ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

パン(宮崎・鹿児島・沖縄)

CAFE SHOP その2


たいぶ、
いや、
ほぼ、
元気になってます!!ご心配おかけしました!!

それもこれも、
身内&ともだち のおかげです。

こころから、感謝。。。!!!



******************


さてさて。



あ、でも前回の記事、
少しだけ、加筆してます!!
( 本当に少しですが・・・ 苦笑 )




クロワッサン
CIMG9598

前日に購入してくれたお土産パン。
もちろん、美味しく焼き戻してから、頂きます。

外側はカリッカリ。
散らばり注意のサクハラ系
(パワハラ系ではない←なんのこっちゃ)





CIMG9600

端っこの、1番ぎゅっ!と詰まった所は
ザックザクで、じゅんわりバターが染み出る感じです。
でも、そんなにバターの風味は強くないですね。





CIMG9604

内生地も、サクハラ系。
(セクハラ系では無い←しつこい)

キレイな蜘蛛の巣状になっています。

砂糖甘くなく、たっぷりのバターの甘味を
全面に打ち出す好きなタイプ、なのですが
バターの種類に寄るのでしょうか?
バターの『乳!』って感じの風味はあまりしないのです。


でも、上手だなぁと思えるクロワッサンです。






チョコチップのスコーン
CIMG9606


スコーンヲタ にもなりつつある拙者(笑)

最近自分では、プレーン以外は選ばなくなってきました。
他に買うとしたら、プレーン生地にナッツ入りとか。

他の甘味が加わると、
粉とバターの甘味がわかりにくくなるのが残念で。

本当に、粉とバター、が好きなんだなぁと実感します。

あ、でも、
種類豊富なスコーンを目にすると、
ついつい、プレーンじゃない生地も
買っちゃってますが




でも、
絶対に!?選ばないと言っても過言ではないのが・・・
チョコ入り。
CIMG9610


これは、ホワイトチョコに限らず。
( ホワイトチョコは美味しくないので買わない )
( ↑↑ ひとつ前の記事をご参照ください  )

チョコレートの味って、とっても強いので
スコーンに限らず、パンでもなんでも
『チョコ味の物体』になってしまう(気がする)

なので、前述通り
『粉とバターヲタ』にとっては、
残念な気がしてしまうのです。


※勿論、ビターな美味しいチョコを使われた
ナイスバランスのパンもあります!




CIMG9611

土産でもらっといてなんだ!この恩知らず!

そうですよね、普通なら言いません。
でもこれは、(珍しく)今回自ら指定した結果なので、
事実を報告しております。

この日は、プレーンが無かったらしく、
チョコでも良いか?という確認電話を受けてからの
GO!サインだったのです。


そして、このスコーンは、
いわゆる、スコーンらしい、モソッとした食感がなく、
甘味も強いこともあって、
分厚いクッキー、という雰囲気でした。

なので、モソモソが苦手なひとには
お勧めです。



TOPとオシリ側はカリカリで
本当にクッキーみたい。
チョコとあいまって、(良い意味で)カントリーマアムを
彷彿とさせます。

オイリーさは感じるのですが、
そんなにバターっぽい風味は感じず。


おいしくない、という意味では無く
スコーンを食べた!という感じはあまりないけれど、
こういうお菓子、として美味しかったです。




CAFE SHOP
鹿児島県鹿児島市中町2-2








CAFE SHOP その1


from 鹿児島!
しかも、

ものすご~く前に頂いた(汗)

CIMG9587



なんともオサレな包装、

それもそのはず、
自由が丘(@お江戸)にある、超人気店
自由が丘ベイクショップをディレクションされている企業の
新しいプロジェクト、として作られたお店だそう。

憧れの自由が丘ベイクショップ!!
これはパンだけでなく、
いつか焼き菓子も食べたいですねェ・・・





CIMG9589


CIMG9590


この地図は、お絵かきな感じで良いですなぁ、味がある。

印刷なのですよね?
( まさかの手書き? )
( いちまい 一枚・・・それはない 苦笑 )



プチバゲット(正式名称に非ず)

CIMG9591

ちなみに、
CAFE SHOP さんで販売&ランチ等で使用されているパンは、
店内製造ではなく、

同じく鹿児島市内にある
TAKさんというベーカリーカフェさんが
卸していらしゃる・・・?かと。
( 曖昧ですみません )




CIMG9593

CIMG9595


QUITTERIE キトリー その2



あまりにも、クロワッサンの感想が長いので(苦笑)
書いていませんでしたが、

あの画像も
不幸中の幸い、その3 だったのです(涙)

本当は、もっとキレイな
クロワッサンの全形写真と、購入パンの集合写真が
あったのですが・・・消失


でも、
いつも、美味しくて感動したパン、もしくは
美味しくなさ過ぎて!?びっくりしたパンを
シェアしているひとに差し上げるのだ!と
半分残しておいたのです。

なので、残りの半分を撮影出来た、というわけです。
よかった~(涙)
持つべきものはパン友ですね

でも、今回は再度撮影に使ったため
(冷凍パンを解凍しちゃったのです・・・)
お渡しできなくなってしまったけれど・・・
次回必ずお渡ししますからね~☆


パンオフリュイ
CIMG2927


ドイツ産石臼挽きライ麦粉使用、だそうです。

全体像をお見せできないのが残念すぎるほど、
(しつこしようですが、画像消失・・・涙)
ゴリゴリに焼き込まれた、黒っぽいクラストです。



せめて・・・頭頂部☆
CIMG2929

こちらは、予めスライスされた状態で販売されていました。
いつも自分でカットする時より薄め。

ですので、焼き戻すと、
薄目なのも手伝って、ラスクのように!?カリッカリ~


そして、
断面でお分かりのように、ドライフルーツがたっぷり!
クランベリーと、二種のレーズンでしょうか。

なかでも、クランベリーの甘味を
際立って感じます。



CIMG2932

クラムは、ちゃんと密度があって好きなタイプです。

ドライフルーツの甘味満載のパンなので、
チーズ(塩気)とあわせたくなりますね。

次回購入できるなら、
厚めにカットして、むっちり感を確かめてみたいです♪








プチバゲット
CIMG2949

バゲットトラディションのプチサイズ。

フランス産小麦100%、
ゲランドの塩、水、微量の生イースト

低温で12時間発酵だそうです。


焼き色は、若干浅目でしょうか、
本場のバゲットは、日本のものより焼き込みが浅い、
と聞きますし、フランス産の粉ですし。

好みの予感しか、しない。





こちらも、本当は全形画像をお見せしたかった・・・
(しつこすぎる)
CIMG2948

クラストからは、粉甘い良い香り♪

拙者、個人的にバゲットはフランス産の粉が好きです。
なので、好みの予感しかしない(再)。





もっとキレイな断面なのです、
この画像しか無くて、ごめんなさ~いの断面ショ~☆
CIMG2951

茶色みがかったクラム。

焼き戻してから頂きました。

クラストは、見た目の(浅い)焼き色通り
ゴリゴリハード系に非ず。
やや薄めで、パリカリ!っとします。

でも、軽い、とは感じない。
密度が薄いわけでは無く、『しっかりと存在感のある』
クラストです。


プチバゲットですが、クラムに気泡もしっかりあって、
密度もしっかり感じる、むっちりクラム。

ひとくちめ 粉の柔らかい甘み

ふたくちめ あ、だんだん塩気がきました。

みくちめ 粉と塩気が両方合わさってくると・・・だんだん

塩味が濃い?と感じてきます。
塩味好きの私がそう思うので、結構強めだと思います。

夏だから?塩分補給?ですかね

もう少し、塩は控えめでも良いかも?なんて
思っちゃいましたが、
無塩バターをたっぷり塗って食べたくなる
美味しいバゲットでした。




*****************


全形は撮れてませんが、
なんとかこれだけ残っていただけでも、
よしとしなければ(苦笑)




キトリーさんも
エージさんの所と同じく『ブーランジェリー パティスリー』
なので、カヌレや焼き菓子も美味しそう!


やっぱり都城、
いきたいなァ・・・♪





QUITTERIE  キトリー
宮崎県都城市中町13-11
定休日 月曜
7時半~19時







QUITTERIE キトリー その1



すみません、
パンライドのことや、
桜坂珈琲さんで食べたパン等々・・・

書かねばならぬいろんな記事をさしおいて
このクロワッサンを紹介させて下さい!!


なんと、

またまた、

おいしいパン屋さんが、

できとりますよ!!

是非行って欲しい!!



だけどもだっけどっ(小島○しお風 ←やや古い←小島さんに失礼)


都城市・・・です(宮崎け~ん




今現在、
私の中のクロワッサンランキング
第1位は、
パリの空の下さん(@東京・三軒茶屋)
です。


そして、
福岡県では、
いちかわ製パンさん(@北九州)
です。

でも、今回
いちかわさんに、並んだ、
並んでしまった~(チューリップか)

キトリーさんのクロワッサン!!

CIMG2922


拙者、パンを食べる時は
メモをとるようにしています。
なぜなら、ブログがタイムリーでない為
食べてすぐUPできるなら良いのですが、
せっかく食べたものの感想を、曖昧にしたくないので。
(ブログに書かせてもらうのだから、正確な感想を書きたい)

でも、すんごく好みのパンに出会った時、
いつものメモ紙だと足りなくなります。
A4用紙くらいないと、足りない。
勿論、
インスタのハッシュタグなんかじゃ
ぜんっぜん足りないのだ~!!

というわけで、
久々にA4用紙、出動いたしました!!


まずは。
ご覧下さいませ。

この美しいフォルム。
そして、
見た目より、重い。
これは、拙者の好みのクロワッサンの、共通事項です。

CIMG2923




共通事項は他にもありまして。

カット時に、ハラハラ散り過ぎない。
また、カット時の手ごたえが
『サクサク』だけでなく
『サクサク のち 若干もっちり 』と感じる生地。

この共通事項を見事に網羅していたキトリーさん。


丁寧に、丁寧に
焼き戻してから、頂きます。


バターの良い香り、
やわらか~い、『乳』の香りです。


端っこ
ガリッガリ。香ばしい。
層が良い意味で『粗い』と言いますか『ワイルド』なので
(ハラハラ系の対義的な表現として)↑↑

サクサクでなく、ザックザクの食感を楽しめます。


頂上の、真ん中の、良くはがれる部分。

ここが、はがれません。
しかも、これ、初めての味わいなのですが
ここだけ、『プレッツエル!?』みたいな食感なのです。

カリッカリで、力強い。
クロワッサンじゃないみたい。
ここを食べると、
一層一層が厚いんだな、ということが
確認できますね。


中央の1番大きなところ、
大きな口をあけても、ひとくちでは難しい?
なので、少しムギュギュ!と抑えて(優しくね!)
層を束にして口に含むと・・・


ざっくざくざっくざく・・・
の後
もっち~り、じゅわじゅわ~ん(感涙)


CIMG2926



きた~!!!(感涙・再)

バター餅食感の層だ!!久しぶりに出会えたなァ(感涙・再々)


バターの量も多いのかもしれません、
お尻の画像、結構オイリーですもんね。

ですので、サクハラの軽~いタイプがお好きな方の中には
『重い』と言われる方もいらっしゃるかもしれません。

だがしかし、
拙者にとってのクロワッサンは
『バターを味わってなんぼ』
『じゅんわりしてなんぼ』なのです。

それに、砂糖甘さは感じず、
感じるのはバターの甘味のみ、なので
拙者的には重さも何も感じず
ペロリと、たいらげちゃいました。


いやはや、
これは、焼き戻さずにその場で『冷めたて』を
食べてみたいです。

都城、行きたい・・・!!




QUITTERIE  キトリー
宮崎県都城市中町13-11
定休日 月曜
7時半~19時










PLOUGHMANS LUNCH BAKERY その3




さてさて。

忘れてはなりませぬ。

PLOUGHMANS LUNCH BAKERY さんのパンが

あとひとつ、残っていることを・・・



CIMG5209


CIMG5210


ショップカードも、とても素敵です。

eat better, feel better

って。 良い言葉だなぁ・・・。
よし。座右の銘にしよう





アーサと海塩のリュスティック
CIMG5240




CIMG5183

あおさ のことを、アーサ って言うんですね


たっぷりのオリーブオイルもトッピングしてあるようで、
パンの袋は、キラキラ・テカテカに・・・



( そして裏返す~☆ )
CIMG5241


袋を開けると、これぞ海!という感じの香りが漂います。
アーサの香りって、磯の香りそのものですね

それと同時に、粉の甘い香りも・・・♪



そして、前回の日記で
『 どれも前日焼きとは思えぬフレッシュ感があって感動した 』 と
申しましたが。

この、アーサのリュスが、
それが一番顕著に表れていたパンでして・・・




この!断面のレア感をご覧くださいませ~!!
CIMG5244


し~っとりと水分を湛えたクラム!
前日焼きでこれなら、当日のクラムって一体・・・!?
と、ゾクゾク&ワクワク 妄想が膨らんでしまうほど


パン枝 も、世に言う 『 リュスティック 』 のようなパン
だと思っていましたが・・・

PLOUGHMANS LUNCH BAKERY さんのリュスは、
それを超えて、
もう、ロデブ?  パン・ペイザン?
と言いたくなるようなクラムなのでした



生地接写!
CIMG5247


もっちもちで、みっちりとしたクラム。
ですが、餅のようではなく、
サクリ、と歯切れも良い、『洗練されたもっちり』です。

アーサとパンが合うのかな? と思われるでしょうが、
御心配には及びません!

アーサは、生地の粉甘さを、『塩気』 として
上手にアシスト。

粉甘さ溢れる生地を、けして邪魔しないのです。

そして、噛みしめるうちに、
ふうわり、磯の香りが鼻から抜けていきます。




PLOUGHMANS LUNCH BAKERY さんのパン。
どれも本当においしかったです。

おいしい プラス

店主さんの、パンと、お客さんに対する
丁寧さと言うか、愛情が伝わってくる感じでしょうか。


本当に、ごちそうさまでした・・・!





PLOUGHMANS LUNCH BAKERY
沖縄県中頭郡北中城村安谷屋927-2
TEL&FAX : 098(979)9097
営業時間 : 08:00 ~ 16:00 (売り切れ次第終了)
朝食タイム : 08:00 ~ 11:00
ランチタイム : 10:00 ~ 15:00
定休日 : 水

お店のHP ⇒ 















記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC