沖縄県議会の超党派の県議団9人(新里米吉団長)は11日午前、北沢俊美防衛相と国会内で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、県議会が可決した、県内移設に反対し国外・県外移設を求める意見書を提出した。

 県議会は2月24日、「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める意見書」案を全会一致で可決していた。県議団は11日午後、前原誠司沖縄担当相や武正公一副外相らとも会談し、意見書を提出する予定。【仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:陸上案「完成に10年」政府試算
東富士演習場:使用協定延長協議を再開へ
普天間移設:「理解不能」シュワブ陸上案に沖縄知事
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始
普天間移設:「あくまで国外」 社民6都道県連、党本部に

<著作権侵害容疑>「桃太郎電鉄」キャラ無断使用で書類送検(毎日新聞)
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言(産経新聞)
北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)
<高校無償化>法案成立後、基準づくりを検討…鳩山首相(毎日新聞)
<虐待容疑>搬送の女児が死亡 大阪府警が両親から事情聴く(毎日新聞)