振り込め詐欺事件の被害防止のため、広報啓発支援員として勤務中、女性が現金自動預払機(ATM)に忘れた5万円を盗んだとして、兵庫県警赤穂署は30日、窃盗容疑で同県姫路市土山、警備員佐々木茂範容疑者(54)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。
 佐々木容疑者は昨年10月から、県警が警備会社に委託する「振り込め詐欺防止広報啓発支援員」として働いていた。ATMやコンビニなどで振り込め詐欺の被害に遭わないよう注意を呼び掛けたり、チラシを配布したりしていた。 

【関連ニュース】
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
振り込め被害、2割増加=「おれおれ」7割に上昇
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加

<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
有田川河川敷にこいのぼり 和歌山(産経新聞)
<築地市場>移転予算を都議会委が可決…本会議で成立へ(毎日新聞)
普天間 「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相(毎日新聞)