ヤンマーは6日、コンバインの部品に法定基準(重量の0.1%)を超える石綿が含まれていたとして、販売店などを通じて部品を10日から無償交換すると発表した。

 部品の生産を委託した中国企業が指示を守らず、法定基準以上の石綿を含むゴム製パッキンを使用していた。石綿はパッキンに練り込まれ、パッキンも密封されたケース内にあり、飛散の恐れはないという。

 対象のコンバインはこのパッキンを使って、07年2月~10年1月に製造した計1347台。型番はAG460、AG467、AG470、AG570、AG572。【青木勝彦】

【関連ニュース】
石綿:中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初
アスベスト:中皮腫死、教諭の公務災害認定へ 小学校、体育館の石綿原因
アスベスト:石綿被害で建設関係者提訴 県内は38人 /神奈川
街かど:アスベスト被害者の会発足へ /京都
トーヨーボウル:廃虚10年…ヤオマサが取得、解体へ 解決に道筋--大井 /神奈川

手掛かり乏しく、捜査難航=遺留品、交友関係…-島根女子大生、遺体発見半年(時事通信)
聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件-神奈川県警(時事通信)
<訃報>神戸守一さん86歳=およげ!たいやきくんのモデル(毎日新聞)
B型肝炎訴訟 閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ(毎日新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)