ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

2019年03月

NIIHARA さんで春を頂く



絡みの日記は、
お早めに・・・



CIMG6725

というわけで、
タイムリーでないことでおなじみの、拙ブログですが
( そんなことでおなじみになるな~ )
結構タイムリーなランチ日記を。


飯倉のNIIHARA(ニイハラ)さんへ。


暴飲暴食が続くと、
こういうお店に、足が向きます。
リセットさせてください~!というときの、
駆け込み寺的な。





CIMG6724


もうひとつの理由は、
この日のメニューが、どうしても食べたかったからです。


桜エビのコロッケ!!

無類の甲殻類好き、揚げもの好き、ですので
(つまり一番好きなのは蟹クリームコロッケですね)

これは絶対、食してみたかった。




あ、でも。
フツーの『芋ばっかりのコロッケ』は
そんなに好きじゃないんです。ポテサラもしかり。

なんとまァ、わかり辛い嗜好と思われますでしょうか。

でも、答えは意外と単純です。

『炭水化物は(なるべく)全て、パンから摂取したい 』

というだけのお話し。





CIMG6730


しか~し、
山芋とゴボウの豆腐バーグがありますね。

これは気になる・・・

こういうときは、ふたりで来て良かった、
と心底思います。






CIMG6733

まずは、キャベツのスープと前菜3種盛り。

キャベツのスープの自然なあまさ。
たまらないです。







CIMG6735


人参のテリーヌ、こちらは塩気が控えめ過ぎる気もしましたが、
その他の2点が、若干お塩つよめでしたので、
そういうバランスで出していらっしゃるのかも。


手前は、焼き野菜のクリームチーズ白和え
(だったかと?)
と、サツマイモのポテサラ。


白和えにもお芋が入っていたので
コロッケと合わせると、
なにげに、芋尽くしになってしまった(笑)




ほどなくして、
揚げたてサクサクのコロッケが登場。
CIMG6736



添えてあるクレソンが、苦みがすごくて。

でも、なんか、ニイハラさんで出されると
『これが本当の野菜の味だから、味わって下さい』
と言われているような気がするから。
苦いと言いながらも、がんばって食べました。

お野菜の味が薄くなっていると言われる作今。
苦みも、ありがたく頂戴せねば。



CIMG6739

サックサクの衣の中に、
ほっくほく&しっとりのジャガイモ。

そして、桜エビは、そんなに姿は多く見えないけれど
しっかり、桜エビの風味を感じます。
エビエビしている~(嬉)

これまた、ちゃんとした桜エビなのでしょう。

たくさん入れても、風味がしないものも、
ありますもんね。




こちらは、豆腐バーグ。
CIMG6741


ゴボウ以外にも、キクラゲとか、お野菜もいろいろ
入っていて、具だくさん。
山芋効果なのでしょうか、食感はしっとり、つるん。

コロッケもバーグも、2個ずつあったので、
キレイにシェア出来て良かったです♪




そして、もうひとつ気になっていた。。。
CIMG6738

桜ごはん。

桜の花の塩漬けが混ぜ込んであります。
ほどよい塩気が良いなァ。
春らしい気持ちにもなれて、嬉しいメニュー。

もっちりと、おこわのようにも感じる食感です。



CIMG6743


最後にお茶を頂いて・・・



**********************



この日も、大満足でした。


こんなに丁寧なお料理を頂けて、しあわせです。
そうです。
リセット、も目的ですが
『丁寧さ』を欲している時も、伺いたくなる。

(自分が手抜き料理ばかり作りがちな時とか・・・苦笑)

店主さんおひとりで、
全てをこなしていらっしゃるのが、
毎度、スゴイと思わずにいられません。


ごちそうさまでした!!





NIIHARA (ニイハラ)
福岡市城南区飯倉1-4-38 めがねビル2階

11時半~17時半(LO16時半)

夜は要予約?HP等でご確認下さいね









桃川菓子店のレアアイテムに出会えた日



オタクだから?

いや、きっと、みんなそうだよね!?

と、思うのですが・・・

どうしても『○○の口』になっているときって
ありますよね。
(まるまるのくち、と読んで下され)
(まるまるのしかく、ではない←だってそう見えたし~)

カレーの口、とか、和食の口とか・・・

で、拙者、先日
『 どうしてもシュークリームの口! 』だったのです。

で、勿論、買いに行きました。
ランチのあとに、有名パティスリーまで。

でも、そのシュークリームは、
じぶんが求めるシュークリームではなかったのです。


食べたは良いが、モンモンと、
消化不良の気分が残る・・・

で、
結局、納得いくまで『シュークリームサーフィン』
してしまう、のは、オタクだから?では
ありませんよねっ!?(←必死)


で、
( で、が多い )

もう、これ以上サーフィンしたくない・・・
と疲れた時は、
テッパンのお店に戻る。これしかない。




というわけで、
前置きがとっても長くなりましたが
桃川菓子店さんへ、行ってきました。
オープンが15時になられてからは、始めてかもしれません。
CIMG6821

ずっしりと、嬉しい重みのシュークリーム。


15時オープン・・・
そうなのです、『昼食後の珈琲』とともに、
あまいものを頂く習慣のある拙者には、
15時はもう、『おやつ食べ終わってる時間』なのです。

普通は、ちょうど『おやつ時』なのに・・・(苦笑)

というわけで、なかなか伺えずにいたわけですが。

この日は、ちょうど
薬院に15時に居る!という奇跡(大げさ)



CIMG6825

久しぶりに頂くシュークリーム。

ぎっしり詰められたクリームが嬉しすぎる。

モンモンさせられたシュークリームは、
悲しい位にクリームが少なかったので、
まず、この時点で、テンション回復です。


そして、シュー皮。
モンモンシュー(勝手に名付けるな)は、
ゴワゴワというか、モソモソというか、
モンモンモソモソシューというか(これまた読み辛い)

ですが、桃川さんのシュー皮は
クッキーぽいザクザク系とも、懐かしい系の柔柔系とも違う

サクッとしていて、分厚すぎない食べ易い感じ。
でも、トップに飾られたアーモンドとザラメの
おかげで、ゴリコリッとした食感がプラスされ、
尚且つアーモンドの香ばしい風味も相まって、
まるで、クッキー生地のってる系?
を食べているようなきぶんにもなれる。

アーモンド、良い仕事!
そして、最初『要るか?』と思っちゃうザラメさんも
あまさ、ではなくゴリコリッ!を
演出する役目だったんだなァと、
侮ってゴメンネ、きぶんになります。


タプタプ、たっぷりのクリームは、
昔の印象は『たまご感強め』でしたが
この日は『牛乳感強め』でした。

なので、
お砂糖あまい、のではなく、牛乳あまい印象で、
やっぱり、おいしかったなァ・・・。




で、激レアさんを連れてきました。
( どこかで聞いた番組名 )


きれはしさん、です(歓喜)
CIMG6811

15時に薬院にいなければ。

オープン直後に伺えなければ、
きっと出会えないであろう、激レアさん。

だって、1個しかなかったですもん。


し~か~も~



実は2枚入り。
CIMG6813


クリームを内側にして、とじていらっしゃった。

開くと、思った以上に具が入っている~。
嬉しい 嬉しい 小市民。




CIMG6817

はしっこ、なので
必然的に、焼き目部分を多く食べることになります。

というわけで感想は
『 やわらか~いカステラ 』

フワッフワの生地ですが、
流行りの、シュワリと溶ける系ではなく、
ややコシがあり、もふっとしています。



CIMG6815

甘めの生地ですが、
苺が酸っぱめなのと、クリームが甘くないので
ナイスバランスです。

ミックコメルシーさんの苺のロールケーキが
とてもツボなのですが、
それとはまた違って、
お子さんが喜んで食べる、王道系。


そして、
うほほ、なカスタマイズ。

さき程の、タプタプたっぷりシュークリームの海に
はしっこをディップ!!

カスタードフォンデュにして食べちゃったぞ!
うほほ~い。
( 行儀悪くてすみません・・・ )




この日は、シュークリームと珈琲を持って
お花見でした。

CIMG6833


桜の下で、読みたいな、と。
持参した詩集、表紙がお花見にぴったりだった。


詩集なんて、普段は読みつけないのですが。
こんな風に、外で読むのには良いな、と思いました。


公園にはいろいろな音があって、
こどもたちの声とか、車の通り過ぎる音とか、
今なら、選挙カーの声とか(笑)

すごく集中して読みこまないといけない本は、
屋外読書には、向いていない気がするし。
マンガなら、ごろん、と寝ころびたい気もするし。

うん、詩集。
ちょうど良かったです。


普段は、
『缶チューハイと焼き鳥』を持参する
のみすけ夫婦の花見ですが、
こういうのも、趣があって、たまにはいいですね。




桃川菓子店
福岡市中央区白金1-6-3
15時~21時
定休日 水曜










パンストックさんのスパイスパン!



パンチ効いてるパンチキパン!!


パンストックさんのこれらのパンは、
今回の企画に合わせて作って頂いたものではありませんが、

普段は販売されていない、
イベント時にしかお目に書かれないパンを、

期間限定&週末限定で
販売して頂ける事となりました~(涙)

※詳しいことは、九州Walker 4月号で


ありがとうございます!!





カカオクローブ
CIMG6387

初お目見えのときには
『 うわ~これって、漢方薬のパン!? 』と
笑っちゃうほど、クローブ効きまくりだったこちらのパン

攻めてる!いいですね~、攻めすぎな位攻めてますね!!

という香りと味わいに、一気にファンになったのですが、
やはりあまりにもマニアックだったのか(苦笑)

ほどよく、
クローブが効いてる、多くの皆様に受け入れて頂ける、
おいしい!と思って頂ける仕様になっておりました。

オタク的には
以前の『漢方薬!』も、もう一度食べてみたい気もしますが(笑)






CIMG6389

もっちもち、むっちむちの生地。

カカオが練り込まれると、
同じ生地でも、パサつき気味になると思うのですが、
パサつき皆無!!
さすがでございます。

生地自体には甘さはなく、
ほろ苦いチョコの甘味とのバランスが丁度いいです。

チョコがた~っぷり入っているのですが、
そこへ、クローブの風味と香りがふうわり香ることで
ただの『おやつパン』になっていない。

大人のパンになっているのです。









チャイのリュスティック




CIMG6418


CIMG6420


CIMG6422


こちらも、もっちもちの高加水生地。

生地にはチャイが練り込まれていて、
断面からものすご~く良い香りが・・・

ホワイトチョコが入ることで、
ミルキーさがプラスされてますので
まさに『食べるチャイ』になっております♪








あと、こちらは、
通常メニューにありますが、

スパイスパン!として是非ご紹介したい・・・



明太フランス with クミン!!
CIMG6424


パンストックさんの名物でもある明太フランス。

そこへ、クミンが入ることで、
一気に表情がかわります。

カレーっぽくなるのかな?と思っていたので、
明太子とカレーが合うわけが無いでしょう!?という
先入観もあったのですが・・・

ノンノン!!

このふたつ、とっても、合うのです。




CIMG6427

CIMG6429


味の想像がつかないわ~!
というそこの奥さま!!

私も説明できません!!
( 説明しろや~ )



強いて言えば、
クミンのおかげで、明太が爽やかになる!?
と言いますか、
もともと、臭みなんて感じさせないこちらのパン
ですが、さらに、『良い感じ』になるのですよ。
( 良い感じってなんだ~ )


もうこれは、食べるしかありませんね
( まる投げ? )




今日のつぶやき ~結局桜餅~



もちどら、ってご存知でしょうか。

その名の通り、
生地がもっちもちのどら焼きです。

普通、どら焼きの生地って、
ふんわり、しっとり、してますね。
幼いころは、あまり魅かれるお菓子では
なかったです。
というよりも、あまり見かけなかった気がします。

強いて言えば、スーパーのレジ横で
みかけるくらいだったでしょうか?

ドラえもんが食べているから、
大好物って言ってるから、
食べてみたくて、おねだりして食べたと思うのだけど

大量生産品のそれは、生地も餡も、
幼心にも甘すぎた記憶が。

テレビではあんなに美味しそうにみえたお菓子。
念願のお菓子。
だったはずなのに、
ドラえもんは何でこれが好きなんだろう?
そんな疑問だけが残ったという。



それにしても、
鯛焼きと、どら焼きは
お江戸の文化のような気もします。

大人になって、よく見かけるようになりました。


福岡(九州)は、
鯛焼きではなく、回転焼き、
というよりも、蜂樂饅頭か。

どら焼き、のかわりは・・・何だったのだろう?
梅ケ枝もち・・・はちょっと違いますよね。
博多ぶらぶら?(もっと違う)


話がそれましたが、

もっちり生地のどら焼きは、
今では、鈴懸さんが有名になりましたが。
拙者にとっては、
『もちどら』(むか~し周船寺にあった和菓子屋さんの)
なのです。

鈴懸さんのが有名になるはるか昔から、
そこにはありました、もちどら。

周船寺の店舗は、今はないかもしれませんが、
(コメントで教えて頂きました~)
(まだ店舗はあるそうです!!)

西方面に行くと、大きなイオン等でみつけることができて。
嬉しくて、懐かしくて、
ついつい、買ってしまいます。

天神で、あまおう入りのどらやきを販売されている
お店がありますが、そちらのどらやきが、
一番近いイメージです。



というわけで、
久しぶりに、もちどらを購入し。
たまたま、
家に、『あまおう』があったので、
スライスして挟んでみました。

尚且つ、
先日も熱く語りましたが
『空前のマスカルポーネ+あんこ ブーム』
( 自分の中で )
が到来しているので、
マスカルポーネもサンド。

もうね、
のたうちまわるほど美味しかったですよ。

実はこの、あまおう。
『ホントにあまおうなのか!?』
と疑ってしまうほど甘くなかったので(苦笑)

もちどらに挟んでみよう、となった次第です。


結果。
あんこと併せるならば、甘くない苺の方が
むしろ良いかも。という感想に(笑)


そう言えば、
苺大福に代表される、フルーツ+あんこ、は

キウイ、オレンジ、ぶどう・・・

結構酸味も魅力?のフルーツが多いですね。
なるほど。

りんごは、あまり見かけない。
苺食べた後で、りんご食べると、
『あ、りんご甘~い♪』って思いますもんね。


なんだか、
ながながと、あんこについて語ってしまいました。


それもこれも、
桜の時期だからでしょうか?



そうなんです(なにがそうなんです?)
桜餅が、食べたくて仕方が無いのです。


道明寺ではなく、
ましてや、関東風の『のし餅』みたいなのではなく、

昔から、実家で食べていた
『もち米だぞ!』と主張しまくりの
米粒感まんさいの桜餅。

あれに、しょっぱい桜の葉の塩漬けを
くるりと巻いて。
もちろん、葉っぱも食べますよ。

あの葉っぱを残す人は
しじみの中身を残す人と同じくらい、謎です。

塩気と、あまみのハーモニーです。
必須。


ああ、食べたい。













久しぶりに、一本堂さん(@姪浜)



今日のつぶやき。

CIMG6683


最近、朝起きるのが楽しみです。

理由は『おいしい食パンがあるから』

しかも、3種類~(歓喜)

今朝はどれを頂こうか・・・♪
朝目覚めて、まだお布団の中にいる時から、
わくわくしいています。

今日は、久しぶりに購入した
『一本堂』さんの『ぷれーん』。


久しぶりに食べたら、
『こんなに美味しかったっけ!?』
と、ハマりまくってます。


そして、このプレーン。
最近のお気に入りの食べ方は、
パン好きさんには叱られそうな!?
禁じ手!?
『 レンチン 』です・・・汗



CIMG6695




結構密度の高い、
みっちり、しっとりした美味しい食パン。

スーパーの食パンの値段よりも、100円プラス位で、
この、『小麦使用量』の食パンが頂けるなんて、
本当にありがたい・・・



それを、
厚切り(禁断の3枚切り)にして。


※でもね、普段は3枚切りの拙者でも、
一本堂さんの食パンは密度が濃いので
(尚且つ一斤焼きなのでミミが多い♪)
4枚切り位が、
一番美味しさがわかるかもしれませんね^^。




もちろん、購入当日は『生食』致しますし、
鮮度が持つ限りは、生食、し続けます。

この食パンは、生食で食べるのが好きなんです。

で、そろそろトースト、の時期になってくる
(鮮度的に)


CIMG6692


もちろん、トーストもめっちゃんこ美味しいですよ。




けれど、生食風に食べたい。

そんなときの、心強い味方、それが『レンチン』
です。
それも、6秒、くらい。

10秒は、やり過ぎです(pantiki調べ)

柔らかくなりすぎる、ふにゃ~ってなる。


わが家のレンジの場合、6秒。
これで、
購入日当日の、生食のような雰囲気を
ほぼ、再現できる(と思う)。


CIMG6696
(分厚い背中)


しかも、微妙に温められた生地の内側からは
発酵の香りさえも蘇るのです。
たぶん、イースト使用の食パンなのですが
まるで酒粕のような発酵香が鼻腔にのこる・・・

そこへ、
カルピスバター。

CIMG6666

(とあるテレビ局にて)
(実は今日が放送でした。←常に事後報告。いまだに恥ずかしい)



塩味控えめの、毎日食べることを意識して作られた
プレーンな食パンには、
無塩バター+塩 がしっくりくる。

で、ここで気づきます。
お店に並んでいたのが有塩バターだったので、
不本意ながらも!?
かなり久しぶりにカルピスさんの有塩を頂く。

すると・・・

あれ!?

おいしい!!

いやはや、すみません。
昔食べた時、『うわ~塩が強すぎる!!』
『カルピスバターの良さがわからん!勿体ない!』

と、感じて以来、
カルピスバターは無塩しか買っていないのです。

でも、今回『特選』だったから?
(昔買ったのは、ポンド売りの銀紙に包まれたもの)
(冨澤商店にて。業務用カルピスバターと書いてあったような?)


それともレシピが変更されたのか?
塩梅はほどよく、ちゃんと『乳乳しい』味がしました。


さすがですね。

パンと一緒に販売しているバターです。
このパンに合わせて食べて下さい、
と言っているようなものです。
この食パンにとっても合います。


生食にハマっているのは、
このプレーン食パンの良さが一番味わえる!と思うのと、
拙者のバターの食べ方に、合うから、です。

前々から申しておりますが
『良いバターほど、齧るべき』です。


溶けてしまうと、その特徴がわかり辛い。
勿体ないァ、と感じること多し。



バターをカットして、
口に含む。
口中で蕩かして、その余韻の中に、
むっちりと、ふんわりと、
微妙に、地味に、温かいかな?くらいの生地を
ほおばるのです。

口中で、
最高の、
マリアージュ~!!!!(感涙)



テレビでは、トーストしてから食べてましたが、
(パン好きさんに叱られそうなので 笑)
実際は、
この『ぷれーん』に関しては・・・
レンチン・・・推奨・・・
(↑↑ 鮮度が落ちてきたら、ですよ~)


いやはや、
チェーン店でありながら、この美味しさ。
食パン専門店では、ダントツにお気に入りです。

というよりも、食パン門店の中では、
今のところ、一本堂さんしか、買わない。



添加物は加えず。
シンプルで。
小麦や乳製品、その他素材の味が
しっかりわかって。

お値段も、お手頃価格で
生活に寄りそったパン=食パン 
のことを、とてもわかって下さっている。


町のパン屋さんを脅かす存在ですね。

また食べたい!
買いに行きます~^^



焼き立て食パン専門店『一本堂』
福岡姪浜店

福岡市西区下山門3-3-1
定休日 日曜
9時半~19時










記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC