みんなの党の渡辺喜美代表は16日、山形県米沢市内と仙台市内で会見し、夏の参院選山形選挙区(改選数1)に同党米沢支部長で元米沢市議の新人、川野裕章氏(50)を、宮城選挙区(同2)に民主党県議の新人、菊地文博氏(50)を公認候補としてそれぞれ擁立すると発表した。民主党からみんなの党にくら替えし、立候補を表明したケースは全国初。民主党県連は同日、菊地氏を除名処分にした。

【関連ニュース】
民主党:参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も
参院選’10宮城:菊地県議出馬、きょう正式表明 民主は除名処分検討 /宮城
参院選’10宮城:民主県議・菊地氏、立候補をみんなの党公認で調整 /宮城
参院選’10福島:比例代表、擁立断念--自民県連拡大役員会 /福島

<民主党>企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
【麗し大和】珠光を生んだ茶のふるさと(産経新聞)
<太宰治賞>今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる(毎日新聞)
私学助成は実績次第、スポーツ・進学…大阪府(読売新聞)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)