沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事は25日、報道陣の取材に応じ、米軍普天間飛行場移設問題について「国が辺野古には持ってこないんじゃないか。与党3党を中心とした候補者が『辺野古反対』で当選されたから」と述べ、辺野古移設の可能性が低くなったとの認識を示した。

 辺野古移設を条件付きで容認してきた従来の方針については「政府・与党が見直していて5月に決めると鳩山首相も言っている。その結果を見て判断するしかない」と述べ、自ら辺野古移設を否定する考えはないことも示した。【三森輝久】

【関連ニュース】
名護市長選:県外移設の圧力増す…米各紙が結果を詳報
普天間代替:退路断たれた政府 「5月決着」微妙に
名護市長選:4度目に「移設ノー」 稲嶺氏「公約貫く」
名護市長選:県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に
名護市長選:24日に投開票 普天間移設に影響

鳩山首相、指揮権発動を否定=小沢氏団体事件で-衆院代表質問(時事通信)
窃盗 高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
【剛腕の威光】(3)小沢氏側近逮捕 「深沢銀行」 カネの力で権勢伸ばす(産経新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
雑記帳 オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館(毎日新聞)