このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2013年06月09日

No.351 舟を編む5

130519_船を編む_title【ストーリー】
出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。




【予告編】


マジメって、面白い。…

制作年度:2013年
劇場公開日:2013年4月13日
時間:133分
監督:石井裕也
出演:松田龍平(馬締光也)宮崎あおい(林香具矢)オダギリジョー(西岡正志)黒木華(岸辺みどり) 渡辺美佐子(タケ)池脇千鶴(三好麗美)鶴見辰吾(村越局長)八千草薫(松本千恵)小林薫(荒木公平)加藤剛(松本朋佑)

130519_船を編む_1

万人受けしないかもしれないけど・・・
久しぶりにお薦めしたい邦画に出会いました。
ハリウッド作品に比べると地味な印象は否めないですが
これぞ、邦画って感じの作品です。

物語は15年に及ぶ辞書編集に関するお話。
15年という歳月は途方もないですね。

130519_船を編む_2

いろんな業種の仕事がありますが、完成まで15年かかる
プロジェクトに参画したら、ゴールはいつなの?
途中挫折してしまいそうです。

自分の適性がぴったり合う仕事に出会えている人は
何人いるのでしょうか。

130519_船を編む_3

辞書編集の仕事を見て、あ〜これは自分に合わないな〜
単調な作業の繰り返しの連続・・・間違いがあれば最初からやり直し

でも、言葉を作りだす、紡ぎ出すと言ったほうがいいのかな。

その過程を眺めていると、この仕事の魅力されていました。
なんとやりがいのある仕事だと

130519_船を編む_4

恋愛の要素も盛り込んでいましたが、辞書編集の仕事に絞っても
この映画の評価は変わらなかったでしょう。
もっと、仕事の部分を見せて欲しいと思ったぐらいです。

馬締(松田龍平)の下宿先に、料理人を目指す香具矢(宮崎あおい)に
一目ぼれをして、恋に発展していくのですが・・・

130519_船を編む_5

言葉を作りだすプロだけど、自分の気持ちを上手く伝えられず
手紙を書くけど、戦国時代風?には笑ってしまいました。
でも、その手紙を必死に解読する香具矢も健気で・・・

想いを伝えるのは面と向かって、”好きです
この一言で十分ではないでしょうか

脇を固めるキャスト陣も物語を鮮やかに彩っていて

130519_船を編む_6


人間賛歌を描いた良作でした。
ちょっと大げさに言い過ぎかもしれませんが・・・
この映画に登場する人物たちが生き方、
仕事に対する情熱など素敵なのです。

是非、この作品に触れて人と人とのつながり、想いをつなぐ
仕事にかける情熱などを感じて頂けたらなぁ〜と思う次第です。

最後に、劇中に登場した「」の語釈ですが

ある人を好きになってしまい、寝ても覚めてもその人が頭から離れず、
他のことが手につかなくなり、身悶えしたくなるような心の状態。
成就すれば、天にものぼる気持ちになる

この解釈のような恋、皆さんしていますか?

<関連情報>
1.公式サイト
舟を編む 公式サイト
2.作品レビュー
Yahoo作品レビュー
3.音楽
映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:渡邊崇
リトル・モア(2013-04-03)
販売元:Amazon.co.jp

4.書籍
舟を編む舟を編む
著者:三浦 しをん
光文社(2011-09-17)
販売元:Amazon.co.jp

5.関連Blu-Ray,DVD


z844tsco at 21:26│Comments(0)TrackBack(21) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ドラマ・ドキュメント | 邦画タイトル:は

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

 この記事へのトラックバック

1. 『舟を編む』(2013)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2013年06月09日 21:35
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。 原作より集約されたキャラクター、逆に膨らま
2. 舟を編む/松田龍平、宮崎あおい  [ カノンな日々 ]   2013年06月09日 21:52
三浦しをんに同名の原作小説は出版当時から本屋さんで見かけるたびに気にはなっていたもののハードカバーはちょっと億劫なので文庫化されてからでもいいかなと思っていたら、2012年 ...
3. 舟を編む  監督/石井裕也  [ 西京極 紫の館 ]   2013年06月09日 22:09
【出演】  松田龍平  宮崎あおい  オダギリジョー 【ストーリー】 玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ...
4. 舟を編む〜言葉の光と影  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2013年06月09日 22:16
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
5. 「舟を編む」 (2013 松竹)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2013年06月09日 22:37
出版社のさえない営業マンとして松田龍平が登場したとき、誰もがびっくりしたはずだ。
6. 舟を編む  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2013年06月09日 22:49
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。
7. 「舟を編む」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2013年06月10日 00:14
2013年・日本 配給:松竹、アスミック・エース 監督:石井裕也原作:三浦しをん脚本:渡辺謙作撮影:藤澤順一音楽:渡邊 崇 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、201
8. 石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2013年06月10日 00:36
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平
9. 舟を編む  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年06月10日 00:50
辞書作りって大変なんだな。
10. 劇場鑑賞「舟を編む」  [ 日々“是”精進! ]   2013年06月10日 05:53
「舟を編む」を鑑賞してきました2012年本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平主演で映画化した感動ドラマ。新しい辞書の編纂という一大事業に取り組む辞書...
11. 舟を編む  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2013年06月10日 06:49
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編集...
12. 『舟を編む』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年06月10日 08:43
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月1
13. 舟を編む  [ Akira's VOICE ]   2013年06月10日 09:42
大渡海めっちゃ欲しい。  
14. 「舟を編む」 大海を渡る拠り所  [ はらやんの映画徒然草 ]   2013年06月10日 20:46
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
15. 舟を編む  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2013年06月10日 21:31
★★★★☆ 製作:2013年日本 上映時間:133分 監督:石井裕也  原作は本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。一冊の辞書を作るには、気の遠くなるほどの年月を要すると聞いたことがある。この物語でも『大渡海』という辞書を15年間かけて製作している。事業として
16. 『舟を編む』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年06月10日 22:13
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月1
17. [映画『舟を編む』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年06月11日 09:40
☆いい映画でした。  イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同時期で対を成す印象だ。  でも、先に見た「図書館戦争」の激しさよりも、今作品の、水面..
18. 「舟を編む」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2013年06月11日 16:32
原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイトルから内容がまったくイメージでき
19. 舟を編む  [ とりあえず、コメントです ]   2013年06月11日 22:43
三浦しをん著の同名小説を石井裕也監督が松田龍平主演で映画化したドラマです。 原作が大好きだったので、この物語をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 辞書作りという未知の世界がとても面白く感じられるような作品になっていました。
20. 『舟を編む』 なぜ1995年なのか?  [ 映画のブログ ]   2014年01月03日 21:15
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切実
21. 舟を編む  [ 単館系 ]   2014年01月04日 00:20
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター

    ユニークユーザ数(UU)アクセス

    メッセージ
    記事検索
    劇場映画ランキング
    お得情報
    ブログランキング
    ブログ掲示板
    最新映画情報
    洋画
    TagCloud
    月間アーカイブ
    ぷろふぃーる

    シムウナ

    iTunes Music Store
    RSS