強毒性のH5N1型鳥インフルエンザと人の季節性インフルエンザ(H3N2型)のウイルスを組み合わせると、より病原性の高い混合ウイルスが出現しうることを、河岡義裕東大医科研教授、八田正人米ウイスコンシン大准教授らのグループが23日までに明らかにした。さらに、この場合に鍵を握る遺伝子も突き止めた。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 従来の研究では、同様に作られたウイルスの病原性は元のH5N1より弱まっており、強毒ウイルスは生まれにくいと考えられていた。同教授は「新型の登場でH5N1の存在が忘れられているが、監視を続ける必要がある」としている。 

小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党4党(産経新聞)
レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針(医療介護CBニュース)
預金55億の利息流用か=小林氏側への選挙資金に-札幌地検(時事通信)
性犯罪裁判「過去の量刑軽すぎ」裁判長が言及(読売新聞)
厳冬の避暑地、誘客へ秘策 山梨・清里で「寒いほどお得フェア」(産経新聞)