もうね、
Upが追いつかない程、食べとります。



カテマオ(@京都府・長岡京市)

CIMG6849

京都の人気カフェのスコーン。

お土産でもらうまで、お店の存在も知らなかった(汗)
昔は、あんなに京都の喫茶店とパン屋さんが好きで、
調べまくっていたのになあ・・・(遠い目)

また、行かねば!
そう思わせてくれた友人に感謝です


CIMG6850

日替わりで焼かれるスコーン、
この日は、チョコチップジンジャー。

プレーン派なのに、ごめんね~だなんて、
とんでもございません!!

お土産とか、おすそ分けって、
自分で選ばないものを食べられるチャンスでもあると
思うのです。

逆に、感謝!ですよ~。

見た目ど~り、チョコチップもりもり!!
見るからにアメリカンスコーンですが、
食べてもアメリカンスコーンです。


焼き戻すと、表面ザクザク!
内生地ほろほろ。



CIMG6851

すっごく甘そうな見た目に、
老いた胃袋は、ひるんでおりましたが(苦笑)

そこまで(あくまでも見た目より、ですが)甘すぎず。
おそらく、ビターなチョコチップなのかと?

ジンジャーは、チョコの量に比べて、
ちらりと顔を出す程度でしたので、
もう少し入っていたら嬉しいな、と思いました。


クリームをた~っぷり塗って口に含むと、
口中で『ショコララテ』みたいになる!
と言いますか、マスカルポーネ塗ったので
『ティラミス』っぽくさえもある!
おいすぃ~♪
これは新発見です。






AOGU(@佐賀)
CIMG8634


CIMG8638


CIMG8641


CIMG8643


AOGUさんは、
スコーンも美味しかったけど、
この、ブルトンヌが!!めっちゃ好みでした~♪


CIMG8777


CIMG8778


CIMG8780


CIMG8783

ガレットブルトンヌ、ではなく、
ブルトンヌ、という商品名。

気になって調べてみたら(オタク気質)
本来ガレットとは、
丸く薄いもの という意味があるらしいですね。

なるほど~、AOGUさん素敵!!
確かにこれは、薄くない!!分厚い!!

バゲットを
バケット(バケツの意味)と書かれると
ムズムズする拙者としては、
こういう『言葉の意味も大切にしている』店主さん、
惚れてしまいます~♪




何気にお初!だったベノア~!!
本場イギリスの有名店ですよね。
CIMG8475


キレイな見た目。
理想的なオオカミの口の開き具合に、うっとり。

流石、英国伝統のお店です。

大きさも、日本のものより大きめ。
手のひらいっぱいになります。




英国伝統でも裏返す~☆
CIMG8478

大きいので、食べきれるかな?おやつには多い?と
思っていたのですが、
モフッと軽く手で割れる生地は、意外にも軽め。

パン、とまでは言いませんが、密度が軽いので
ペロリとたいらげました(笑)




CIMG8481

ふわっと柔らかい生地は、焼き戻しても
表面もガリガリにはならず、
頭とオシリも、噛むとカリパリッと割れるイメージ。

内生地は、軽いと言えど、
モソッとして、口中に張り付く食感は、
まさにクリームティーにぴったり♪

そして、絶妙な甘味。
砂糖甘さは前面に出ず、ミルキーな甘味で。
そのままでも、いけるけど、
クリームとジャム、つけたくなっちゃう!という
さすがの味わいです。

そして、気のせいかもですが、
BP?か、粉?かはわかりませんが、
いつもと違う風味を感じます。
海外の風味?(どんなんだ)


普段頂くスコーンって、国産小麦がほとんどなので
水とか、粉とか、もしかして、バター?
が違うんでしょうね^^





******************



スコーンのカテゴリー。
一応『福岡』って書いてるのに・・・

京都・佐賀・イギリス(笑)