ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

2019年08月

新麦コレクション その3



その3と言いますか、
まとめ、です。



さて。

美味しいパンたちと、
素晴らしいレシピ、

パン屋のみなさんの、素晴らしい動きに感動しつつ・・・



今度は、
パンに欠かせないもの、
そうです、『粉』!


粉に関わる方々から、
粉についてのお話しを。




CIMG8585


個人的に、この日一番お世話になったのがこの方です(笑)

受付嬢(婆?)
の任務を、無事に果たせたのも、こちらのIさんのおかげです。
ありがとうございました!


粉に関わる方々。

それは、生産者さんだったり、製粉会社さんだったり・・・

でも、みなさんのお気持ち。

美味しく食べて欲しい、
この粉を使って欲しい、
そういうお気持ちを伺えるのも、
この講習会ならでは、ですね。




そして、そして・・・
CIMG8596

オオトリのイベント!
スターシェフ&ろのわさん の、トークショーです!!


ゲストに、日本で一番勢いのあるパン屋さんと
言っても過言で無い!365日(@お江戸)の
杉窪シェフもいらしてますよ!(涙目)



凄過ぎる面々に、カメラを持つ手も震えます。


お話の仕方にも、内容にも、
シェフの個性や考え方が如実に表れていて、
とっても面白かったです。

パン職人、という意味では同じですが、
考え方は、
千差万別。

でも、やっぱり、
パン職人、なので、
根は、一緒。





個人的に、神テーブルだった、最後列。

CIMG8532

こういう並びで、パン売ってくれたら
狂喜乱舞致しますよ。




******************


この後、
懇親会があり、


CIMG8599

パン食べ放題です(感涙)


う、嬉しすぎる!!!

でも、一応スタッフなので(苦笑)
ドリンクコーナーで立ちつくしておりました。
( あ、あとでちゃんと貰えました^^ )


普段はお忙しそうで、
話しかけるのもはばかられるシェフたちと、
お話しできたり、質問できたり。

あの人とこの人を、会わせてみたい!が叶ったり。


とっても嬉しかったです。



最後にまとめ、と言いますか、
参加させて頂いた感想、を書かせてください。


それにはまず、
最近友人に、『ここ最近で一番良いこと言った!』
と(笑)褒められた言葉から書かねば、なのです。



拙ブログのタイトルは、
『ぱんフレット。』です。

常々、
パンのパンフレットになれたらなあ、という
想いを込めています、とご説明はしています。


でも、もう少し長く話させて頂けるなら、
こう、付け加えています。


『 大人になったら、人って、
教科書はなかなか、開かないんと思うんですよ。
よっぽど、勉強しよう!と思っていない限り。

なので私は、ぱんフレットでいい。
ぱんフレットが、いいんです』 と。



今回のような講習に来られる方々は、
教科書を開く方々です。
ちゃんとお金を払って、学ぼう、何かを得よう
と、パンに真剣な方々です。

なので、私のような『ぱんフレットでいい』、
と言っているものが参加しても良いのだろうか
と、一瞬、悩みました。

勉強も何もしていない、素人です。

でも、
ステージは違えど、想いは一緒です。

パン愛、あふれてます。



前述通り、よっぽどの想いがないと、
どのジャンルにせよ、教科書を開く方は稀です。
そして、
パンを買う方々の9割は、私を含め、普通の人です。
開かないひと。

でも、
農家さんがこんなに努力をして、
製粉業者さんがこんなに努力をして、
パン屋さんがこんなに努力をして、

そしてようやく出来上がったパンたち。

教科書を開かない人たちにも、
ちょっとだけ、
『美味しく食べる努力』をしてもらえたら。

そしたら、
みんなの努力が、結びつくよね。


だから、
教科書を開いてくれたみなさんの想いを
ぱんフレット。で伝えていく。

パンを作れない、学もない自分に
引け目を感じていたけれど、
これはこれで、役割分担だと、思っていいのかな。


みんなそれぞれ、役割、がある。

作る人、
育てる人、
伝える人、
食べる人。



そう、感じさせてくれました。



教科書となる、講師陣の素晴らしさ。
後進を育てていく姿、考え。
これからの小麦は、どうなるか。どうするか。

受講されている方々の、前を向く姿勢。

某シェフがインスタで仰ってましたが、
本当に『未来のある、講習会』です。
『 未来を向いている、講習会』です。



来年も、また開催される予定です。
プロアマ問わず
『 パンに関わる全てのひと 』 に
来て欲しい講習会です。



そして、
こんなに素敵な講習会を『伝える君』などと、
ふざけて報じやがって!と不快に思った方がいらっしゃったら、
ごめんなさい。

でも、
個人的に、
教科書、で思いだすのが学生時代の授業なんですが。


優しい先生、キレイな先生、真面目な先生。
多くの先生が授業をして下さいましたが、
一番覚えているのが
『 面白い先生の授業 』だったんです。



古文の助動詞を、歌にのせて教えてくれた先生。
おかげで今でも、助動詞が全部言えます(笑)

お経のように単語を叫ばせる(大声強要 笑)先生。
おかげで、英単語、結構覚えられました。


覚えてもらう上で、
笑いって、大事だな~と。


ある日、
教科書を開かないひとが、
パンを買って。

ふっと、ぱんフレット。のことを思い出してくれて、

『そう言えば、なんか馬鹿そうなブロガーが
次の日のパンは焼き戻せ!と言ってたなァ』なんて
半笑いで呟いてくれて。

そのまま食べそうだったクロワッサンを焼き戻してくれたら、
これ以上の喜びはありません。


前を向くプロジェクト、とでもお呼びしたい。

パンに関わる人たちを、
『輪』 にしてくれる、講習会でした。



じぶんの話ばかりになってしまい恐縮ですが、
感想を書くのが一番、
伝わるかな、と思いました。




この講習会に関わって下さった全ての方々に、
心から、感謝!いたします。





pantiki




























トランテトロワさん、今日から!!




再スタートされます!!
おめでとうございますっ(涙)


CIMG6205



再オープン日に行けてないので、
画像は無いのですが(汗)

若いのにしっかりとうね~!(親戚のおばちゃんか?)
な、ご夫婦が、
新しいこと、始めてくれます。


ぜひぜひ、
新生トランテトロワさんに、行ってみて下さいね^^




Trente Trois
(トランテトロワ)
福岡市中央区平丘町1-5

※今のところ
12時~18時
定休日 月曜&火曜

の、予定だそうです。
今後、変更が有るかもしれませんのでご注意を。








新麦コレクション その2



ハイサーイ!!

(福岡ですよ)




伝える君がエイトビートでお送りしている
シ・ン・ム・ギ・コレクショ~ン♪

( いつエイトビートに? )
( 昭和バブルのディスクジョッキーと勘違い中)


その2も、ノリノリで!(見捨てずに)
お付き合いくださ~い。



****************


その1では、
平子シェフの、魅惑のフィリングを使用した
サンドイッチ等々をご紹介いたしましたので・・・


今回は、
新麦コレクションならでは、
この日だけの『パンそのもの』
に、スポットライト!(←バブル風がしつこい)



CIMG8589

マツパンの松岡シェフの、オレンジオイル食パン。

これ、クリームチーズも入ってるんです!

しっとり、むっちり。

そして、『オレンジオイル』と名乗る位ですから、
もちろん、その香りの豊さたるや・・・
脳殺されます。




CIMG8568

そして、今回とっても嬉しかったこと。
それは、講習会としては当たり前なのでしょうが、
『レシピを拝見出来た』ということです。

パンオタ故、
常々、
『うわ~このパンの甘味って、粉?バター?砂糖?』
『粉だけの甘味だったら凄いよね!』
なんて、ひとりのときも、呟きながら食べております。


ですので、
レシピを頂いて、
『ああ、このパンは他のパンよりお砂糖多目なんだな』
『コクのある甘味。このお砂糖は、拘りのお砂糖なんだな』

と、一目瞭然なのが、すっごく嬉しかったです。
ストレスフリー!(笑)


オレンジの香りと相まって、
他のパンよりも、少し甘めの生地を頂く・・・
すると、もはや、スイーツと言いますか、
もちもちの食感も功を奏して、
これに生クリームとかサンドしちゃったら
オレンジ挟んでないけど、
オレンジフルーツサンドみたい!と
テンションあがっておりました。



松岡シェフのパンは、まだまだ続く・・・



個人的、この日の1番ヒット!かもしれない。
CIMG8590


ロゼブロ~ト~!!(これまたドラえもん風に)

ロゼと言っても、薔薇酵母とか、薔薇練りこみ、
とかではありません。
見た目が、バラ。になるように成形されております^^




何が1番ツボったかと言いますと・・・


この、皮!!でございますよ!!
CIMG8579

クラスト、ではなく、あえて『皮!』と呼びたくなります。
(漢字の方が、インパクト&字面に圧力がある気が?笑)

拙者、ガリゴリのハード系が好きなので、
最近あまり見かけない『分厚いクラスト』に飢えてまして。

そんな『分厚いクラストロス』の拙者に、
松岡シェフが、4次元ポケットから出してくれましたよ!
この、ロゼブロ~ト~!を




でもね、松岡シェフ凄いなあ&面白いなァって思ったのは、
分厚いけれど、バリンッ!て砕けるんです。
粉々になるわけじゃないけれど、
イメージは、そんな感じ、そんな食感。

なので流血はしません(笑)

粉(新麦)の違いでしょうか?
ミキシング?


加えて、
拙者好みの、強めの塩。
効いてますね~。




CIMG8582


対して、クラムは、と・ろ・け・ま・す♪

この対比がすごいから、
余計にそれぞれが際立って感じられたのかもしれません。

遠くにほんのり、酸味を感じるのですが
これが、強めの塩と相まって、
粉の甘味を際立てます。

おいしい!!





そして、
これまたツボだったのがこちら。
CIMG8598

全粒粉クロワッサンです!

ふすまクロワッサンとでもお呼びしましょうか、
この日初めて知ったのですが、
ふすまを、とあるパーセント以上含むことで
『全粒粉クロワッサン』と名乗れるようなのです。



見た目から、ザックザク♪
CIMG8569


粉の甘味を堪能してもらうために、
あえてお砂糖は控えめにしました、と松岡シェフ。

うんうん、すんばらすぃ~です!!
粉の甘味と、バターの風味が、すんごいです!!

で、
驚くほどに、ガリゴリ。笑えるくらいガリゴリ。


この歯触り、なんだかスコーンに近いかも
と思ってしまいました。

全粒粉スコーンって、以前書きましたが
お砂糖甘いものが多いので、
この生地で、この甘さで、スコーン作って欲しい~
と、思っちゃう。





みっちり詰まった断面ショ~☆
CIMG8571


で、少しお持ち帰り出来たので、
焼き戻してみました。

すると、
バターが蕩け、生地が空気を含んで解けて、
食べ易い、いわゆる『クロワッサン』の食感に。

でも、儚い感じにはならず、しっかり目の
好みのクロワッサンです。


普通は、持ち帰って、しんなりした生地を
パリッ!とさせるために焼き戻しますが。
焼いた方が柔らかくなるクロワッサン、
初めてかもしれません(笑)

美味しかったです。





試食は、他にも頂きまして・・・

こちらは、味噌くるみ。
CIMG8578


むっちりとした、噛みごたえあるフランスパン生地に、
くるみがたっぷり!

味噌は、意外と控えめのように感じました。





こちらは、
前出のオレンジオイル食パンの生地で・・・
CIMG8576



ホワイトチョコを包み込んだもの。
CIMG8575

拙者が『生クリーム挟みたい』なんて思っていたのを
見透かしたように(笑)

スイーツ仕様のプチパンも用意されていましたよ。





で。
もうひとつ、ど☆ハマりだったのが・・・
CIMG8599


この、コッペパン型のパンと
その奥に見えている、丸パンです。


(おそらく)パンドミジャパン、という
新麦と、米粉を使用したパンを
それぞれコッペ型、丸型に焼かれたのだと思うのですが、
これがもう、甘い!粉甘い!
そして、
しっとりもっちりにも、程がある!!(笑)

これは、
創作意欲を掻き立てるパンです。

なんかいろいろ挟みたい。
スイーツ系も、お惣菜系も、
どちらでも、でも受け止めてくれるでしょう。

でも、悩ましいのは
『 そのままでも美味しい 』ということ。

そのまま、バター付けて食べても
めっちゃ美味しいのです。

もう!罪なヤツめ♪ 
 




******************


ハァ、ハァ、、、、


伝える君、またもや息切れです(ヘタレだな~ 汗)


最終回となる(多分)その3も、
見てやっておくんなさいまし・・・












新麦コレクション その1


なるべく、
丁寧に書かせて頂きたく。

何回かに分けて、ご報告させてくださいませ。


まずは、
その1 から。




先日、たくさんの参加者さんたちと、
いまをときめくシェフたちと、
新麦に関わる素晴らしい方々を集めて催された


CIMG8547

こういう催しに、
スタッフ(というのもおこがましいですが)として
参加できたこと。

とても、
光栄に思います。

声をかけて下さった、パンラボ池田さんに、
心から、感謝です(涙)


当日は、
お手伝いというほどのお手伝いも出来ず(汗)

でも、
池田さんとの事前のやり取りで、

拙者、

暴れる君として!

・・・じゃなかった(暴れてどうする)

伝える君として!呼んで頂いた、
と理解しておりまして。


そうなんです、
このメンバー、加えて、この参加者さまたち。
『作る素人』の拙者には、全く出る幕はございません。
( せめて、受付とか雑務くらい )

素晴らしいものを作りだす方々が揃っていらっしゃる、
それを、
伝える。

身に余る光栄。そして、プレッシャーも感じつつ。




パンラボ池田さんのご挨拶で、
講習会スタート。
CIMG8530


この日供されるパンたちの説明、レシピ等々
みなさん、真剣に聞いておられます。

まずは、パンストック・平山シェフから。


この講習会の凄いところ、
たくさん、たくさん、有りますが。

講習会初心者の拙者は、全てに驚いていました。




なぜなら・・・

まずは、こうやって、
焼く前の生地を、シェフ自ら参加者さんたちに見せて周り・・・
CIMG8558



触って良い!

なんなら、食べても良い!


CIMG8560


ぷくぷく、膨らんでいる途中が見えて、
焼く前の、発酵の香りとか、風味とか、柔らかさとか
ぜんぶ、感じることが出来ます。

ちなみに、画像はノアフランス。


この、ノアフランス、ものすっごく美味しかったです。

パリッパリのクラスト、
しっとりと蕩けるようなクラム。
そこへ、クルミがたっぷり!

この蕩け具合は、
この場じゃないと味わえなかったでしょう。

出来たての状態で、
なおかつ、
新麦を使って、

なおかつ!!
すごいフィングをのせて、焼きあげた状態で
頂くことができたから・・・


CIMG8535

じゃじゃん!!
凄いコラボです。(凄いって何回言うのだろう)

アマムダコタン(ヒラコンシェ)の平子シェフが、
このパンに合わせて作って下さったのが・・・

CIMG8591


とうもろこしの『さばき方』も、
目からうろこ。

そのおかげで、さばく時には美味しい汁は、こぼれ出ず、
口中で、プシャー!!っと出る!!
プッティプティ~♪と、はじける!のです。




ベシャメルソースの水分もあり、
もともと、しっとり&口どけの良いクラムは、
もはやベシャメルと一体化!
いっしょに蕩けてゆくイメージです。
CIMG8553


平子シェフの『目からうろこ』は
ニンニク使いにもありまして。

この方法だと、『匂い』ではなく『風味と旨み』
が残るのですね。

う~ん、素晴らしい。


目からうろこ、は一応内ショにしておきます(苦笑)
参加者さんたちが、お金を払って得られた知識ということで。





すんごいコラボはまだまだ続く・・・
CIMG8586


カ、カレーですよ(感涙)

カレーのコツも聞けるなんて、嬉しいことこの上ない。


CIMG8592


パンストックの生地に、
次々と詰め込まれていく、アマムダコタンのカレー。

贅沢すぎるコラボです。


CIMG8543


で、
揚げてないのに、揚げるよりもサクサクのカレーパン
完成です。




コーンフレークか!
というくらい、サクサクなんだけど花弁のように薄いパン粉。
CIMG8551

詰められたカレーは、しっかり辛い。
いい意味で、カレーパンのカレーではない。

スパイスと、具材を、しみじみ味わいたくなる
スパイスカレー。






そして生地。
CIMG8552

オシリ側を見ると、わかりやすいです。

アマムダコタンさんのメロンパンを
召し上がったことが有る方ならば、わかりやすいかと。

まわりがザックザクなんですが、
内生地は、も~っちりと水分を湛え、
ムニ~ンとした歯ごたえ。
いままでカレーパンで味わったことが無い人も
多いであろう、そんな新☆食感です。





まだまだ、あるぜよ。

CIMG8545

平子シェフの手元が見辛い席の方々も、
こうやって、手元を映したカメラ画像を見ることができます。


これ、
この豚さんの分厚さ。
伝わりますでしょうか?

こんなに分厚かったら、
普通は、フライパンでは火が通りませんよね。

でも、そこはちゃんと考えてあります。

たらららったら~♪
『 て~いお~んちょうり~ 』
( ドラえもん風に読んで下され )


そうです、
秘密の低温調理器で、しっとりと、ゆっくりと
火を通された豚さんに、焼き目だけ付けるイメージですね。



CIMG8538


それに合わせるパンも、
次々と焼きあがっておりますよ~。

もうね、
ほんとにね、
こういうのって、
みなさま主役、なのだなァって。

感動せずにはいられなかったです(涙)


スーパーシェフが勢揃いなさってますから、
勿論、その講演、レシピ、お点前等々を
拝見出来るのは嬉しいです。

でも、

それに加えて、それに負けないくらい、感動するのは
各シェフのお店のスタッフさんたちの、動き、です。

パン屋さんの日々のお仕事とは違うでしょうが、
その一部を垣間見せて頂いている感じ。

チームワークとか、
信頼感とか、
気づかいとか、
お点前の素晴らしさとか、
パンに向き合う姿勢の真剣さとか・・・


スタッフさんたち、そして
製造のお手伝いを裏方で仕切って下さっていた
noan の田村シェフ、ブルージャムの桜井シェフの存在の
心強さと言ったら・・・


みなさんが、主役でした。
心から、拍手、でした。


結構『プロ向き』の講習会だなァ、って感じてます。
でも、
こういう『パン屋さんの凄さや日々のご苦労』
を垣間見れることは、
パン好きとしては、かなりの報酬です。

なので、作り手さんだけでなく
全てのパンに関わる人に来て欲しい、という
新麦コレクションのコンセプト、
すごく、すごく、伝わりました。






CIMG8557

感動しながらも、
お腹は減る・・・(笑)

もうね、カレーの匂いとか、
肉汁溢れる断面ショ~見せられて、
お腹が空かないひとがいるであろうか!!

拙者も、早く食べたくて食べたくて・・・
ほんとに暴れる君になりそうでした(笑)






CIMG8593


栗豚さんの、旨みをこれでもか!と凝縮したステーキ。

それに合わせるシンプルなパンは、
不思議なくらい、食感が良い。

きちんと水分を湛えつつも、
もっちり、ではなく、さっくり。歯切れがいいのです。




CIMG8566


シュンでますねぇ(感涙)

こんなに『シュンでる』断面のお肉。
なかなか、レストランでもお目にかかれない。

肉汁じゅわ~!ではないのです。
こぼれたら、勿体ないじゃないですか!!
こぼさないわよ!
逃がさないわよ!!
と、
女王さまが、内部に旨みも汁も、ぜ~んぶ閉じ込めてます。
( 誰やねん )


なので、
前出の、とうもろこしよろしく、
こちらも、外ではこぼれず、口中でスパークするのです!!

さすが、平子シェフ。




CIMG8564


塩梅についての説明も、
ポン!とひざを打つものでした。


何から何まで、
ぜんぶ、考えられています。
考えて、組み立てられています。
ひとつとして無駄なことが無いのだなァ。





*********************

う~ん、
内容が濃過ぎて、
伝える君、だいぶ息切れしてきましたよ(苦笑)


まだまだ、
続きます。

何卒よろしく、お付き合いくださいませ・・・!!




ルーツさんにも新商品♪



ほそぼそやっている、
インスタグラムの方には
ベッカライアロさんの新商品を
チラリ、と載せておりますが・・・


ルーツさん(@薬院)にも
新商品(と言いますか夏季限定品?)
が、出ておりますよ~。







まずは、
定番商品の方から。


これ、食べたこと無いです~新商品ですか?
と言ったら・・・

ずっとありますよ!
と突っ込まれた品です(苦笑)
CIMG8165





ローズマリーとオレンジピール
CIMG8170

長いので、半分にちぎってから撮影。





オレンジピールたっぷり!
CIMG8181

エピ等と同じく、バゲット生地。

むっちりと噛みごたえのある生地は
焼き戻さなかったら、顎が疲れるくらい(笑)
咀嚼甲斐がありました



良い焼き色のオシリ側~ パチリ☆
CIMG8173




レバーパテを合わせるイメージで作った、
とシェフが仰っていたのですが・・・



何というミラクル、
その日、うちに有ったんですよ!レバーパテ!!
( けして自作では無い ← わかってま~す )
CIMG8179

うわ~、めちゃくちゃ合います・・・
このパンとレバーパテ!ワインが進む君~♪

ローズマリーの香りが、
レバパテ苦手な方ならば感じるかも?な臭みを
緩和してくれますし、
( 拙者はレバパテLover なので元々感じてませんが )

オレンジピールのほろ苦さと、甘酸っぱさが
甘 & 塩 & 酢
の、おいしさトライアングルを作り上げてくれます。

これぞ、マリアージュ~♪









そして、新商品はこちら・・・


コッペパン!!
CIMG8182


ルーツさんがコッペパン!?
と、思いましたが、
さすが、ルーツ流のコッペパンは、
あーゆーのではなく(どーゆーの?)
やっぱり、ちゃんと、美味しかったです。




全粒粉入り?
ツブツブ見えま~す♪ので、裏返す~☆
CIMG8185

しっとり、もっちもち。
結構加水率高めの生地です。


塩味が程良く、
食感も良いので、

単体でも、勿論美味しいのだけれど
なんだか、いろいろサンドしたくなる・・・


と、
思っていたら。
そうです!

こちらは、サンドイッチ用に作られた品なのです。
( コッペパン単品では販売されていません )





どのくらい、サンドイッチに向いているかと言うと、

ものぐさで、
生地だけで食べるのが好きで、
自分じゃサンドイッチなんて、滅多に作らない
( 除 ・ タマゴサンド )

ましてや
『甘い系のサンド』なんて、作ったこと無いかも!?

な拙者が・・・



作ってしまったと言う・・・
CIMG8189

こんな拙者の創作意欲を目覚めさせるとは!
どれだけサンド向きのコッペパンなのかが
お分かりになるかと!?


作品名は(←おおげさ)

あんこ&抹茶クリームチーズ です。

そうです、
この時に、『この組み合わせは、いいね!』と
感じてましたので、
この日、自宅にあるものを見まわした結果、
こちらを作ってみることに・・・




CIMG8191


たまには、自作も、良いですね。

あんこの量も、
クリチの量も、
クリチに混ぜ込む、抹茶の量も、

as you like !!

お好きなように~♪ です^^


最後に『追い抹茶』で、振りかけてますし(笑)

ルーツさんのパンのおかげで、
われながら、美味しいサンドが出来ました。


CIMG8167

このコッペパンは、
↑↑ 常連さんお馴染みの、お惣菜サンドイッチに
期間限定で使われております。


しかも、個人的に
マストバイ!ではないか?
と、思っているのが 『 パッタイサンド 』!!

パクチーが添えられた、
アジア~ン♪な味わいが、夏にピッタリ!なのは勿論ですが、

そう、
ルーツ・三浦氏の経歴をご存知の方ならば
ピン!と来るはず。

大阪の名店、ルート271で
スーシェフを務められていた氏。


ルート271の名物のひとつ、と言えば
開店直後に完売しちゃう『タイ風焼きそばパン』です!!
( 個人的には、プレミアムタマゴサンドも気になる 笑 )


そんな元祖の血を受け継ぐ味が
ルーツ流のアレンジを加えて食べられる!
( と、言ったら大げさか!? )




というわけで、
お勧めです^^








THE ROOTS neighborhood bakery
福岡市中央区薬院4-18-7
9時~ 19時
定休日 月曜

※毎週火曜日は、ベーグル&食パンの日









記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC