27日午前9時25分ごろ、JR関西線の柏原駅付近の踏切で、「遮断棒が降りたまま上がらない」と通行人から連絡があった。JR西日本によると、修理が終わるまでの約50分間、踏切を通る電車が徐行運転した。このため、上下14本が運休、29本が最大24分遅れ約8800人に影響があった。同社が原因を調べている。

【関連記事】
JR東海、新幹線停電で常務ら9人処分
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
踏切に車止め居眠り、夜行貨物列車止める
「撮り鉄」また電車止める 前回騒動と同じ車両 滋賀 
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…

キュノスケファライの戦い (紀元前197年)
域外操業でも対ロ批判変えぬ=岡田外相(時事通信)
婚約 「ええにょぼ」の女優・戸田菜穂さんが医師と(毎日新聞)
17年で322億円の赤字解消=再生計画で最終案-北海道夕張市(時事通信)
<自殺>対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)