バーチャルラボ by Modelica

バーチャルラボ by Modelica イメージ画像

2020年03月

Modelicaを使っていて、「やりたい計算のためのインプットを与えるSource Componentが無い」、「ここの値を拘束条件にしたい」、「ここの値は人が与えるのではなく計算の結果出たなりの値にしたい」と言うことはないだろうか?筆者はこれまで何度も有った。例として下記のよ
『便利Component ~Modelica User皆に活用して欲しい~』の画像

熱機関の1つ、ブレトンサイクルによる冷房機のモデルを作る。航空機用推進機器より身近な機械で入り込みやすいのではないかと思う。なので"propulsion system"のライブラリなのに全く推進機器でない事に関しては突っ込み無しでお願いします。因みに、身の回りにあるエアコン
『空気の熱サイクルを用いた冷房機のモデル(Air Cycle Machine)』の画像

水の沸騰・凝縮を含む熱サイクル「Rankine cycle」のモデルを作成しようと考えている。なので、第1歩としてboilerのモデルを作成する。Mediaに2相扱える水を設定して、volumeで熱量を与える、単純極まりないもの。だが、failする。最初は計算が動き、途中で止まる。心当たり
『MSLの2相水モデルを動かすとfail』の画像

同じ気温なのに、曇りや雨で湿度が高い日は、晴れて乾いた日に比べて”寒い”、そのように感じることはないだろうか?今回はこの日常の疑問を1DCAEモデルを使って定性的に説明することを試みる。仮説:まず、湿度が高い日の方が”寒い”、と感じる原因に対して仮説を立ててみ
『寒さと比熱:湿度が高い日は何故”寒い”?』の画像

タイトルの通り最も単純な熱交換器のコンポーネントを作成。仰々しく自作コンポーネントなど作成しなくても、Modelia Standard Library FluidのExampleに熱交換器モデルが有るのでそれを使えば良さそうなものだが、もっとシンプル・最低限の機能で、後から自分の使い方に合わ
『[執筆途中]熱交換器コンポーネント(simplest)』の画像




↑このページのトップヘ