このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2017年02月27日

No.562 ラ・ラ・ランド5

20170226_ララランド_title【ストーリー】
売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。




【予告編】


観るもの全てが恋に落ちる、
極上のミュージカル・エンターテインメント

制作年度:2016年
劇場公開日: 2017年2月24日
時間:128分
監督:デイミアン・チャゼル
出演:
ライアン・ゴズリング / セバスチャン
エマ・ストーン / ミア
キャリー・ヘルナンデス / トレイシー
ジェシカ・ローゼンバーグ / アレクシス
ソノヤ・ミズノ / ケイトリン
ローズマリー・デウィット / ローラ
J・K・シモンズ / ビル
フィン・ウィットロック / グレッグ
ジョシュ・ペンス / ジョシュ
ジョン・レジェンド / キース

20170226_ララランド_1

セッション」のデイミアン・チャゼル監督の最新作。
期待どおりの大傑作でした。

オープニング、高速道路で大渋滞・・・
まさか、あんなワンカットで撮影されたミュージカル・シーンが
展開されるとは驚きました。
本当に映画の魔法をかけられた瞬間でしたね。

最初からテンションがかなり上がり、気分も高揚して
いきなり最高潮に・・・なかなかないですね。
こんな映画に巡り合えたのは久しぶりかも。

20170226_ララランド_2

お話は至ってシンプルで、夢を追う若者二人が
何度も挫折して心折れそうになるけど・・・
ひたむきに頑張る。
この題材は誰しもが共感できるかもしれませんね。

ジャズピアニストを目指す、セバスチャン(ライアン・ゴズリング)
自分のお店を持ち、好きなようにピアノを弾き
ジャズを楽しんでもらう・・・
でも、現実は好きな音楽を楽しめず、その日暮らしのような毎日。

ハリウッド女優を夢見る、ミア(エマ・ストーン)
何度もオーディションに落ちてしまい・・・

20170226_ララランド_3

現実の高い壁に阻まれている二人が運命的に出会い・・・
セバスチャンが弾いたピアノの音色、旋律が
もがいてみたけど、上手くいかない・・・もどしかさが
表情からも伝わってきて・・・泣けました。
そして、見つめあう二人・・・

全編、二人の表情には切なくなっちゃうなぁ〜

20170226_ララランド_4

巷ではララダンスって言われてたかな。
ミュージカルって突然踊るよね。
最初見たときは違和感だらけだったけど・・・
ミアが鞄からシューズを取り出し履き替えたのには
思わず笑ってしまった、えっ、用意周到だね

このダンスシーン、何度も見たくなります。
・・・というか、踊りたくなる
かつて「タイタニック」の船の先端で・・・
物まねをしていた人がたくさんいたけど。

ララダンス、流行るかもしれませんね。

20170226_ララランド_5

春夏秋冬の季節になぞって、ストーリーが展開されます。
プラネタリウムでの天にも昇るような恋を表現した演出
恋に発展した二人。
これぞ、大人の恋愛って感じです。

二人は夢に向かって再び歩きだす。

現実に生きていくためには妥協も必要かもしれない。
しかし、本当に自分がやりたい事なのか?
そして、二人の恋の行方は?

恋とお互いの夢の両立はやっぱり難しいのかな・・・

20170226_ララランド_6

結末は予想どおりだったけど、
夢と現実が交互に展開されるラストシーン、
セバスチャンのあのピアノ・・・

やめてくれ(笑)、その曲を弾かれると
涙がとまらない・・・
そして、最後見つめあう二人に・・・
追い打ちをかける号泣。(ハンカチ必須だね)

久しぶりかな、見終わったあとに拍手したくなる映画。
早くも今年のベスト級の作品です。
ミュージカル映画を敬遠する人にも楽しめる楽曲が
そろっているし、色彩豊かな衣装やシーンに
心奪われること間違いなし、映画館で体験ください

ちなみにサントラ盤、即購入です。
どれも素敵な曲ばかりですなぁ〜

【関連記事】
・世界最注目「ラ・ラ・ランド」公開 池田エライザ、椎名林檎、新海誠ら各界著名人33人の感想コメント到着
・アカデミー賞大本命のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の泣きのツボはラスト、涙腺崩壊です!【最新シネマ批評】
・アカデミー賞で前代未聞のハプニング「ラ・ラ・ランド」 観た人の感想は...?

<関連情報>
1.公式サイト
ラ・ラ・ランド 公式サイト
2.作品レビュー
Yahoo作品レビュー
3.音楽
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル ミュージック
2017-02-17


4.書籍
5.関連Blu-Ray,DVD



z844tsco at 21:35│Comments(0)TrackBack(20) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ミュージカル | 洋画タイトル:ら

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

 この記事へのトラックバック

1. ラ・ラ・ランド  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2017年02月27日 21:50
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジェシカ・ロース、キャリー・ヘルナンデス、トム・エヴェレット・スコット、ミーガン
2. 『ラ・ラ・ランド』 2017年1月31日 よみうりホール  [ 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!− ]   2017年02月27日 22:00
『ラ・ラ・ランド』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞の本命と評判であるが如何に! 【ストーリー】  何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストの
3. ラ・ラ・ランド / La La Land  [ 勝手に映画評 ]   2017年02月27日 22:04
ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけの数が揃えられるのが凄い。ミアじゃ無いですが、それだけ出番を待っている俳優・女優が沢山居
今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監督賞 ・脚本賞 ・作曲賞 ・主題歌賞(City of Stars、Audition の2曲ダブル・ノミネート
5. 「ラ・ラ・ランド」☆夢と現実  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年02月28日 00:00
夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い大人の夢語りにぐっとくる作品なのだ。
6. ラ・ラ・ランド/LA LA LAND  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2017年02月28日 06:44
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは好みに分かれるかなライアンが久しぶりに等身大のリアルな男をチャーミングに演じてて魅了さ.
7. 劇場鑑賞「ラ・ラ・ランド」  [ 日々“是”精進! ver.F ]   2017年02月28日 06:51
夢を追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702240000/ ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
8. ラ・ラ・ランド  [ Akira's VOICE ]   2017年02月28日 10:15
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  
9. ラ・ラ・ランド  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年02月28日 13:59
【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ 夢をみていた STORY:何度もオーディションに落ちてすっかりへ
10. ラ・ラ・ランド  [ 本と映画、ときどき日常 ]   2017年03月02日 12:30
監督 デイミアン・チャゼル 出演 ライアン・ゴズリング     エマ・ストーン     ジョン・レジェント 女優をめざす女性とジャズのお店を開く夢を持つ男が出会い恋に落ちる。 そんな二人の行く末…。 初っぱなの高速道路の歌とダンスにもうワクワク♪ これか..
11. ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル  [ 西京極 紫の館 ]   2017年03月02日 22:57
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャンと出会うが、そのいきさつは最悪なものだった...
12. 『ラ・ラ・ランド』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2017年03月05日 09:03
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、       ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ■鑑賞日 2月26日(日)■劇 場 TOHOシ
13. 「ラ・ラ・ランド」(1回目)  [ 或る日の出来事 ]   2017年03月05日 22:04
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
14. ラ・ラ・ランド  [ 風に吹かれて ]   2017年03月05日 23:02
もう一つの物語で切なさ倍増 [E:weep] 公式サイト http://gaga.ne.jp/lalaland 監督: デイミアン・チャゼル  「セッション」 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス
15. 『ラ・ラ・ランド』  [ beatitude ]   2017年03月06日 10:05
アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセ
16. 「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2017年03月12日 00:51
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード 本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示される方もおられますが、果たしてこの映画を好きになれない人なんているんでしょうか? 夢を
17. ラ・ラ・ランド/LA LA LAND  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2017年03月12日 12:50
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは好みに分かれるかなライアンが久しぶりに等身大のリアルな男をチャーミングに演じてて魅了さ.
18. 『ラ・ラ・ランド』(2016)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2017年03月12日 15:20
予告編で音楽を聴いた瞬間に「この映画、見たい!」となったのだけれども、公開直後のネットの反響を読むと、どうも自分が望んでる方向とは違う映画みたい。ということで鑑賞予定を立ててはキャンセルするを繰り返したものの、やっぱり気になるのでとうとう映画館へ。渋滞し
19. ラ・ラ・ランド  [ 花ごよみ ]   2017年03月12日 23:01
監督はデイミアン・チャゼル。 ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン 主演のミュージカル映画。 女優志望のミア(エマ・ストーン)と ジャズピアニスト、セバスチャン(ライアン・ゴズリング)、 お互いの才能を認め合い 夢の実現を目指すうちに 徐々に惹かれ合い 愛...
20. ラ・ラ・ランド  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年03月13日 05:54
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されていた作品賞からは外れてしまいましたが)。  本作(注1)の冒頭では、ロサンゼルスのハイ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター

    ユニークユーザ数(UU)アクセス

    メッセージ
    訪問された方へ
    【お詫び】
    ブログ訪問者の方にブログ記事の
    評価ポイント☆クリックをお願い
    しておりましたが、海外サイトの廃止
    によりこの機能が利用できなく
    なりました。現在、別手段を
    考え中です。

    ↓この機能は現在利用できません↓
    ブログ記事の冒頭に、
    【評価ポイント】☆をクリックして
    この映画の評価をお願いします
    (5段階評価)とあって、☆が5つ
    並んでいますが、その☆の
    1つ目~5つ目の
    どこかをぽちっとお願いします!!
    記事検索
    劇場映画ランキング
    お得情報
    ブログランキング
    ブログ掲示板
    最新映画情報
    洋画
    TagCloud
    月間アーカイブ
    ぷろふぃーる
    iTunes Music Store
    RSS