和歌山県の仁坂吉伸知事は13日の会見で、県立医大の理事長(学長)選について、次期理事長に選出された板倉徹教授(63)を含む候補者3人が同大で昨年判明した研究委託費の不適正経理の「当事者や監督責任がある」ことを理由に、選出結果について「熟慮」を求めたことを明らかにした。

 次期理事長の任期は4月1日からで、任命権は仁坂知事にある。ただ、仁坂知事は会見で「大学の自治権は大切にしたい」とも述べた。

<日米安保改定50年>共同声明の文面調整で局長級協議(毎日新聞)
「餃子の王将」店長、顔殴られ60万奪われる(読売新聞)
<小沢幹事長>首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
<訃報>森田俊夫さん93歳=ジェイテクト顧問(毎日新聞)
直木賞・白石さん「大嫌いな賞」の呪縛から解放(読売新聞)