岡田克也外相は12日午後の記者会見で、核持ち込みなど日米間の密約を外務省の有識者委員会が認定したことに関し、「マル、バツ、サンカクとレッテルを張るのはそう簡単ではない」と述べ、現時点では密約の有無をめぐる政府の公式見解を出す考えはないことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

シャツ&ブラウス 春の着こなしの主役に ビジネスからカジュアルまで(産経新聞)
首相動静(3月14日)(時事通信)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
<セクハラ>東大の30代准教授を諭旨解雇(毎日新聞)
<捜査書類漏えい>「事件起こせば辞められる」 大阪税関・関空支署職員が漏らす(毎日新聞)