全く持ってふざけた話です。国民には知る権利があります。民主主義の重要部分である、知る権利を侵害する事は、民主主義を完全否定する事になります。知る権利を侵害する発言を何故するのか、真意を確かめる為に、下記のメールを送りました。


知る権利

民主主義社会における国民主権の基盤として,国民が国政の動きを自由かつ十分に知るための権利



市民団体 選挙管理委員会の寺尾です。

今後、この件に関する質問についての回答は、差し控えたいと考えております。と回答を頂きましたが、何故なんでしょう?国民には知る権利があるので、国民が納得いくまで、説明責任があると思います。

回答お待ちしております。




寺尾 様

問い合わせがあった件について下記のとおり回答します。

開票結果報告後に、投票者数より投票数が多かった事実が分かったのではなく、開票の結果、「投票者数より投票が多い」という開票結果報告を行ったものです。
開票結果報告後、県から再確認の指導があり、未使用の投票用紙を数え直したものです。


翌日から投票者数より投票数が多かった原因について、調査を行った結果、在外投票者数を投票者数にカウントしていなかったという開票結果報告の数値誤り(集計ミス)が判明したものです。

今後、この件に関する質問についての回答は、差し控えたいと考えております。


諫早市選挙管理委員会事務局 松村
〒854-8601
長崎県諫早市東小路町7番1号
℡:0957-22-1500


-----Original Message-----
From: 寺尾介伸
Sent: Tuesday, September 29, 2015 1:27 PM
To: senkan@city.isahaya.nagasaki.jp
Subject: 開票結果報告後、投票者数より投票数が多かった件

このメールは 諫早市公式ホームページ のお問い合わせフォームから送信されました。


--------------------------------------------------
差出人: 寺尾介伸
ふりがな:てらお ゆきのぶ
性別:男性
年齢:40代
職業:自営業
郵便番号:463-0007
住所:名古屋市守山区松坂町90三井農林小幡緑地ハイツ105号
電話番号:09040891315
ファクス:0522280874
メールアドレス:zabu@ion.ocn.ne.jp
題名:開票結果報告後、投票者数より投票数が多かった件
メッセージ本文 :
市民団体 選挙管理委員会の寺尾です。

>問い合わせがあった件については、開票結果報告後、投票者数より投票数が多かったため

何故、開票結果報告後に、投票者数より投票数が多かった事実が、分かったんですか?


>在外投票者数を投票者数にカウントしていなかった
集計ミスによる報告誤りであり、虚偽の報告ではありません。

集計ミスは何時の時点で発覚したのですか?

お忙しいところ恐縮ですが、早目に返答下さい。
--------------------------------------------------

対応をお願いいたします。



●衆院選:諫早で開票結果にずれ 投票総数6票多く

毎日新聞 2014年12月15日 12時07分

http://mainichi.jp/select/news/20141215k0000e010377000c.html

14日投開票された衆院選で、長崎県諫早市選挙管理委員会は15日、比例代表の開票結果で、投票総数が投票者数より6票多かったと発表した。市選管が原因を調べているが、そのまま結果を確定させており、県選管などは「票の数え直しをすべきだった」としている。  市選管によると、投票者数5万7482人に対し、投票総数は5万7488票だった。作業の遅れが比例九州ブロック全体に影響することや、開票作業従事者の多くが帰宅していたため再集計を見送ったという。開票は14日午後8時に始まり、午後11時49分に結果を県に報告した。  



ネット投稿動画に選管困惑 「票の再開封はあり得ない」 [長崎県]

2014年12月23日(最終更新 2014年12月23日 00時17分)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/135316

衆院選での諫早市選挙管理委員会の開票ミスをめぐり、動画サイト「ユーチューブ」に投稿された映像に市選管が困惑している。動画は、開票終了後とされる時間に職員が票を集計しているような様子が映され、投稿者は「不正選挙を証明する決定的な証拠」とした。ただ、市選管は「投票所から回収した未使用の投票用紙の残数を確認していた」と説明し、不正ではないとしている。
諫早市の比例代表の開票結果は、投票総数が投票者数を6票上回ったことが問題になった。

動画は21日に公開され、投稿者は「選管の人間が終了した開票所に残り、封印された箱を開封し、数え直しを行っていた」などと紹介。しかし、市選管によると、県選管の指示を受け、確定後に開票所で再び投票用紙の残数を数え、投票者数に誤りがないかを調べていたもので、封印した票ではなかったという。中道隆昭事務局長は「票を再開封することはあり得ない」と話した。

=2014/12/23付 西日本新聞朝刊=



>開票結果報告後に、投票者数より投票数が多かった事実が分かったのではなく、開票の結果、「投票者数より投票が多い」という開票結果報告を行ったものです。

開票の結果、「投票者数より投票が多い」が分かったと云う事は、その時点では立会人もその場にいた筈です。立会人はその結果を納得していたのでしょうか?

>市選管が原因を調べているが、そのまま結果を確定させており

この時点では原因が分からずに結果を確定させている?腑に落ちないですね。原因不明なのに結果を発表して良いものでしょうか?原因究明してから結果発表するのが、本来あるべき姿ではないのでしょう?

>開票作業従事者の多くが帰宅していたため再集計を見送ったという。

開票作業従事者の多くが帰宅と云う事ですが、立会人も帰宅したと云う事?数が合わないのに、立会人が帰宅した?投票用紙を段ボール箱に入れて、立会人が封印する作業があるのですが、数が合わないのに立会人が納得して封印を押した?もしもそうならば、立会人は職務を全うしていない事になります。数が合わないのに開票作業従事者も帰宅した?責任感ゼロですね。帰宅した開票作業従事者の中に選管職員がいたのなら、職務放棄して帰宅した事になります。色々辻褄が合わない事が多すぎますね。

>今後、この件に関する質問についての回答は、差し控えたいと考えております。

何故なのか?これ以上追及されるとボロが出るから?国民の質問に対して答える義務が有る筈なのに、何故なんだ?これは職務放棄に当たる?国民が納得するまで説明責任が有る筈なのに、この対応はまずいのではないでしょうか?



寺尾 様

問い合わせがあった件について下記のとおり回答します。

開票結果報告後に、投票者数より投票数が多かった事実が分かったのではなく、開票の結果、「投票者数より投票が多い」という開票結果報告を行ったものです。
開票結果報告後、県から再確認の指導があり、未使用の投票用紙を数え直したものです。


翌日から投票者数より投票数が多かった原因について、調査を行った結果、在外投票者数を投票者数にカウントしていなかったという開票結果報告の数値誤り(集計ミス)が判明したものです。

今後、この件に関する質問についての回答は、差し控えたいと考えております。


諫早市選挙管理委員会事務局 松村
〒854-8601
長崎県諫早市東小路町7番1号
℡:0957-22-1500


-----Original Message-----
From: 寺尾介伸
Sent: Tuesday, September 29, 2015 1:27 PM
To: senkan@city.isahaya.nagasaki.jp
Subject: 開票結果報告後、投票者数より投票数が多かった件

このメールは 諫早市公式ホームページ のお問い合わせフォームから送信されました。


--------------------------------------------------
差出人: 寺尾介伸
ふりがな:てらお ゆきのぶ
性別:男性
年齢:40代
職業:自営業
郵便番号:463-0007
住所:名古屋市守山区松坂町90三井農林小幡緑地ハイツ105号
電話番号:09040891315
ファクス:0522280874
メールアドレス:zabu@ion.ocn.ne.jp
題名:開票結果報告後、投票者数より投票数が多かった件
メッセージ本文 :
市民団体 選挙管理委員会の寺尾です。

>問い合わせがあった件については、開票結果報告後、投票者数より投票数が多かったため

何故、開票結果報告後に、投票者数より投票数が多かった事実が、分かったんですか?


>在外投票者数を投票者数にカウントしていなかった
集計ミスによる報告誤りであり、虚偽の報告ではありません。

集計ミスは何時の時点で発覚したのですか?

お忙しいところ恐縮ですが、早目に返答下さい。
--------------------------------------------------

対応をお願いいたします。




●衆院選:諫早で開票結果にずれ 投票総数6票多く

毎日新聞 2014年12月15日 12時07分

http://mainichi.jp/select/news/20141215k0000e010377000c.html

14日投開票された衆院選で、長崎県諫早市選挙管理委員会は15日、比例代表の開票結果で、投票総数が投票者数より6票多かったと発表した。市選管が原因を調べているが、そのまま結果を確定させており、県選管などは「票の数え直しをすべきだった」としている。  市選管によると、投票者数5万7482人に対し、投票総数は5万7488票だった。作業の遅れが比例九州ブロック全体に影響することや、開票作業従事者の多くが帰宅していたため再集計を見送ったという。開票は14日午後8時に始まり、午後11時49分に結果を県に報告した。  



ネット投稿動画に選管困惑 「票の再開封はあり得ない」 [長崎県]

2014年12月23日(最終更新 2014年12月23日 00時17分)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/135316

衆院選での諫早市選挙管理委員会の開票ミスをめぐり、動画サイト「ユーチューブ」に投稿された映像に市選管が困惑している。動画は、開票終了後とされる時間に職員が票を集計しているような様子が映され、投稿者は「不正選挙を証明する決定的な証拠」とした。ただ、市選管は「投票所から回収した未使用の投票用紙の残数を確認していた」と説明し、不正ではないとしている。
諫早市の比例代表の開票結果は、投票総数が投票者数を6票上回ったことが問題になった。

動画は21日に公開され、投稿者は「選管の人間が終了した開票所に残り、封印された箱を開封し、数え直しを行っていた」などと紹介。しかし、市選管によると、県選管の指示を受け、確定後に開票所で再び投票用紙の残数を数え、投票者数に誤りがないかを調べていたもので、封印した票ではなかったという。中道隆昭事務局長は「票を再開封することはあり得ない」と話した。

=2014/12/23付 西日本新聞朝刊=

諫早選管から、早々と返事がありました。

>問い合わせがあった件については、開票結果報告後、投票者数より投票数が多かったため

何故、開票結果報告後に、投票者数より投票数が多かった事実が、分かったんでしょう?

>在外投票者数を投票者数にカウントしていなかった
集計ミスによる報告誤りであり、虚偽の報告ではありません。

集計ミスは何時の時点で分かったのか?


寺尾 様

問い合わせがあった件については、開票結果報告後、投票者数より投票数が多かったため
県からの再確認の指導もあり、未使用の投票用紙を数え直したものです。
投票された投票用紙を再確認したものではありません。
なお、当選結果は各市町の開票結果を集計して出されるもので、諫早市は開票結果のみの
報告となります。
また、不正したと疑われているようですが、在外投票者数を投票者数にカウントしていなかった
集計ミスによる報告誤りであり、虚偽の報告ではありません。

諫早市選挙管理委員会事務局 松村
〒854-8601
長崎県諫早市東小路町7番1号
℡:0957-22-1500

-----Original Message-----
From: 寺尾介伸
Sent: Monday, September 28, 2015 3:17 PM
To: senkan@city.isahaya.nagasaki.jp
Subject: 誤報告の件

このメールは 諫早市公式ホームページ のお問い合わせフォームから送信されました。


--------------------------------------------------
差出人: 寺尾介伸
ふりがな:てらお ゆきのぶ
性別:男性
年齢:40代
職業:自営業
郵便番号:463-0007
住所:名古屋市守山区松坂町90三井農林小幡緑地公園ハイツ105
電話番号:09040891315
ファクス:0522230874
メールアドレス:zabu@ion.ocn.ne.jp
題名:誤報告の件
メッセージ本文 :
市民団体 選挙管理委員会の寺尾です。

先程の電話のやり取りでは、「選挙結果が出た後に分かった事なので、虚偽の報告では無く、誤報告です。」と回答がありました。もしそれが本当なら、当選結果を発表した後に、投票用紙を再確認した事になりますが、そこはどうですか?

お忙しいとは思いますが、早い回答、お待ちしております。
--------------------------------------------------

対応をお願いいたします。

諫早選管のお問い合わせページから、再度質問メールを送りました。


諫早選管 お問い合わせページ
https://www.city.isahaya.nagasaki.jp/contact?id=7000


市民団体 選挙管理委員会の寺尾です。

先程の電話のやり取りでは、「選挙結果が出た後に分かった事なので、虚偽の報告では無く、誤報告です。」と回答がありました。もしそれが本当なら、当選結果を発表した後に、投票用紙を再確認した事になりますが、そこはどうですか?

お忙しいとは思いますが、早い回答、お待ちしております。

諫早選管で起きた件は誤報告では無く、虚偽の報告では?と電話して確認した所、「選挙結果が出た後に分かった事なので、虚偽の報告では無く、誤報告です。」と回答がありました。

新聞の記事に「票の数え直しをすべきだった。」とコメントしているので、選挙結果を出す前に分かっていたのでは?と尋ねると「選挙結果を知らせた後に分かったので。」と回答がありました。

投票総数が投票者数より6票多った件が発覚したのは、当選結果発表後だと選管は言い張りますが、本当にそうでしょうか?もしそれが本当なら、当選結果を発表した後に、投票用紙を再確認した事になりますが、そこはどうなんでしょう?

選挙結果を発表する前に、誤差が生じている事が分かっていたら、虚偽の報告になるような諫早選管の口ぶりでしたが、ここはもうひと押ししてみます。

「投票総数が投票者数より6票多かったのは、在外投票者数を入れ忘れていたから。」と回答がありましたが、「毎回選挙をやっているので、在外投票者数を数に入れ忘れる事があるんでしょうか?」と尋ねると、「誠に申し訳ないですが、凡ミスです。」と逃げられました。


※電話でやり取りしている時は、何か選管の言ってる事が腑に落ちないと思いながらも電話を切りましたが、改めて文章にしてみると、腑に落ちない点が明確になってきました。


誤報告の罰則規定について、諫早選管にメール

2015年09月15日 14時48分17秒 | 不正選挙


諫早選管に下記のメールをしました。


市民団体 選挙監視委員会の寺尾です。

問い合わせがあった件については、投票者数の誤報告に対する罰則規定はありません。と云う回答ですが、「誤報告」があると認められていると云う事は、選挙結果を出す前に、間違いがあった事を認知している事になります。間違いがあるのを知りつつ報告する事は、間違った数字を報告している事になるので、諫早選管の言う「誤報告」には当たらず、虚偽の報告をした事になります。下記の記事にあるように、「そのまま結果を確定しており」とコメントされているように、間違いを事前に認知していて、選挙結果を報告した事が証明されますので、この件は「誤報告」では無く「虚偽の報告」にあたります。

諫早選管の行為は、公職選挙法の、下記の2つに接触する可能性があります。

第二百三十五条
2  当選を得させない目的をもつて公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者に関し虚偽の事項を公にし、又は事実をゆがめて公にした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

第二百三十七条
3  投票を偽造し又はその数を増減した者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。


●衆院選:諫早で開票結果にずれ 投票総数6票多く

毎日新聞 2014年12月15日 12時07分

http://mainichi.jp/select/news/20141215k0000e010377000c.html

14日投開票された衆院選で、長崎県諫早市選挙管理委員会は15日、比例代表の開票結果で、投票総数が投票者数より6票多かったと発表した。市選管が原因を調べているが、そのまま結果を確定させており、県選管などは「票の数え直しをすべきだった」としている。  市選管によると、投票者数5万7482人に対し、投票総数は5万7488票だった。作業の遅れが比例九州ブロック全体に影響することや、開票作業従事者の多くが帰宅していたため再集計を見送ったという。開票は14日午後8時に始まり、午後11時49分に結果を県に報告した。  

http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/fab1324ebbe5e4ac52b9f3322301c8e4

↑このページのトップヘ