暴力団関係者から金品を受け取った疑いがあるとして、奈良県警の捜査員2人が事情聴取を受けていた問題で、県警は20日、橿原署地域課の警部補(49)と巡査部長(56)を懲戒免職処分にした。
 県警は捜査情報の漏えいや現金授受の疑いがあるとして捜査したが、証拠がないとして刑事処分を見送った。2人は「警察官として軽率極まりない行為。信頼を失墜させ、申し訳ない」と話したが、情報漏えいは否定したという。
 当時、直属の上司だった生活安全部長(59)ら7人についても監督責任を問い、本部長注意などの処分とした。 

【関連ニュース】
警部補を書類送検、懲戒免職=駐在所でわいせつの疑い
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ
富士フイルム、携帯で社内文書が読めるサービス=データ残らず
署課長代理を懲戒免職=特定女性に痴漢
飲酒運転の巡査、懲戒免職=「5回ほどやった」

社民党首、「首相発言」で決定に反対=普天間移設の政府方針(時事通信)
<裁判員制度>会見へ協力求める 新聞協会が文書公表(毎日新聞)
小室哲哉氏の会社に4万ドル支払い命令(産経新聞)
口蹄疫 足りない埋却地、学校敷地を検討(産経新聞)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)