大阪大学は24日、研究室で性交渉を疑われる状況をつくったとして、言語文化研究科の50代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。元大学院生の女性が「職権を乱用したレイプを受けた」と大学に申告、准教授は「覚えていない」と話しているという。
 阪大によると、准教授は2000年5月、学内で開かれた懇親会の後、当時院生だった女性を研究室に誘った。女性は08年11月、性的暴行を受けたと大学側に手紙で申告。学内調査では暴行の事実は確認されなかったが、阪大は「疑わしい状況をつくり出し、風紀を著しく害した」と判断した。 

【関連ニュース】
82例目の脳死移植へ=9カ月ぶり、20代女性が提供

<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)
山手線など一時不通、4700人が車内缶詰め(読売新聞)
<国民新党>参院選比例代表にプロレスラー擁立(毎日新聞)
名神高速道路で追突事故、出火して2台全焼(読売新聞)
新潟市美術館 かびやクモ発生…何が起きていたのか(毎日新聞)