ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

2014年08月

BARN


涼しくなって、
ますます、パン日和。 pantiki です。


このまま秋に向かうのでしょうか。

個人的には、
暑いうちに(=行列が少ない)行かねばならなかったお店に
行けてないのが、悔やまれます・・・



さてさて。


先日の、
夫君のプチ社員旅行 の日記の際に、
チラリ、と申し上げていましたが。


夫婦でも、下田旅行に行ってきました


CIMG5937

海方面に行く時は、
基本的には、『海の幸を頂く!』 

ですがやはり、オタの血が騒ぐ・・・
( もはや病気 )
1軒だけ、パン屋さんに立ち寄って参りました!




BARN さん。

CIMG5938

ネットの情報も、最近のものはあまり無く。

もしかしたら営業されてないのかも・・・?と
不安はありましたが、とりあえず、向かってみることに。

すると、ナビが示すのは、
え?ここってリゾートホテル建ってるし!?
という道。
もうここは、ホテルの敷地内では?と思いつつも、前進。
半ばあきらめていた時に、
この、素敵な建物が突如出現!

本当に嬉しかったです


山小屋風の建物が、青空に映えますね


CIMG5936

↑↑ この、煉瓦窯で焼かれたパンが頂けるのです。
ワクワク。



BlogPaint

パンは少数精鋭。
でもそれが、このお店の雰囲気と合っていて、良いなぁ。


自家製酵母のパンと、イーストのパンがあるそうで、

自家製酵母パンゾーンは、
大型パンのホール売りのみでしたので、
1つだけ、購入しました。



ライ麦のパン
CIMG6052

その他には、田舎風パンというのと、
プンパニッケルもありました。

バゲットもシュッとして、カッコよかったなぁ♪




ホール買いなんて久しぶり!でも裏返す~☆
CIMG6053

深く、甘い香りがします。

クラストは、しっかりハード系してる!感じの
ガリガリタイプ。



ガリガリごりっと断面ショ~☆
CIMG6055

みちっとした生地は、モチモチとは違い、
サクリと歯が入る感じです。

数口噛むと、酵母の酸味が出てきます。

でも、嫌な酸味ではありません。
ツンとした感じは皆無で、柔らかい酸味なのです。



生地接写☆
CIMG6058

そして、その柔らかい酸味を凌駕する生地の甘み。
ライ麦のコクと旨みの、なせる技でしょうか。
それとも、煉瓦窯だから?

どんどん、甘みが追いかけてくるのです!

食べ進むほどに、
この、酸味と甘みのバランスの絶妙さに、嬉しくなってきます。

酸味が甘みを引き立て、
口中、なんだか、甘酸っぱい。
その甘酸っぱさの余韻が長い。


おいしい・・・!!!


*******************



こういう、素敵な場所にあるパン屋さんの中には、
観光地化して、雰囲気先行型なお店もありますので、

パンが買えれば、それだけで嬉しい!
と思って伺ったのですが・・・

いやはや、失礼しました★
こんなに美味しいカンパーニュに出会えるとは!


遠いので、なかなか伺えませんが
下田に行くことがあれば、またぜひ伺いたいです。


ごちそうさまでした。



BARN (バーン)
静岡県下田市柿崎1128-8
9時半~16時
定休日 水曜&木曜





Cafe Recherche


さてさて。

この日も、
素敵なカフェに出会えました。

CIMG5808

Cafe Recherche (カフェ ルシェルシュ) さん。

横浜の有名な方のブログで拝見し、
行ってみたいなぁ、と思っていたのです。

外観からは想像できない、と言うと失礼でしょうか
一見、和風?ギャラリーかな?とも思える風貌。

でも、
店内も、そこで作られているお菓子も、
とっても素敵だったんです。




CIMG5827



CIMG5811


入口すぐ横には、
テイクアウトの焼き菓子が。

この、少数精鋭のラインナップに、
心で、いいね!とつぶやいてしまう。




CIMG5814




CIMG5809

テーブル2席と、カウンターのみ。

入口の焼き菓子同様、
余計な飾りが無い、シンプルな店内は、
フランスのカフェって、こんな感じなんだろうか?
と、思わせるセンスの良さ。


2階が工房になっており、
お菓子はそちらで作られているようです。

CIMG5816


この日のお菓子は、
サヴァランと、チーズケーキ、そしてプリン。

3つとも食べたいラインナップでしたが、
悩みに悩んで、こちらに。





サヴァラン
CIMG5820

珈琲も、注文後に豆を挽き、
1杯づつ丁寧に、ペーパードリップで供して下さいます。

この珈琲も、とても美味しかったです。
冷めてからの方が、個性が際立つ感じ。

気になったので、どちらの豆か伺ったところ、
行ってみたいなぁと思っていたお店の豆で・・・

これはぜひ、そのお店にも行かねば、と



そして、見目麗しいサヴァラン。
CIMG5823

ラム酒、しみっしみ!です。


これでも、あまり浸み込まないように、
ブリオッシュを固めにしたつもりだと、仰っていた店主さん。

では、店主さんの『しみっしみ』だと
拙者、酔っ払ってしまうかと・・・



CIMG5824

中には、プルンッとカスタード。
ブリオッシュの周りに、生クリーム。

こういう供され方が初めてで、とても新鮮♪

見た目も可愛いし、
生クリームと混ぜやすいですね。

しっかりと甘く、お酒も効いているので、
珈琲と、とても合います。





フィナンシェ
CIMG5900

ほぼ独学だという店主さんの作るお菓子は、
どこか個性的です。

サヴァランもですが、こちらのフィナンシェ。

まず、オーバル型なのが個人的には嬉しいツボ。



CIMG5903

そして、こちらのお店のフィナンシェは蜂蜜入り。

『入り』 と言うよりも、『蜂蜜の焼き菓子』 と言っても良い?

香り・味わい、ともに
バターよりも、アーモンドよりも、
蜂蜜が突出して感じられました。



CIMG5904

でも、それは私が『蜂蜜に敏感』なだけかもしれませんので
( ↑↑そんなピンポイントな感度はあるのか )
蜂蜜無しバージョンがあれば、そちらを頂いてみたいなぁ。

フィナンシェ・ショコラ も登場したそうなので、
そちらも気になります




ケイク・フィグ
BlogPaint


こちらのパウンドは、ミニサイズ。

ブランデーが濃く香る、しっとりした生地は
このサイズでも丁度いいと思える満足感。




CIMG5910

口どけの良い生地。
その生地と、フィグのトロリとした口当たり。

すぅ・・・とろん。すぅ・・・とろん。
と、口中で絶妙なマリアージュ。
食感的にも、味わい的にも、
深みを感じさせてくれます。

甘さの中にも、ブランデーのアクセントがあるので、
全く重くは感じません。

おいしい!




*********************


この日、初めてお会いしたのに、
すごく気さくに、色々話して下さった店主さん。


常に、改良&挑戦を、静かに繰り返している。
そんな印象を受ける、素敵な方でした

なので、あえてフィナンシェのところは辛口?な感想で・・・すみません(汗)


カフェスイーツの域を超えているスイーツが頂けて。
珈琲も美味しくて。

でも、雰囲気は素敵なカフェ。

これは通いたくなります


ごちそうさまでした。




Cafe Recherche(カフェ ルシェルシュ)
横浜市中区麦田町2-45
12時~18時
定休日 月曜&火曜








喫茶 陶花 その2


あんた 優しかねぇ・・・。

じんわり、感動。   pantiki です。



これはけして、ノロケではなく。
すごいなぁ・・・と、純粋に思ったのです。

休みの日の夕方、
なぜか、スーツに着替えて、会社カバンを持って
出かける準備をしている、夫君の姿がありました。

私 『 あれ?今日はKさんと呑みに行くんじゃないの? 』

名古屋時代にお世話になったKさんが、
こちらに仕事で来ていらっしゃるので、
Kさんの仕事終わりに会うことになっている、

と聞いていたのです。

夫 『 そうだよ。 
でも、休みの日に、東京駅まで出てきたってわかったら、
Kさん気を遣う人だからと思って。 』



・・・つまり、会社帰りのふりをするのね?


いやいや。
気を遣う人ってのはあなたのことですがな!

あたしにゃ~出来んばい・・・。
と、空気を読めない、気を遣えないダメ妻には
尊敬に値する(もしかしたら、世の中では当たり前なのですか?)出来事、でした。



********************


さてさて。


福岡で、大好きなカフェへ行った日記です。

CIMG6558


喫茶 陶花(とうか)さん。

帰省のたびに伺ってるんですが、
実は今回は、諸事情により伺えておらず・・・(涙)

残念だったなぁ・・・と、思っているときに、
ふと。
『 ・・・前回の訪問日記を・・・UPしていない!? 』

という事実に気付いた次第です。

というわけで、一体どのくらい前の話かは聞かないで~、
的な回顧録です。




CIMG6563

陶花さんに伺う時は、
ぜひ、OPEN時間に合わせて行きたい。

出なければ、唯一の窓側は、埋まってしまうから 笑

この日は、残念ながら、二番手でしたので、
真ん中のこちらの席へ。


CIMG6561



CIMG6562
(消費税が5%のころのお話です・・・↑↑ 汗 )


この日のお目当ては二つ。

前回気になっていた、牛スジ煮込みを食べること、

そして、珈琲とデザートを頂くこと。


ついつい、カフェの梯子を目論んでしまうので、
陶花さんでランチ ⇒ 別のカフェでオヤツ という
プランを組みがちなんですが・・・

申し訳ないことに、陶花さんと同じ日に行ったお店は、
かすんでしまうと言いますか、
『 陶花さんで、全部済ませれば良かったんじゃないの? 』
という結果になっている。

その事実を、いい加減、学習しましょう。
と言うことで、この日は、
ランチからおやつ、珈琲までのフルコースを頂くことに





まずは、
牛スジ煮込みの、セットの登場。
CIMG6564

右側は、カレーの時にも頂いた
自家製のお豆腐。

この、ぷるっぷるの杏仁豆腐のような食感と、
大豆の濃い味わい。
大好きです。



CIMG6565

こちらは、
高菜の胡麻和え、と仰っていたような。




そして、何度出会っても、
感動してしまうのが、こちらのゴハン。

CIMG6569


おひつ、なんですよね。

しかも、


CIMG6582

ちゃんと、濡れ布巾。 なんですよね。

こればかりは、何度こちらで頂いたとしても、
感動し続けることでしょう。




そして、メインの登場です。
CIMG6567

とろっとろの牛スジ煮込み。
香りも、たまらない。
スパイス的なものも感じます。



お野菜の山をかき分けて・・・
CIMG6571

蒟蒻は『凍みこんにゃく』なので
味が じゅわじゅわ、じゅんわり、浸み込んでいます。

九州人大喜びの、甘辛い味付け。
でも、なんだか洗練されていて、
和風のビーフシチュウとでも呼びたくなる。


せっかくのおひつのご飯、残してしまうかも?という心配は
杞憂に終わりました 笑



そして、フルコースですから、
こちらも、食べておきたいのです。
CIMG6574

ここに伺うときは、必ず頼んでいる、
空のパンさんのトーストセット

バターと、クリームチーズ&蜂蜜 を別添えで注文するのも、
いつもと同じで。


どうしても、空のパンが食べたくて、
デザートは1個にして、こちらも注文してしまいました。




シェアするときに、気付いた、
かわいい裏側。
CIMG6579

くっきりストライプ♪
萌えますねぇ・・・

表面サクッと。
中はもっちり、みっちりと。

酵母の風味が残りまくっている♪(という表現も変ですが)けど、
酸っぱさは皆無。
噛むほどに甘みが上ってきます。

やっぱり美味しいなぁ・・・



そして、本当の〆に入ります。


CIMG6587

この日のデザートは、
ミントのレアチーズケーキ でした。

ほんのりグリーンの生地が爽やかです。


珈琲の器も、ステキですよね。

何から何まで、好き過ぎる。




CIMG6588

ミントのチーズケーキは初めてで、
でもこれ、おいし過ぎます・・・

上品に、爽やかに、ミントの風味。
でも、チーズの味わいもしっかり濃厚。
ぷるっ もちっ とした食感。

そして、土台がココア生地なので、

そう!チョコミントっぽい感じで、すごく合うのです。



そして、注文後に豆を挽く音が聞こえてきた珈琲。
これまた美味しかったのです。

スパイス感を感じると言いますか、
濃い&鋭い?と言いますか、
丸すぎない丸さもあるのです、
( なんのこっちゃ、ですねスミマセン・・・ )


陶花さんのお料理を頂いたあとに、飲みたくなる、
そんな美味しい珈琲でした。






陶花さんにハズレ無し。

それをますます実感しました。

ごちそうさまでした・・・!!





喫茶 陶花 ( キッサ トウカ )
福岡県糟谷郡篠栗町大字金出3280
11時~19時
月曜定休日








Taizo bakery


暑い日で無ければ
出会えなかった。 (多分)


pantiki です。



CIMG5913

ここ2日ほど、
涼しい日が続いてますので、
多分、このお店の前にも、
名物?の行列が出来ているかもしれませんね


茅ヶ崎の人気店 Taizo (タイゾー) さん。

茅ヶ崎を通るたびに、
このお店をチェックしていたのですが・・・

↑↑ 上の写真のキレイなペパーミントグリーンのベンチ。
拙者、このベンチがこの色なんだ!ということを
この日、初めて認識したと言っても過言ではない!?

いつも、このベンチには
入店待ちのお客さんが腰かけていらっしゃり、
尚且つ、座りきれない方々は、立っていらっしゃる。


そういう光景を見続けておりました。


ですので、この日、
『 うわ、もしかして、空いてる!? 』 
と、急きょ立ち寄ってしまったのは、
言うまでもなく・・・



CIMG5914

かわいい看板に萌えながらも、
ちょっと急ぎ足で入店。

そうです、空いてるのではなく、単なる
『 売切れ終い 』 or  『 臨時休業 』 
だったらいけませんので・・・


でも、パンたちは、
ランチタイムちょっと前ということもあり、
色々ありました!これから出来上がるものもある様子!
良かった


小さな、かわいいお店です。
私以外に2人お客さんがいらっしゃったのですが、
それだけでも動くのに気を遣う感じでしょうか

なので、店内写真は撮らず。



そして購入したのは・・・
見目麗しいこのお方・・・



タマゴサンド~!!!
CIMG5921

いやもう、これは、即決です。

サンドイッチ = タマゴサンド 
と言っても過言ではない嗜好の持ち主の拙者。

この、どっぷりと、
○ツコデラックスさんが鎮座しているかのような見た目に
釘付でございます。


大きさは、良く見るバンズサイズよりは
ひとまわりくらい小ぶりでしょうか。
でも、トングで持つ時から、『うわうわ、重い~!
と嬉しい悲鳴。 


ちなみに、このパンは 
幻と言われている 『黒胡麻食パン』 と同じ生地!

この日は旅行の往路ですので、食パンは買えないな・・・と
諦めていたところへ、この生地!しかもタマゴサンド!


ミラクルでございます。


そして、この先、
このサンドの画像がございません・・・

なぜなら、
片手にカメラ、片手にサンド、の状態で断面を撮ろうものなら、

こぼれんばかり、というか、絶対こぼれる!
という量が入っていたからです(嬉泣)

バンズの『背中』 はくっついてますが、
切り込みをギリギリ広げられる範囲まで広げて
タマゴを入れて下さってる!
そのくらいの量なので、
まずは、噛みつくのではなく
(お行儀悪いですが)『タマゴに吸いつく』所からスタートです 


たっぷたぷ、という表現がぴったりのタマゴ。
マヨネーズが結構たっぷり目です。
でも、白身のカットが大きめなので、マヨマヨし過ぎず
たまご感も存分に味わえます。


そして、ある程度、タマゴを吸い込みながら満喫し、
ようやく、普通のハンバーガーのような形状に
近くなってきたところで、
ようやく、パンと一緒に頂きます!なのです

それでも、噛みつくと、横からはみ出してしまうのですが(嬉泣)



そして、オシリがカリッカリの胡麻パン。
ふんわりしてますけど、
噛みしめると、モチっとしてます。

しかし、
こんなにタマゴまみれじゃ、パンの味はわかんない?
と思われるかと。

ノン!ノン! でございます。

このゴマパンさんは、ただの『ゴマを練り込んだ』パンに非ず。


粒粒のゴマが練り込んであるだけでなく、
煮込んだゴマを煮汁ごと投入!という、
食べたことのない、ゴマパンなのです。

なので、このボリューミータマゴサンドでも
『 ちゃんとゴマの味、パンの味、してる! 』 という感動。


しかも、感動ポイントその2.
こんなに手の込んだパン&モリモリ具材
そして、美味しい。
のに、
お安いんです。
コンビニよりも、ええ、確実に・・・。


そりゃ~行列もできますよね。うんうん。

と、納得。
あまりにも、美味い美味いと言いながら食べるので
隣で夫君が

『 そんだけ言われればパンも幸せやね 』
と、呟くほどでした 笑




そしてこれまた感動の・・・


クリームパン!!!
CIMG5977

これがも~本当に拙者の好みど真ん中!でした。

クリームパンに関しては、
お好きな方それぞれに
『こだわるツボ』があるかと思いますので、

拙者の『ツボ』も詳しく書いておきます。



その前に裏返す~☆
CIMG5978

ここは皆さま同じかと思いますが
『 クリームは多目が良い 』 


生地は薄く、たっぷりのクリームがこぼれないように
包んでくれている、
大げさに言うと、オブラートの役割かい?
位でも良いです。

ここでは、『生地を味わいたい』 というパンオタ根性は影を潜めるので、
やはり、拙者にとって、クリームパンやサンドイッチは
『 パン 』 とは、『 別カテゴリー 』 なのだなぁ・・・と再認識。



もっっちりと、断面ショ~☆
CIMG5981

生地が破れそうだ!を期待する方にとっては、
この生地でもまだ厚い、ように見える。
とは思いますが。

実際に食べると、十分満足のクリームの量。
かつ、
口どけがいいので、見た目以上に、薄く感じる生地なのです。

この生地は、
ブリオッシュとバターロールの間のような食感と味わい。

ふんわりしていて、クリームと一緒に口中でとろけるのです。


NB!! 
ニュー○ランスならぬ、ナイスバランス!




CIMG5984

そして、肝心かなめのクリームについて。

拙者、どうやらたまごが大好き、ということに気づきました
( 何をいまさら・・・ )

そうです、牛乳感満載のミルキーなクリームも良いですが
たまご感満載の方に、魅かれてしまいます。

Taizo さんのクリームはまさに、た・ま・ご!!
なので、
とろとろではなく、ぷるっぷる。

特に後味、ものすごく、たまごです。


これまた、先ほどのタマゴサンド同様、
あまりにも 『くぅぅ~・・・っ!』 と悶絶しながら食べているので、
夫君が、
『パン1個で、こんなに幸せになれるもんなんだ・・・。』

と、
他に楽しみはないのか?とも言いたげな、
可哀相な子供をみるような、
慈愛に満ちた表情で見つめておりました(爆) 






**********************



Taizo さんのパンは、

みんな大好きな、お惣菜&甘いパンの種類が豊富で、
具材がモリモリ!
かつ、お安い!
かつ、美味しい!

のです。
そりゃあ、人気もあるはずです。

拙者も、ぜったいに又行きます!

あまりにも、美味しそうに食べているので、
『 半分あげる!』 と言っても、
社交辞令としか受け取らず、
けして貰おうとしなかった夫君のためにも・・・(笑)

きっとあとで、あげなきゃよかった・・・とか言われたくないと思ったのでしょう・・・防衛本能


ごちそうさまでした。




Taizo bakery (タイゾーベーカリー)
神奈川県茅ケ崎市共恵2-3-25
定休日 月曜
9時~18時半








petit jour


『はじめてのおつかい』

を、見習いましょう。   pantiki です。



はい、

この日は、

おつかい、のはずでした・・・


CIMG5456


福岡帰省日記の続きです。


西区姪浜にある、プティジュール さんへ。

お礼の焼き菓子を買いに、行った・・・
のですが。



CIMG5457

まず、入って正面にある、
この焼き込み系のお菓子たちに fall in love

こちらのシェフは
福岡の有名店 ジャック さんにいらっしゃったのです。

つまりは、
オーボンビュータンの系譜のお菓子が頂けるかも♪なのです。


これはもう、
自分の分も、

買っちゃうよね~?

( ここでテレビなら、おやおや、とか、だめでしょ、とか )
( ナレーションが入るところ・・・ 笑 )


CIMG5460


CIMG5459

冷蔵ケースのお菓子たちにも、
すっごく魅かれましたが、
『おつかい』のあと、カフェにも行こうと目論んでいたので

( ここも、おやおや、とナレーションが入るな・・・ )


要冷蔵では無い、
焼き込み系のお菓子の中から選ぶことにしました。


本当は、ホール売りタルトの中に、
食べたいものがイロイロあったのですが、
それはさすがに食べ過ぎですので(苦笑)

次回みんなが集まる時の楽しみにとっておくとして・・・




唯一カット売りされていたこちらを。
CIMG5463



ガトーバスクショコラ
CIMG5477

プレーンなガトーバスクも食べてみたかったのですが、
伺った日は、お見かけしませんでした。
売れてしまっていたのかもしれません。

(上の方の写真で、ホールタルトコーナーが1箇所空いてますし )


個人的好みとしては、
バターや、アーモンドが効いてる中に
ショコラも相まって・・・というタイプを期待していましたが
そうではなく、

あくまでもショコラが主役、がっつり主張しているものだったので、
所謂『ガトーバスク』がお好きな方には、お勧めいたしませんが、
(間にチョコレートのカスタードクリームも入ってますし)

ショコラのお菓子がお好きな方には、たまらない感じかと




端っこ好きなので、この角度からも。
CIMG5480

ショコラが入った分、でしょうか、
ゴリゴリではなく、さくさく、ホロッとした感じもある生地。

濃厚な、ショコラの心地いい苦みが感じられます。

さくらんぼのコンフィチュールの
甘酸っぱさが、アクセントになっていて、美味しかったです。


次回は『ガトーバスク』を頂いてみたいです♪







もうひとつは、
この二択で悩んだ末に・・・
CIMG5462



コンベルサッション
CIMG5467

杏か、りんごか、
で、りんごが勝ちました

これ、すっごく好きでした。

周りは、さくさく、ザクザク。
尚且つ、パイ生地の口どけも良いです。



CIMG5474

中のクレームダマンドも、こっくり、美味しい。

りんごは、シャクシャク食感が残っていて、
このコンポート自体は、甘すぎないのです。

なので、ダマンドと合わさると、全体的に丁度良い甘さで・・・

美味しいかったなぁ。



*****************


プティジュールさん。

お菓子のラインナップが凄く好きです。

ちゃんと甘いけど、
無駄に甘すぎない感じが、個人的にすごくツボでしたし、


以前伺った、那珂川にある某店と似ているのですが、
(同じジャックご出身ということで)
こちらの方が、好みかな。
いや、選んだお菓子にもよりますよね

いずれにせよ、どちらも甲乙つけがたしということで。


ごちそうさまでした~。



パティスリー プティジュール
福岡市西区姪浜駅南1-6-13
定休日 月曜
10時~20時(日祝は19時まで)







記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC