民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部に対し任意の聴取に応じる意向を伝え、日程調整に入ったことが19日、関係者への取材で分かった。小沢氏は今月5日の聴取要請に応じなかったが、「説明責任を果たしていない」との批判を受けて聴取を応諾したとみられる。

 一方、関係者によると、民主党衆院議員の石川友裕容疑者(36)は虚偽記載した動機について「小沢先生が大金を持っていることを表に出すと、党代表戦に影響すると考えた」と供述しているという。

 代表選は平成17年9月、郵政選挙の大敗で当時の岡田克也代表が辞任したため行われたが、辞任しなければ岡田氏の任期は18年9月までだった。収支報告書を提出した17年3月時点では予定されておらず、特捜部はさらに説明を求める。

 また、石川容疑者は公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)に随時、政治資金収支報告書の作成を報告していたとも供述。元私設秘書の池田光智容疑者(32)も「大久保容疑者の指示があった」などと説明し、大久保容疑者の関与を認めている。大久保容疑者は容疑を否認しているという。

【関連記事】
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
小沢幹事長が輿石代行と会談 党代議士会では笑い声も
東国原知事「不信感増長させた。小沢氏は国民に広く説明せよ」
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原氏「事情聴取応諾は大変結構」
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封

<陸山会土地購入>強制捜査に発展 世論読めず、戦々恐々(毎日新聞)
小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)
【剛腕の威光】(3)小沢氏側近逮捕 「深沢銀行」 カネの力で権勢伸ばす(産経新聞)
漁船不明 最後の無線連絡は「波にのまれた」…第2山田丸(毎日新聞)
列凍 那智の滝も凍る 近畿各地でこの冬一番の冷え込み(産経新聞)