東京都葛飾区亀有の商店街に設置されている漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公「両さん(両津勘吉)」の銅像が壊された事件で、会社員の男(23)=葛飾区=が警視庁亀有署に出頭していたことが23日、同署への取材で分かった。
 壊されたのは両手にマラカスを持つ「サンバ両さん」で、左手のマラカス部分が折られているのを通行人が発見した。
 同署によると、男は「17日未明、友人と酒を飲み、酔った勢いで像を揺さぶり、折ってしまった」と話している。折ったマラカスは帰宅途中に捨てたという。
 男が出頭したのは21日午後7時ごろ。同署は22日から、マラカスの捜索をしているが、発見できていない。
 男は「ニュースを見てびっくりした」と話し、出頭を決意したという。
 同署は男の供述の裏付けを進め、器物損壊容疑で書類送検する方針。 

【関連ニュース】
「両さん」守れ!手には包帯=有志で夜間パトロール
「両さん」像壊される=東京・亀有、「残念」と商店街
〔地球の風景〕サンバの祭典へ準備着々=ブラジル

自民、東京で2人目擁立(産経新聞)
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定(産経新聞)
谷垣総裁もツイッター、党首討論へつぶやく(読売新聞)
暴走族の少年2人を傷害で逮捕 少年グループ同士が抗争 警視庁(産経新聞)
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕-警視庁(時事通信)