2016年12月09日16:02

TPP 参院本会議で可決 トランプはTPPに代わり、FTAにシフトチェンジ 相手国に個別に厳しい要求を迫る可能性あり

23




TPPを承認=発効は絶望的―安倍首相、米へ働き掛け継続

時事通信 12/9(金) 14:23配信

 環太平洋連携協定(TPP)と関連法が9日の参院本会議で、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、承認、成立した。

 トランプ次期米大統領が協定の枠組みからの離脱を表明、発効は絶望視されているが、安倍晋三首相はTPP実現に向け、米側への働き掛けを継続する意向だ。

 TPPは、日米やニュージーランドなど太平洋を囲む12カ国が参加する広域の自由貿易協定(FTA)。首相はTPPを成長戦略の柱に位置付けている。

 発効は域内の国内総生産(GDP)合計額の85%以上を占める6カ国以上の承認が条件。ただ、12カ国全体のGDPの約60%を占める米国の承認が不可欠となっている。

 これに対しTPP離脱を表明したトランプ氏は、多国間貿易協定に代わり、2国間協定に軸足を移す意向。相手国に個別に厳しい要求を迫る可能性もある。 


zabu2233

この記事へのコメント

1. Posted by あかね   2016年12月09日 18:48
属国根性なのか、一方的に譲歩しまくってますから、常識的に考えると、その譲歩した位置がFTA交渉のスタートラインとなりますからね。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H2M_Z10C16A4EE8000/
>TPP、重要農産物すべて譲歩 特別委で農相説明(2016/4/19 21:36)
>無傷の重要農産品がゼロだったことが明らかになった。
2. Posted by 妹うなぎ   2016年12月10日 08:24
70代以上の医療費アップについて。

2016年12月10日土曜日
70歳以上の医療費の自己負担増→年金でつつましく暮らしている老人たちが大打撃

☆「もう生きていけない!」70歳以上医療費“自己負担増”に怒り
(女性自身)

「もう生きていけない!」70歳以上医療費“自己負担増”に怒り。珍しく高齢者に対しても大きな負担を強いてきた

「年金生活者の私たちにとっては“野垂れ死ねばいい”と言われているようなもの。もうすぐ70歳になる妻は片頭痛と腰痛を抱え毎月の医療費は6万円ほど。このままでは医者にかかることさえ難しくなるでしょう(72・年金受給者の男性)
ーーーーーーーーーーーーーー
70歳以上自己負担増
とありますが、
年収370万以上の高齢者、となっています。
月に30万8000円の所得がある人です。

ボーナスなし、非正規雇用が増えている今、
毎月30万ちょっとの収入がある人に対しては
当然の負担増だと思いますけどね。
つつましく暮らしているのは、現役世代です。

高齢者は年収により、応能負担になって当たり前だと思います。
医師会の認識も変えて欲しいですね。
3. Posted by あかね   2016年12月10日 09:20
妹うなぎさん

>ボーナスなし、非正規雇用が増えている今、
毎月30万ちょっとの収入がある人に対しては
当然の負担増だと思いますけどね。
つつましく暮らしているのは、現役世代です。
高齢者は年収により、応能負担になって当たり前だと思います。
医師会の認識も変えて欲しいですね。

微妙に違う角度から私の意見を・・・。
ワーキングプアと言われている人より生活保護の支給額の方が多いから、生活保護費を下げろという意見がありますが、非正規の賃金が世界的に見ても異常に低すぎると思うのです。私は、370万は、決して高い金額ではないと思うので、私の個人的な見解ですが、こちらに目を向けたほうがいいような気がしています。これも意見の分かれる問題ですね。

http://finalrich.com/sos/sos-economy-world-bad-work.html
>日本の最低賃金の相対水準は28%と相当低い水準に抑えられていることがわかります。特にOECD諸国の中で、メキシコ、韓国、トルコとほとんど変わらないレベルにあり、先進国の中では世界最低といわざるを得ません。また不名誉なデータが出てしまいました。
4. Posted by 風来坊   2016年12月10日 13:40
TPPに関しては民進党も本音の部分では反対してないかもしれませんね。
表向きは政策路線で対立しているはずの政党同士の幹部議員が会食と称して密会とは面白い。
しかも、会食していたのが選挙対策などの重要政策を担当する幹事長、そして民進党からは代表代行の安住まで同行していたとなれば単なる世間話ではあるまい。

共産、自由、社民の野党3党は次期衆院選にあたって共産を軸に政策協定を含めた選挙協力をした方が良いかも。
基本的な政策路線の違いを理由に選挙協力に消極的な姿勢を今でも見せている民進党の本音がこれで見えたはずだ。



自民、民進幹事長が会食
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120600811&g=pol


野党共闘加速で一致=共由社
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120700933&g=pol

コメントする

名前
 
  絵文字