神奈川県相模原市のマンションの一室で、この部屋に住む無職の女性(62)が死亡しているのが見つかった事件で、相模原南署は25日、殺人の疑いで、女性の夫で会社員、高田幹夫容疑者(64)を逮捕した。

 同署によると、高田容疑者は「借金のことを妻と話していて口論となり、かっとなって殺した。死のうとしたが、死にきれなかった」と供述しているという。

 同署の調べによると、高田容疑者は24日午前9時ごろ、自宅で妻の江美子さんの首をネクタイで締めて殺害した疑いが持たれている。同日夜に帰宅した会社員の長女(37)が、居間でタオルケットをかけられた状態で死亡している江美子さんを発見し、110番通報した。

 高田容疑者は自宅の居間に「ごめんね。パパママより」と書かれたメモを残し、行方が分からなくなっていたが、翌25日正午ごろ、相模原署に「妻を殺しました」と出頭した。

【関連記事】
なぜ2人も…強盗殺人の動機ただす裁判員 補充1人解任
裁判員裁判で初、取り調べ録画DVDで応酬 強盗殺人に無期求刑
2人強盗殺人「供述記憶ない、書面心当たりない」 鳥取地裁
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
35歳主婦が首を切られ死亡 通報の夫「自分が刺した」

中宮寺跡 心柱立てる施設跡を確認 奈良・斑鳩町教委(毎日新聞)
<寺島しのぶさん>若松監督メッセージ代読…ベルリン映画祭(毎日新聞)
<非出会い系>被害が前年比4割増 規制強化が影響か(毎日新聞)
別会社株でインサイダーの疑い=相場操縦事件の会社役員-大阪地検(時事通信)
予算案 与党3党、3月1日の衆院通過で一致(産経新聞)