民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市で行った記者会見で、地元記者の質問は受けたものの、東京から同行した「小沢番」記者に対しては「中央の政局絡みの話は中央で質問願う」と述べ、質問を拒否した。
 党幹事長室は同日の記者会見について「役員会後の定例記者会見を兼ねる」とし、同行記者団の質問も受けると事前に通知していた。
 小沢氏は「東京で会見を拒否しているわけではない。きょうはそういうあれではないから」と理由を説明。記者会見の目的が参院選福井選挙区の候補者発表が中心とはいえ、こうした記者対応には批判が出そうだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
欠陥マンション、都市機構負担500億円超(読売新聞)
寒さで?レール破断、JR千歳線2時間不通(読売新聞)
派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
可視化、冷静な議論必要=公明代表(時事通信)