今年のシュトレンの会は、

12月8日(日)に開催予定です^^

詳細はまだ決まっておりませんが(汗)
おそらく、11時半か、12時開始
1時間半~2時間を予定しております。

もし、現時点で
参加希望の方がいらっしゃいましたら、

pantiki1008☆ktj.biglobe.ne.jp
( ☆を@に変えて下さい)

まで、メールをお願い致します。^^
先着順となりますこと、ご了承頂けますと幸いです。

(場所は六本松 fusuku coffee さんです)



******************


ブレッド&サーカスさんのパンの感想も
書きたい!
のですが、

あまりにも日記が溜まっておりまして(汗)

例によって、カスタネット方式で、
いかせて頂きます!!

( B&C ランチ B&C スコーン B&C・・・)



***************

というわけで、

ちょっとお久しぶり?
のスコーンハンター放浪記です


いやはや、も~う、
かなり好き!なスコーンに出会えました。


ひとりで食べているのに、
くううぅ~って、言いながら、
裁判長みたいに、
テーブルをグーで叩いてますからね。
(あれは木槌使ってますよ)



それがこちら、

フードラボラトリーヤナガワ さんのスコーンです。
CIMG8981

お店のインスタグラムで、拝見したその日から
『 ぜったい美味しい・・・食べたい・・・ 』
と指を加え続け、早幾月。

お名前どおり、所在地は、柳川。

ペーパードライバーの拙者には
ハードルの高い立地です。


それがなんと!
無印良品・大名店さんに出店されるとな!!


行かねば行かねば~と馳せ参じた次第です。
( 数カ月前のハナシです・・・ )




上の画像の、見事なまでのオオカミの口!

そして、ツヤンツヤンの頭頂部~(感涙)
CIMG8988


やっぱり、まずは、プレーンです。

石臼挽き全粒粉を使用した生地からは、
お醤油のような香りが!

美味しいパンではお馴染みのこの香り、
スコーンでこの香りは、お初!?


というわけで、のっけから大興奮。

ワクワクしながら焼き戻しますと・・・

表面は、カリッカリ。
内生地は、しっとり&モソッ&ふわっ!






CIMG8990

素材の甘味のみ、という印象。

いやらしくない、べたっとしない、心地いい甘味。


じわじわ、噛むほどに広がる、
優しく、でも、確実に伝わる甘味です。




CIMG8986

何も付けなくても美味しい、
いや、
何も付けたくない!
いや、
でも、クリーム系合うよねきっと・・・


と、やきもきしちゃう(笑)ゼツミョーな
粉感と、甘味。

そっか!これを感じて欲しいので、
まずは、必ず!何も付けずに食べて下さい!




CIMG9000


あまりにも、粉甘さが印象的で、
インパクトが強過ぎて。
『乳』の印象が残っていないのですが(すみません・・・)

でも、それでもいい(なんだそりゃ)

オシリ側とか、周りぜんぶ、全粒粉のクッキーみたい。
ビーガン?じゃないのに、なんだか、ビーガンのようにも
感じる・・・
そういうナチュラルな雰囲気なのです。


内生地の、ややしっとり感強め、でも
スコーンらしいモソッと感もかなり好きで・・・


これはぜひまた、食べたいです。






緑茶・小豆・甘栗のスコーン
CIMG8975

プレーンだけしか買わない今日この頃ですが、
緑茶!
抹茶じゃなくて、緑茶!なんですね。
それが珍しいのと、

もうひとつ、こういう生地『あるある』の、
『ホワイトチョコ入り』ではない!のが
うんうん、私と同じ嗜好のひとなのかも?と
勝手に嬉しくなったので(笑)




緑茶の香りがぶわわわ~ん!スッゴく香ります。
CIMG8976

抹茶では無く、緑茶だと、はっきりわかる、素材感。

見た目通り、アメリカンなスコーン。

周りは、カリッカリのクッキーを食べているようです^^




CIMG8998

中は、しとっ&ふわっ&もほっ(モソッではない)

好みストライクはイングリッシュスコーンの拙者。
ですので、どストライクとは違いますが、
それは、見た目から、わかりきっての購入。
なので良いのです。

でも、ちゃんと口中の水分をもっていく、
スコーンならではの食感もあります^^

甘さは、周りは甘く感じますが、
全体的に、甘すぎる印象は無いです。

緑茶の風味と香りが功を奏し、

小豆と甘栗もそんなに甘くなく、
そのホコッとした食感は、スコーンらしい食感を
出すのをサポートしてくれている。

ですので、いつもは粉を流し込む役割のクリームを、
甘味をベールに包み込む感じで、付けてみました。

プレーンとは別物ですが、
これも美味しかったです。








CIMG8992


スコーンは、本当にシンプルな材料で出来ているので、
素材に拘って下さると、
美味しさが浸み渡りますね。

いつか、お店の方にも、行ってみたいです^^


ごちそうさまでした!!



food laboratory yanagawa
フードラボラトリーヤナガワ
福岡県柳川市隅町22