バーチャルラボ by Modelica

バーチャルラボ by Modelica イメージ画像

2019年04月

今回はバネ押し式チェックバルブのコンポーネントを製作する。チェックバルブは、過昇圧防止の安全装置や、逆流防止に使われるバルブ。油圧駆動系や潤滑・冷却系を作る際の必需品だ。実装する機能を列挙する。差圧が設定値に達すると開口し、流体が流れ始める。なので差圧が
『チェックバルブ(バネ押し)コンポーネント作成』の画像

この記事でターボジェットエンジンの過渡モデルにフィードバック制御機能を実装した。このとき、コンプレッサの機械回転数を制御対象に設定したが、本当は「修正回転数」というvariableを制御対象にしたい。さらに、修正回転数そのものではなく、修正回転数の定格点修正回転
『Expandable connectorを使ってみる。』の画像

本記事を書いている今この時、FluidSystemoComponentライブラリのチェックバルブが作成済みだ。本来なそちらの製作記記事を先に書くべきの筈である。しかし、動作確認の中で作ったモデルが、面白いものだと後から思い直したので、熱いうちにそちらを語る。 作ったのはバルブ
『1DCAEの魅力 -この解析、3Dで簡単に出来ますか?-』の画像

この記事で宣言したように、Modelica Standard Libraryには無い流体システム用のコンポーネントを作成する。記念すべき第1号は定容積ポンプ。ポンプ、バルブ、絞り、容器、シリンダあたりで油圧回路に最低限必要な要素が揃うはず。それらが揃えば油圧回路を組んで遊べる。 
『定容積ポンプ(理想ポンプ)コンポーネント作成』の画像

唐突だが、流体システムに使う一般部品を納めるのライブラリ、”FluidSystemComponents”を作ることにした。理由は以下2つ。Modelica Standard LibraryのFluidの収録物に不足を感じた。油圧回路等を組む時に基本部品として使いたいコンポーネントが無い。具体的には定容積ポ
『"FluidSystemComponents"ライブラリ製作開始』の画像




↑このページのトップヘ