厚生労働省は17日、「派遣切り」などで仕事と社宅などの住居を失った失業者が別の住宅に入居した場合、家賃を支給する「住宅手当緊急特別措置事業」について、4月から収入による支給要件を緩和すると発表した。東京都などを例に取ると、単身世帯は月収13万8000円以下(現行8万4000円以下)、3人以上世帯は同24万2000円以下(同17万2000円以下)にまで対象を広げる。
 支給期間の上限も現行の6カ月から9カ月へ延長する。ただ、新たに対象となる人については、収入に応じて手当を減らす。 

【関連ニュース】
労働条件の底上げ目指す=連合の春闘中央集会
鉄鋼、造船重機が要求提出=定昇確保焦点-10年春闘本格化
非正規の賃上げ原資確保を=連合会長
定昇実施要求決定へ=非正規の賃上げも
「公設派遣村」終わる=入所者264人が退所

表皮水疱症患者ら、ガーゼ代援助求める意見書(産経新聞)
社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案-普天間移設(時事通信)
【くらしナビ】ワコール「スポーツブラ」好調 特許でバストの揺れ軽減(産経新聞)
<普天間移設>「5月末」なら県内移設が軸 国民新・下地氏(毎日新聞)
<桜の開花日>木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)