November 26, 2006

ダビング二日目

ベースhositorihyou








今日はゆったり一時入り。

まずは2曲分のダビング。
エンジニアの池内君がとてもいかしたベースの音を作ってくれたんで、調子こいてチョッパーでガンガンいったら親指にマメが出来ました。
慣れない奏法には注意が必要です。

楽器はもうままならないので歌録りに突入。
6トラック分青筋たててシャウトしたところで喉も終わりました。

もう出来ることがありません。
11時にて終了です。

おいらのカラダがボロボロになったところで明日は楠君のドラム録りです。
こうして体調とスケジュールがうまくかみ合うのもまた一つの奇跡でありましょう。

さあ、楠君、明日はどんな太鼓を聴かせてくれるのでしょう。
わくわく!
ギター
  

Posted by zaba105661 at 23:48Comments(0)TrackBack(0) ZABADAK 

ダビング初日。

名今日のスタジオでは作詞家小峰公子立ち会いのもと、歌い回しのチェック。
同じ歌詞と同じメロディでも言葉の載せ方で印象が全然違って来てしまうので、地味だけど大事な作業だ、ということに最近気付いた(遅いぞ)。
白黒だった曲にみるみるうちに色がついて行く。

方向の決まった曲から楽器を入れて行く。
次々とアイディアが浮かんできてあれもこれもやりたいのにカラダは一つしか無いのでひとつづつ進んで行くしか無くってもどかしい。

そして12時間が過ぎたあたりでぱたりとアタマが働かなくなる。

終わりだ。わかりやすい。

明日は1時から。  
Posted by zaba105661 at 07:53Comments(0)TrackBack(0) ウター! | ZABADAK

November 22, 2006

レコーディング開始!

今日からスタジオ入りです。
開始は午前11時からなのに、例によって眠れません。
2時間程うとうとして、こんな時間に目が覚めてしまいました。
今日はどどーんと全曲分のデータをコンバートします。
わくわくするような作業じゃないのに、それでも眠れません。

もういいや、このまま突入でぇい!
さあ、どんな2週間になるのかな?  
Posted by zaba105661 at 04:47Comments(3)TrackBack(0) ウター! | 日記

November 10, 2006

この上なく晴れ渡った日に。

ライブで2回ご一緒したけど、あいさつを交わした程度でちゃんとお話はしなかった。

音楽には共感出来なかったけど、ステージ上の姿は鬼気迫るものがあった。

かっこいいとか悪いとか、そういう段階を超えてなんだか凄まじかった。

打ち上げ会場で蝶の絵をリクエストするとさらさらとサインペンと色鉛筆でかわいらしいアゲハチョウを描いてくれた。

ウンタマギルーのプロデューサーで画家で針生のヴォーカリスト、
針生夏樹さんは昨日の朝、首を吊って自殺した。




さようなら。  
Posted by zaba105661 at 17:35Comments(0)TrackBack(0)