岡田克也外相は10日午後の衆院外務委員会で、自公政権が実施した陸上、航空両自衛隊のイラク派遣など、イラク戦争への日本の関与の実態について「どこか(の時点)で検証したい」との意向を表明した。ただ、「一定の時間が必要だ。すぐやるには生々し過ぎる」とも述べ、米軍普天間飛行場移設問題などの懸案が解決した後になるとの認識を示した。阪口直人氏(民主)らへの答弁。
 岡田氏としては、今回の日米間の「密約」解明に続き、米国のイラク攻撃を支持し、自衛隊を派遣した当時の小泉政権の対応を検証、経緯を明らかにすることで、「政権交代の成果」を重ねてアピールする狙いもあるとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

温暖化対策法、排出量取引と原発残し合意(産経新聞)
<愛子さま>宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題(毎日新聞)
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故-横浜市(時事通信)
大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)
<セクハラ>東大の30代准教授を諭旨解雇(毎日新聞)