公明党は19日、今夏の参院選で訴える「景気対策・成長戦略」の骨子を発表した。短期的な景気対策として、「3年をめどに実質2%、名目3~4%程度の経済成長を達成」との目標を設定した。政府による原子力発電、新幹線などインフラ輸出の促進▽公共施設耐震化など21世紀型公共投資の推進▽法人税率引き下げ▽金融面での中小企業支援強化--なども盛り込んだ。

【関連ニュース】
私はこう見る:09衆院選/10止 景気対策 大田弘子氏/リチャード・クー氏
主要企業アンケート:60社「法人減税期待」--119社アンケート

口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
ソニー銀元行員逮捕へ=顧客から4000万詐取容疑―警視庁(時事通信)
「初動に遅れ」自民が農相不信任決議案提出へ(読売新聞)
犯罪被害者の講演、全国で=都道府県警に拡大指示―中高生に命の大切さ・警察庁(時事通信)
移植渡航、自粛求める WHO決議案採択、臓器売買禁止明記(産経新聞)