バンクーバー五輪のスノーボード・男子ハーフパイプ日本代表、国母和宏選手(東海大)の服装問題で、川端達夫文部科学相は15日、衆院予算委員会で「日本選手団の代表としては、適切で全くない。極めて遺憾だ」と述べた。「(監督官庁として)しっかり対応していきたい」とも述べ、日本オリンピック委員会(JOC)に、選手指導の徹底を求める意向を示した。自民党の下村博文議員の質問に答えた。

 川端氏は、国母選手が10日に「反省してまーす」と述べた会見にも触れ「本当に反省をしている態度ではなかった。国を代表して参加している自覚が著しく欠けている」と指摘した。【野原大輔】

【関連ニュース】
五輪スノーボード:国母選手の応援会中止…東海大
五輪スノーボード:国母、開会式出席取りやめ…会見で謝罪
五輪スノーボード:国母選手開会式出席させず 競技は参加
五輪スノーボード:国母服装問題「部長ら注意」…連盟会長
五輪スノーボード:国母が入村式欠席 服装を注意され

<大雪と強風>北日本から北陸の日本海側で 交通機関に乱れ(毎日新聞)
下着、部屋着をおしゃれに せめて家の中では…値ごろ感で人気(産経新聞)
禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討(J-CASTニュース)
密輸容疑 中華まんの具は“覚せい剤”台湾籍の20歳逮捕(毎日新聞)
<エルニーニョ現象>春から夏までに終息の可能性 気象庁(毎日新聞)