クフ。

食う。

食ったど~!!!


CIMG2084

アルティザンさん(@大手門)のマロンパイ。

食べたこと無いの!?
食べるべきだよ!!

と、言われ続けること、はや幾歳月(大げさ)

でも、ほんっとに沢山のひとから
薦められていたのです。

ようやく食すことができました。

そして、
感動しました。
美味しくて。

後悔しました。
今まで食べなかったことを。
 


そんなに大きくはありません。
でも、
ずっしり、重い。
CIMG2085

嬉しい密度。
美味しい密度。
小さいパイの中に、美味しさと幸せが
ぎゅうううっ!と詰まっておりますよ。



まずは、パイ生地。

さくさく、
でも、軽過ぎない。
バターの風味はちゃんとあるけど、べとつかない。
いわゆる、よくある、パイ、の生地では、無い。

さくさく、後(のち)
しっとり、
もそしと?

ほどよくあまい、
ほんとうに、ほどよい。
甘過ぎないのも嫌だし。
でも、甘すぎると、
バターの風味がわかり辛くなる、
バターの油脂感だけのパイ生地では無く、
油脂感と同時に、ミルキーな風味も感じさせる
甘さと、塩梅が、ほんとうにほどよい。

バターと粉が、
火を入れられることで、昇華した、
そんな風に感じてしまう。そんな香ばしさ。


CIMG2091



上層部の、
この、折り込みというか
『折り込まれている』のがわかるぶぶんが、嬉し過ぎる。
層が厚めなのね、とわかって、更に好み過ぎる。
色も良いですよね、灰色味がかっていて。

ここが凄く、ほこっと、シトッと、している。
少しスコーン?ぽい。
ここも美味しい。




お待たせしました、断面ショ~☆
CIMG2088



大粒の栗がゴロン、と鎮座。
CIMG2089

ほっこほこの渋皮煮。
黒糖で煮てあるそうで、
なるほど、の甘み。

こっくりとした、
優しく、
でもしっかりとした、甘み。

おおぶりの栗なので、中央部分はしっとりと。
これも甘さがほどよい。
かつ、
お酒?なのかな、華やかな風味がします。

調べてみると、
バニラビーンズとアルマニャックで 香り豊かに仕上げた、
とのこと。
流石のひと手間。




CIMG2096



周りにはペーストも、
ここにはアーモンドダイスが。

アーモンドを挽いたクレームダマンドだそうです。

ここにも、ひと手間。
すばらしく、恐ろしく、手のかかったマロンパイなのだ。





栗の風味が前面に出ていて嬉しくなる。
ちゃんと、主役。
(でも、パイ生地も主役張りに美味いしいけど)

栗の風味を存分に味わえて、
それを包み込むパイ生地みごとさ。

下手なモンブランを買うなら、
こちらを買いましょう。
ちゃんと栗の味がするモンブランに、
なかなか出会えないと
嘆いている人(じぶんを含む)には特に、
お勧めしたいです。


美味しかったです!!!




アルティザン
福岡市中央区大手門2-10-17
11時~18時半
定休日 月曜

※マロンパイは期間限定品です。