第63回日本推理作家協会賞(同協会主催)の受賞者が23日、決まった。長編および連作短編集部門は、飴村行(あめむら・こう)さんの「粘膜蜥蜴(とかげ)」(角川書店)と、貫井徳郎さんの「乱反射」(朝日新聞出版)の2作。贈呈式は5月31日、東京・新橋の第一ホテル東京で。他の部門は次の通り。

 短編=安東能明さんの「随監」(小説新潮09年5月号)▽評論その他=小森健太朗さんの「英文学の地下水脈」(東京創元社)

戸惑い広がるジオス受講生「受講料納めたばかり…」(産経新聞)
78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
日本創新党 首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)