-scale fan's log ]   2010年08月07日 23:44
公開中 中島哲也監督     出演 松たか子、岡田将生、木村佳乃 他 新評価 3.0 愛娘が教え子に殺された。法律は未成年を罰さない。 ゆえに教師は自ら手を下すことなく間接的に、 罪の意識のない彼らに真の反省を促す。 なんだか「ひとりスパイ大作戦」みたい。 ...
41. ■22. 告白  [ レザボアCATs ]   2010年08月10日 11:00
'10年、日本監督・脚本:中島哲也プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆ たか、窪田義弘原作:湊かなえ撮影:阿藤正一、尾澤 篤史照明:高倉進美術:桑島十和子松たか子  森口悠子岡田将生  寺田先生(ウェルテル)木村佳乃  犯人Bの母日本の中で、一番病んでいて、一番不気味...
42. 告白  [ 銀幕大帝α ]   2011年01月18日 01:54
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 <ストーリー> 「生徒に娘を殺され...
43. 『告白』 (DVD)  [ みゆみゆの徒然日記 ]   2011年02月26日 20:53
 原作は公開前に読んだ。面白かったけれど、気分が悪くなる読後感・・でも映像化されたらどうなるのかな?と興味はあったのですが、なんとなく映画館から足が遠のいていた時期でもあり、これもまたDVD鑑賞となりました。 【あらすじ】告白 - goo 映画より引用。 女教...
44. 告白  [ さむこの部屋 ]   2011年04月24日 22:29
2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子に娘を殺された中学校教師の復讐を描くミステリー。 松たか子、木村佳乃、岡田将生。 こりゃすごい・・。 ...
45. 別館の予備(感想202作目 告白)  [ スポーツ瓦版 ]   2011年07月17日 11:38
7月17日 告白 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83 さや侍&X−MEN:ファースト・ジェネレーション& エクスペンダブルズ&ディア・ドクター& ...
46. 娘を殺された女教師の命の授業がはじまる「告白」  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2011年09月08日 22:56
47. 『告白』(2010)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2011年10月08日 22:53
とある中学の終業式。今月で教師を辞めるという担任の女教師が、淡々と「告白」を始める。 私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです――。 湊かなえのベストセラー小説を映像化。
48. 告白  [ 映画 K'z films 2 ]   2011年12月06日 13:43
原作湊かなえ監督中島哲也出演松たか子 木村佳乃 岡田将生 橋本愛 芦田愛菜公開2010年 6月

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2010年06月14日 19:48
一応エンターテインメント作品というべきでしょうか・・・
飽きさせない展開で、一気にラストまで行きました。
観終わって・・・いろいろと考えてしまうような感じに。

とりあえず、松さんの演技に惹き込まれました。
2. Posted by えめきん   2010年06月19日 09:31
5 こんにちは。TB&コメントありがとうございました。そして返信遅れてしまって申し訳ありませんでした。

衝撃と恐ろしさに加え、少年犯罪問題、子供達の未成熟な心理など、難しいテーマに取り組んでいながらも、クライマックスは「復讐劇」という一点に集中して描いた事で文字通り「極限のエンターテイメント」として完成していました。
その容赦の無さに、デヴィット・フィンチャー監督の『セブン』を連想しました。あのクラスのバイオレンスを日本で作れたというのは凄いと思います。
3. Posted by シムウナ   2010年07月26日 13:56
>BROOKさん
コメント有難うございます。
松たか子の演技には魅了されましたね。
単純に面白いと一言では片付けてはいけないほどの
インパクトを残した作品でした。
本当に観賞後は考えちゃいますよね。
4. Posted by シムウナ   2010年07月26日 13:59
>えめきんさん
コメント有難うございます。
思春期。成長過程で未成熟だからこそ、
大人が手を差し伸べて正しい事を
伝えていく必要がありますね。
最近は若年層の事件が目立ち、
エンターテイメント作品でありながらも
背を向ける事の出来ない問題だと
感じました。
5. Posted by mig   2010年07月26日 15:22
こんにちは。
こちらこそ毎回TBをありがとうございます
6. Posted by シムウナ   2010年07月26日 20:40
>migさん
コメント有難うございます。
こちらこそ、毎回TB有難うございます。
7. Posted by にゃむばなな   2010年07月26日 21:59
4 これは今年を代表する一本になること間違いなしですね。
いやはや、中島監督は本当に凄いですわ。
8. Posted by じゅずじ   2010年07月26日 22:32
5 息をのむ展開でした。
こんな緊張感のある映画は久々。
原作よりも上回ってるかもしれません!

コメントありがとうございました。
9. Posted by KLY   2010年07月27日 00:46
原作も読みましたが、松さんの台詞がなんと50ページ以上なんですよね。
文字だけで表現される内容に監督の映像センスと松さんの演技が加わって、作品そのものがより高いレベルに到達したように感じました。
10. Posted by dai   2010年07月28日 22:41
邦画はあまり見ませんが、過去観た作品の中でもかなりの衝撃かつ面白さを感じた作品でした。
11. Posted by クマネズミ   2010年07月29日 06:27
シムウナさん、私のブログにTB&コメントをいただき、誠にありがとうございます。
シムウナさんがコメントでおっしゃるように、「今年度の邦画の中では1,2位を争うほどの満足度」だと私も思いました。特に、こちらのブログでおっしゃるように、まさに「松たか子も含めて女優陣の演技は一見の価値あり」でしょう。
だからこそ逆に、冒頭の松たか子の「告白」における「告白」とは何かとか、この映画における「リアル」の意味といったことに拘ってもみたくなってしまいます。

なお、酷くつまらないことで誠に恐縮ですが、シムウナさんのブログの記事の冒頭にある「評価ポイント」と、コメント記入ボックスの上部にある「評価」とは連動すべきものなのでしょうか(あるいは後者は、映画それ自体ではなく、シムウナさんが書かれたブログ記事内容についての「評価」なのでしょうか)?
12. Posted by シムウナ   2010年08月01日 14:14
>にゃむばななさん
コメント有難うございます。
今年を代表する一本になりそうですね〜同感です。
13. Posted by シムウナ   2010年08月01日 14:19
>じゅずじさん
コメント有難うございます。
久しぶりに最初〜最後まで中だるみもなく
圧倒されっぱなしでした。
14. Posted by シムウナ   2010年08月01日 14:24
>KLYさん
コメント有難うございます。
オープニングの告白シーンは、松さんの独壇場でしたね。
これだけの長いシーンを撮りきるためには相当な
集中力が必要なんでしょうね、圧倒されました。
15. Posted by シムウナ   2010年08月01日 14:43
>daiさん
コメント有難うございます。
普段邦画はつまらないと言っている人には
薦めたい作品ですね。
ハリウッドリメイク版は、
ニコール・キッドマンが演じるのでしょうか。
こちらも楽しみですね。
16. Posted by シムウナ   2010年08月01日 14:47
>クマネズミさん
コメント有難うございます。
ご質問の件、ご回答します。
評価ポイントとコメント記入欄の評価は
連動していません。
評価ポイントは、クマネズミさんが
その映画の評価をポイントして下さい。

コメント欄の評価ポイントは
記事の評価でポイントして頂くか
映画の評価と同じポイントでも
構いませんよ。


> なお、酷くつまらないことで誠に恐縮ですが、シムウナさんのブログの記事の冒頭にある「評価ポイント」と、コメント記入ボックスの上部にある「評価」とは連動すべきものなのでしょうか(あるいは後者は、映画それ自体ではなく、シムウナさんが書かれたブログ記事内容についての「評価」なのでしょうか)?
17. Posted by チェズ   2010年08月01日 17:49
5 こちらこそ、TBありがとうございました。
コメントの方も、ありがとうございます。

シムウナさんも、かなり評価高いようですが、私は洋画も入れて、今のところ今年No.1です。

殺された命と、これから復讐される命。
人の見方はいろいろでしょうけど、松たか子に感情移入しちゃいますね。
映画を超越して、いろいろなことを考えさせられる素晴らしい作品だと思います。
教科書通りの人命論なんていらないです。
18. Posted by ルナ   2010年08月02日 23:29
4 こんばんは!(*^^*)
あまりにも衝撃的で、原作を読んだ時はちょっと引いてしまいましたが、映画はもうちょっとソフトな感じでよく出来ていたと思います。
命の重さが希薄になっている今の時代に、この作品!
ちょっと考えさせれますねぇ〜。
19. Posted by 由香   2010年08月06日 23:13
こんばんは〜♪
凄い映画でしたね。
私も最初から最後までクギ付けでした。
一体どうなってしまうのか・・・目が離せなかったです。
ストーリーも凄かったですが、松さんや木村さんの演技も一見の価値アリですよね〜
私も原作を買いましたが、まだ読んでいません。なかなか読む勇気がなくて(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター

    ユニークユーザ数(UU)アクセス

    メッセージ
    訪問された方へ
    【お詫び】
    ブログ訪問者の方にブログ記事の
    評価ポイント☆クリックをお願い
    しておりましたが、海外サイトの廃止
    によりこの機能が利用できなく
    なりました。現在、別手段を
    考え中です。

    ↓この機能は現在利用できません↓
    ブログ記事の冒頭に、
    【評価ポイント】☆をクリックして
    この映画の評価をお願いします
    (5段階評価)とあって、☆が5つ
    並んでいますが、その☆の
    1つ目~5つ目の
    どこかをぽちっとお願いします!!
    記事検索
    劇場映画ランキング
    お得情報
    ブログランキング
    ブログ掲示板
    最新映画情報
    洋画
    TagCloud
    月間アーカイブ
    ぷろふぃーる
    iTunes Music Store
    RSS