岡田克也外相は29日夕(日本時間30日午前)、カナダのガティノーでロシアのラブロフ外相と会談し、北方領土問題について「経済や安全保障の分野だけでなく、本質的な問題である(領土の)帰属問題についても進展を図る必要がある」と強調、問題解決に向けての外相レベルの協議を加速化させるべきだとの考えを示した。ラブロフ氏は「意識的に遅らせることを望んではない。しっかりと議論していく用意がある」と述べた。(オタワ 今堀守通)

米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
中国の死刑執行通告で首相「大変残念だ」(読売新聞)
<名古屋市議会>報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」(毎日新聞)
アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)
独法人件費アップを否定=一部報道「誤報だ」-近藤経産政務官(時事通信)