国内の使用済み核燃料を英国で再処理した際に出た高レベル放射性廃棄物をガラスに溶かして封入した固化体28本が9日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に初搬入された。今後、約10年で計850本が返される予定。

 国内の使用済み核燃料再処理施設が未完成のため、電力各社が英仏に委託。69~01年に計約7100トンが再処理され、仏分のガラス固化体1310本は95~07年に返還されている。初搬入された英国分は仏分とともに工場内で一時貯蔵された。

 輸送船が接岸した同村のむつ小川原港周辺では搬入反対派が「核のごみを持ち込むな」と抗議。核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会の沢口進代表(64)は「将来展望のないまま搬入された。子供たちに負の遺産を残してはいけない」と訴えた。

【関連ニュース】
日本原燃:炉内温度変化で耐火レンガ破損 核燃再処理工場
青森・六ケ所村の核燃再処理工場:炉内温度変化で耐火レンガ破損
日本原燃:県に再処理工場の点検終了報告 /青森
六ケ所村の核燃再処理工場:来月炉内熱上げ 遅れ挽回目指す--原燃最終報告 /青森
六ケ所村の核燃再処理工場:扉ハンドル折れ、男性社員がけが /青森

朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け(産経新聞)
東京大空襲 朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
鳩山内閣、16日で発足半年=政治とカネ、普天間で難局続く(時事通信)
【風】高速無料化、民業圧迫化の懸念(産経新聞)
直接支払制度の影響で約5千人の「出産難民」も―産科中小施設研究会(医療介護CBニュース)