バーチャルラボ by Modelica

バーチャルラボ by Modelica イメージ画像

少しModelicaを離れて

Modelicaから少し離れて、pythonを用いたGUIツールのトピック。とは言っても、Modelicaでinteractive simulation を行うという野望には深く関わるもの。 例によって記事を通して言いたい事は冒頭、導入のすぐ後で述べる。  Modelica でinteractive に入出力を行いな
『リアルタイムデータ表示ツール - InteractiveSimulation用ツール -』の画像

この記事の繋がりで、少しModelicaを離れて冷房機について書く。先に書いておくと、言いたいことは大きく次の2つ。(しかし、どちらも大学で基礎的な熱力学を履修していれば当たり前の話なので面白みな無いかと。。。)なお、話は総て作動流体が空気の逆ブレトンサイクルを
『冷房機は一見すると魔法のような機械』の画像

2019年12月に開催されたオープンCAE学会のシンポジウムに、講習会を担当させて頂く機会を頂いた。毛色としては、ハンズオンやチュートリアルのようなものではなく、様々な形態の例・デモを広く浅く解説したものとした。作成作業手順を丁寧に教えるのではなく、例題を幅広く観

 当初、熱機関、特にガスタービンのシミュレーションモデル作成から始めたModelicaの学習。だが最近は、油圧回路的な1D流体一般、電気、航空力学、果ては原子力と、複合領域に手を出している。 だが誤解はされたくない。色々手を出しているのは飽きのようなものではない。
『色々手を出してるが”遠くにある目指しているもの”は変わっていない』の画像

このたび、「Modelicaライブラリ勉強会」というコミュニティにて、Fluidのライブラリを使ったモデリングのハンズオンの講師役を務めさせて頂けることになった。資料を以下に公開する。  ハンズオン資料(part1)また、イベント・勉強会コミュニティに興味のある方は以下のリン
『勉強会にてFluidハンズオン(2019/05/25)』の画像

PropulsionSystemLibraryなる,推進&パワーシステムモデル用ライブラリを作成しているが,ここで少しModelicから離れてモデリング対象の推進機(ジェットエンジン),熱機関について少し触れる。詳しい理論は,熱力学や航空宇宙系の推進機工学の専門書にお任せする。ここで
『ジェット推進機,熱機関 -少しModelicaを離れて-』の画像




↑このページのトップヘ