鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で、米民主党の重鎮で予算策定に強い影響力を持つ米上院のダニエル・イノウエ歳出委員長と約35分間会談した。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月までには必ず結論を出していく。日米両国に理解していただける解決策を出したい」と強調した。イノウエ氏は会談後、記者団に「普天間の問題が5月までに解決すると確信が得られ、勇気づけられた」と語った。

 自民党の谷垣禎一総裁もこの後、党本部でイノウエ氏と会談した。谷垣氏によるとイノウエ氏は「かつてのフィリピンのように『日本から米軍はいらない』という間違ったメッセージが出るとおかしなことになる」と懸念を表明した。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画が最も有効だとの認識で一致したという。【西田進一郎、田所柳子】

【関連ニュース】
名護市長選:17日に告示…普天間移設問題に影響
普天間移設:訓練など一部機能を関空に 国民新党が提案へ
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米外相会談:ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ

<赤坂晃容疑者>覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検(毎日新聞)
<秋田県>減反未達成農家への罰則廃止 10年度から(毎日新聞)
石川知裕容疑者「恥ずかしいことしていない」(産経新聞)
社民党、参院選で日森、大川両氏を公認(産経新聞)
党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)