バーチャルラボ by Modelica

バーチャルラボ by Modelica イメージ画像

OpenModelica例題・練習

本記事は引越し作業に伴い、下記リンクの新ページに移植されました。お手数ですが、リンク先の新サイトをご覧下さい。 Virtual laboratory by Modelica: [連載]Modelicaによる熱流体の世界の歩き方・FlowResistance_ex01 以上
『[連載]Modelicaによる熱流体の世界の歩き方・PipeFlow_ex01』の画像

本記事は引越し作業に伴い、下記リンクの新ページに移植されました。お手数ですが、リンク先の新サイトをご覧下さい。 Virtual laboratory by Modelica: [連載]Modelicaによる熱流体の世界の歩き方・記事一覧 以上
『[連載]Modelicaによる熱流体の世界の歩き方・記事一覧』の画像

これまで、本ブログでは、ライブラリ製作記、仮想実験の記録、モデリング/プログラミングテクニック的な記事ばかりを配信してきたが、この度チュートリアル、学習者向けガイドのタイプの記事を出すことにした。 内容は連載表題が示す通り、Modelicaを使った熱流体システム

興味深いライブラリを見つけた。Modelica_DeviceDriversというもので、シミュレーション中にキーボード、マウス、ジョイスティック等からの入力を受け付けたり、別のソフトウェアとのデータ通信を行ったりできるライブラリだ。 例により、記事を通して言いたいことを、冒
『DeviceDriversライブラリ ~シミュレーション中の入力~』の画像

[追記:2020.07.29] ステップ入力とパルス入力に対する応答に関して、フライトシミュレータ、X-plane10で動きを再現した動画(へのリンク)を追加。 先日、ふとしたことから表題のpilot induced oscillation(以下、「PIO」)が話題になった。そこでこれをmodelicaで簡易
『Pilot Induced Oscillation(part1) ~modelicaで制御工学~』の画像

唐突だが、今回はスターリングエンジンのモデルを作ってみる。PropulsionSystem libraryのdesign-point, off-designの統合で転んでいるのもあるが、以前から作成試みたいと思ってもいたお題だ。 例によって記事を通して言いたい事は冒頭で述べる。とは言っても、タイトル
『スターリングエンジンの作成』の画像

前回の記事で正の安定性を持つ、飛行機の縦dynamics(線形・伝達関数表現)モデルを作成し、挙動を観た。パルス型の入力だけで意図した状態に持っていけること、減衰が大きく自然と定常状態に落ち着くことを確認した。 今回は予告通り、人間が介入した場合の挙動を観ていく

熱機関の1つ、ブレトンサイクルによる冷房機のモデルを作る。航空機用推進機器より身近な機械で入り込みやすいのではないかと思う。なので"propulsion system"のライブラリなのに全く推進機器でない事に関しては突っ込み無しでお願いします。因みに、身の回りにあるエアコン
『空気の熱サイクルを用いた冷房機のモデル(Air Cycle Machine)』の画像

水の沸騰・凝縮を含む熱サイクル「Rankine cycle」のモデルを作成しようと考えている。なので、第1歩としてboilerのモデルを作成する。Mediaに2相扱える水を設定して、volumeで熱量を与える、単純極まりないもの。だが、failする。最初は計算が動き、途中で止まる。心当たり
『MSLの2相水モデルを動かすとfail』の画像

同じ気温なのに、曇りや雨で湿度が高い日は、晴れて乾いた日に比べて”寒い”、そのように感じることはないだろうか?今回はこの日常の疑問を1DCAEモデルを使って定性的に説明することを試みる。仮説:まず、湿度が高い日の方が”寒い”、と感じる原因に対して仮説を立ててみ
『寒さと比熱:湿度が高い日は何故”寒い”?』の画像




↑このページのトップヘ