このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年01月31日

No.526 ザ・ウォーク5

20160125_ザ・ウォーク_title【ストーリー】
米ニューヨークのワールドトレードセンターで命がけの綱渡りを敢行した男の物語を3Dで映画化。1974年8月7日、当時世界一の高さを誇ったワールドトレードセンター。フランス人の大道芸人フィリップ・プティは、地上から高さ411メートル、110階の最上階で、そびえたつツインタワー間をワイヤーロープ1本でつなぎ、命綱なしの空中かっ歩に挑む。主人公プティ役は「(500)日のサマー」「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レビット。プティの綱渡りの実話は、アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」でも描かれた。




【予告編】


命綱なし 一生に一度の狂った世界を楽しめ

制作年度:2015年
劇場公開日:2016年1月23日
時間:123分
監督:ロバート・ゼメキス
出演:
ジョセフ・ゴードン=レビット / フィリップ・プティ
ベン・キングズレー / パパ・ルディ
シャルロット・ルボン
クレマン・シボニー
セザール・ドムボイ
ジェームズ・バッジ・デール

20160125_ザ・ウォーク_1

人生、その一生の中で・・・最上級の至福の喜びを感じる事が
出来る人は世の中で、何人いるんだろう。
生まれてから平凡で退屈とも思える毎日の繰り返しに
嫌気をさしながらも、何か変えたいと思っても
現状に甘んじている人も多いのでは・・・

20160125_ザ・ウォーク_2

映画の魅力を一つこの作品から味わった気がします。
普段の自分が体験できない満ち足りた喜びを体感できる・・・
この映画で、主人公から感じたのは・・・

誰がも無謀な挑戦、危険極まりないミッションに
普通の感覚、感性からは死という文字が浮かんでくる。

何故、死と隣り合わせのチャレンジをするのか?

20160125_ザ・ウォーク_3

冒頭のオープニングで主人公は言った・・・
死ではなく、生を強く感じることであると。

普通、長く生きることが幸せだと考える。
彼は逆の発想だった。

たとえ今日死ぬと分かっていても、
最高の1日で心が満たされることがあるだろうか・・・
きっと、いつも同じ、何も変わらないだろうな(笑)

20160125_ザ・ウォーク_4

この世に生きている事を強く感じられる彼のチャレンジに
憧れや羨ましさが・・・ちょっと嫉妬にも似たような
感情が芽生えてしまった。

怠惰な毎日をもし送っている方がいたら、
この映画を薦めたい

この映画から何かを感じることができると思う。
自分を変えるきっかけになるかもしれない

この主人公に協力した人達も今度は自分が
夢を叶える番だって感じになっていました。

20160125_ザ・ウォーク_5

ワールドトレードセンターの綱渡りシーンの映画を
2時間どうやって見せるのか・・・と思いましたが

主人公の人柄や協力者たちのエピソードで
楽しませてもらいました。
2時間があっという間。

結構、頑固で師匠の言葉、助言にも耳を重なったり
ある意味、強い信念をもっているし・・・
仲間たちとのコミュニケーションが上手くなかったり
作戦を21回もシミュレーションするなんてね・・・

強気な面も持ちながらも決して諦めない姿勢や
不安で夜も眠れず・・・
彼の人間性をいろんな面から見れましたね。
だから、最後の綱渡りシーンまで飽きることなく
集中できました。

20160125_ザ・ウォーク_6

ラストの綱渡り準備シーンから本番まで、もうね
ハラハラドキドキの連続でした。
しかし、仲間内に1mの高さでも恐怖を感じる高所恐怖症の
メンバーを入れて大丈夫かな?なんて不安要素や
いつ、見つかってもおかしくない状況。
準備に遅れが生じたりとトラブルの連続

本番綱渡りのシーン、あっとう間に渡りきったので
あ〜もう終わりか・・・と思ったら何度も往復します。
警察がビルの両側に陣取っているので・・・
いつ、このチャレンジを終わるのだろうか・・・

往復を繰り返すたびに、ハラハラさせられっぱなし
普通に歩くだけじゃなく・・・ワイヤーの上で寝て上空を
見るシーンなんて尋常じゃない(笑)

もう、そのへんでやめておこうよ〜なんて思ったり
映画の中の話で、成功している事実があるのにね・・・

今回は、IMAX 3D環境での観賞をお薦めしたいですね。
高さ、風の音やワイヤーの揺れる音など・・・
手に汗握ることが出来るので最高環境で是非

【関連記事】
・【映画コラム】手に汗握りながら、それでも目が離せない『ザ・ウォーク』
・『ザ・ウォーク』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、9.11と20代の挑戦を語る
・『バック・トゥ・ザ・フューチャー』続編はありえない!監督が断言

<関連情報>
1.公式サイト
ザ・ウォーク 公式サイト
2.作品レビュー
Yahoo作品レビュー
3.音楽
4.書籍
5.関連Blu-Ray,DVD



z844tsco at 15:39│Comments(0)TrackBack(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ドラマ・ドキュメント | 洋画タイトル:さ

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

 この記事へのトラックバック

1. ザ・ウォーク  [ Akira's VOICE ]   2016年01月31日 15:54
その歩み、威風堂々。  
2. ザ・ウォーク3D★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年02月01日 13:52
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。彼が成し遂げた前代未聞の偉業の全貌が映し出される。メガホンを取るのは、『フォレスト・ガンプ/一期一会』などのロバート・ゼメキス。『ドン・ジョン...
3. ザ・ウォーク(3D字幕)/THE WALK  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2016年02月01日 23:38
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化! 2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれたが本作の 監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一...
4. 「ザ・ウォーク 3D」☆手汗でギトギト  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年02月02日 00:04
じっとりと汗をかく?とんでもない!! 汗で手がびしょびしょになって、膝に乗せた上着やカバンが、困ったことになるよ!
5. 劇場鑑賞「ザ・ウォーク」  [ 日々“是”精進! ]   2016年02月02日 06:01
「ザ・ウォーク」を鑑賞してきました3D字幕版を。2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれた曲芸師フィリップ・プティの偉大な挑戦を、ロバ...
6. 劇場鑑賞「ザ・ウォーク」  [ 日々“是”精進! ver.F ]   2016年02月02日 06:02
天空を、歩く… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601240000/ <期間限定!お得!クロネコDM便ご選択で送料無料!>■予約■SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【...価格:5,790円(税込、送料別) フライト(Blu−ray 
7. ザ・ウォーク  [ 風に吹かれて ]   2016年02月02日 08:20
ひえぇぇ〜〜〜 公式サイト http://www.thewalk-movie.jp 実話の映画化 原作: マン・オン・ワイヤー (フィリップ・プティ著/白揚社)監督: ロバート・ゼメキス 8歳の時にサ
8. ザ・ウォーク  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年02月06日 09:01
 『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story)との字幕が出ます。  次いで、黒いタートルネックを着た本作の主人公フリップ・...
9. [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「ザ・ウォーク」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2016年02月21日 19:45
 大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション「マン・オン・ワイヤー」原作。1974年8月7日のニューヨーク、ワールドトレードセンターの二つのビルの間にかけたワイヤーで綱渡りを披露した男の実話を、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメ
10. 綱渡り男の挑戦 〜 実写編  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年03月30日 22:30
25日のことですが、映画「ザ・ウォーク」IMAX 3Dを鑑賞しました。 1974年 フランス人の大道芸人フィリップ・プティは誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤー...
11. ザ・ウォーク  [ 銀幕大帝α ]   2016年06月15日 12:49
THE WALK 2015年 アメリカ 123分 ドラマ/サスペンス/伝記 劇場公開(2016/01/23) 監督: ロバート・ゼメキス 『フライト』 製作: ロバート・ゼメキス 原作: フィリップ・プティ『マン・オン・ワイヤー』 脚本: ロバート・ゼメキス 出演: ジョセフ・ゴードン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター

    ユニークユーザ数(UU)アクセス

    メッセージ
    記事検索
    劇場映画ランキング
    お得情報
    ブログランキング
    ブログ掲示板
    最新映画情報
    洋画
    TagCloud
    月間アーカイブ
    ぷろふぃーる

    シムウナ

    iTunes Music Store
    RSS