11日午前9時半ごろ、京都市下京区東塩小路高倉町のJR東海道新幹線の京都駅上り線ホームから60歳ぐらいの男性が線路内に立ち入り、博多発東京行きの「のぞみ6号」と接触した。
 京都府警七条署によると、男性は足を負傷し病院へ搬送されたが、命に別条はないという。同署は事故当時の状況について調べている。
 この事故の影響で、東海道新幹線は40分余り、米原-京都間の上下線で運転を一時見合わせたが、午前10時15分ごろに再開した。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

【from Editor】小さなエコを考える(産経新聞)
外国人の歯科医師、看護師などの就労年数制限、撤廃へ―法務省(医療介護CBニュース)
デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)
<ネット選挙>参院選から解禁検討 民主が改正案提出へ(毎日新聞)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)