外務省は12日、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」が南極海で日本の調査捕鯨船に薬品を投げ込むなどして乗組員が軽傷を負ったことを受け、同団体の船舶の船籍国であるオランダ、トーゴ両国に対し、厳重な取り締まりと再発防止の徹底を外交ルートで要求した。
 同省によると、投げ込まれたのは皮膚を刺激する化学物質「酪酸」で、乗組員は顔に軽いやけどをしたという。岡田克也外相は同日の記者会見で「放置できない。こういう状況が続くことは遺憾だ」と強く非難。船籍国以外の同団体の関係国にも幅広く対策を促していく考えを示した。 

桜開花、全国的に早めか=岡山や銚子は7日の開き-3社の予想出そろう(時事通信)
「本当に悔しい」と知人ら=大森さんの通夜-宮城・石巻(時事通信)
HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)
<中医協答申>病院勤務医を重視 4月実施(毎日新聞)
<調査捕鯨>抗議船2隻とゴムボートで妨害(毎日新聞)