ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

カフェ(福岡市中央区)

キャロットケーキとモンブラン



みなさま、
10月26日は
ぜひぜひ、tobari ~夜のパン屋さん~
へ、来て下さい・・・^^



*****************





先日、
で、お世話になった桜坂珈琲さんへ、
反省会&御礼を兼ねて・・・^^


そしたら、
そしたら、

なんとなんと、

キャロットケーキ!!

あるではないですか!!!

うわお~ マスターぜひそれを!!
反省会の前に(笑)ぜひそれを!!




DSC_1014

記念日祝い、ということで、
ご馳走して下さいましたよ・・・(感涙)

マスターいつも、ありがとう。
本当にここは、第3の実家だ。



で、
件のキャロットケーキですが、

ご存知の通り!?桜坂珈琲さんのスイーツは
『日替わり』と言いますか『気まぐれ』です。

だからいつも、目が離せない~♪


そして、
拙者がキャロットケーキ好きなのは
周知の事実なのですが(知らんがな)

これだけ通っているにも関わらず、
出会えたことが無かったのです・・・(涙)


ですので、念願の、ごた~いめ~ん!!
でございます(ここ泣くとこ!)





DSC_1013

いやもう、そして、
ビビりましたよ。

唸りました。

としちゃんになりそうでした(昭和ね)。


にんじん、に~んじん・・・




・・・コホン(仕切り直しの咳払い)



もうもう、
ど☆ストライクなのです、

めっちゃんこ、おいしいのです!!

今まで頂いた、桜坂さんのスイーツで、
いっちっば~ん!!です、決定です!!

DSC_1010

ごらんあそばせ~!このクリーム層の分厚さを(感涙)
もはやレアチーズケーキとして売って良いくらいの
おいしいクリーム層。



理想形とはこのこと也。





拙者がキャロットケーキ好きになるきっかけは、

もうね、酷似しています、感動レベルで。

似ている、は作り手さんにとって
嬉しい言葉ではない場合もあるので(汗)
失礼だったらごめんなさい。
でも、今回は『とっても美味しかった!嬉しかった!』
気持ちを表現する『形容詞代わり』として
使わせて頂きたく・・・




あちらが、マフィン型焼きで、
こちらは、パウンド型焼きなので、
若干生地の詰まり方が、あちらがムギュッとしていますが
違いはそこだけ?位のレベルです。


し~っとり、ホロッとした生地。
この、ホロッのポイントは、
こまか~く刻まれた人参が、本当に沢山入っているから。

その人参たちの、シャリッとした食感も満喫できます。


そして、無くてはならないクルミも
しっかりIN!!

で、
ポイントすぎるポイントは、クリーム層の厚さです。

このクリームも、クリチの酸味が絶妙で、
甘すぎず、さっぱりと、でもしっかりチーズ感を味わえる
逸品となっております。

この位ぶ厚ければ、
全部食べ終わるまでに、チビチビ・ケチらずに(笑)
下の方の生地にも、のっけて食べられちゃう


桜坂さんは、ミドルエイジの男性のお客様が多いからか
シナモン風味は控えめにされているご様子。
( 男性は、シナモン嫌いな方が多い印象? )
本当は、もう少し効かせたい(byマダム)
のは、聞かずともわかっておりましたよ~


でも、シナモン控えめなのも、
ローズさんと一緒だった。


拙者はシナモンLOVERなので、
持って帰って、勝手に『追いシナモン』
してもいいな(笑)


いやはや、
一本買いしたいくらい気に入ってしまいました。


またいつ出会えるかわからないからこそ、
大切に大切に、味わって頂きました。


ごちそうさまでした~!!!



桜坂珈琲
福岡市中央区桜坂3-10-3
定休日 火曜&木曜









あ、そしてタイトルのモンブラン。
桜坂珈琲さんの商品では、ありません。

画像を探しております(無くすな)
これまた、念願の!です。

あとで、追記します(約束!)

お約束どおり、
UPします!(恩着せがましい)

でも、ひっそりと・・・

と言いますか、
わざと後でUPしている気も・・・(苦笑)




CIMG9191


なぜなら、
もう、これ以上、有名になって欲しくない・・・と
きっと、みんな、思っているからです(苦笑)




拙ブログが書かなかった所で、
すでに有名店ですし、
別にどうにもならないことは重々承知の助ですが(笑)


それでも、
行った人がもれなく(拙者も含む)
これ以上有名にならないで~
ハードル高くならないで~、と
祈っているのは自明の理。
ましてや、
ぜったいテレビに出て欲しくない!!
と、思っていらっしゃいます。(たぶん)

なので、
みんなの恨みを買いたくないので
( ノミの心臓 )

店名は書きませんけど、

まあ、このヴィジュアルを見れば一目瞭然かと



CIMG9192

『控えめに言って最高』

という表現を、最近そこかしこで目にするのですが、
じぶんはまだ、使ったことがありませんでした。


それは、このモンブランに出会うためだったのか!?
と、思ってしまうほど、

『控えめに言って最高!』です。



もうね、もうね、
今季は栗食べなくても大丈夫かも。

モンブランに至っては、
もう食べたくないレベル。

この味を消して欲しくない、
がっかりしたくない、
だって、絶対比べてしまうから、
絶対、がっかりしちゃうから、

今季のモンブランは、これで打ち止め!にしたい。




CIMG9193


10月限定、

でも、正確には、今年は20日間限定でした。
一日に提供できる数も、少ないと思います。

それも納得です。

こんなに手の込んだモンブラン。
たくさん作るのは、無理ですよね。

スタッフさん総出で、茹でた栗を裏ごし。
乳製品も何も加えず、
栗100%のそれに加えるのは、少しのお砂糖のみ。


しかも、その栗ペーストを、
絞りたて、で
頂けるのですよ。

これ、小布施の有名店で聞いたことはあったけど
(おそらくこういうスタイルの先駆店)
(今は、京都にも、似たお店があるようですが)

小布施の朱雀、は
早朝に300人位並ぶとか

それに、負けずとも劣らない栗の名作が
地元で、しかも、並ばずに頂けるなんて。

狂喜乱舞。


CIMG9192


しかも、
栗の渋皮煮入り。

これも、スタッフさんたちのお手製。


CIMG9195


中には、アイスクリーム。
しかも、このアイスにはアーモンドが入っていて、
その、コリコリとした歯ごたえが。
クリーミーな食感一辺倒の口中に、
ナイスアクセントとなって、貢献してくれるのです。


そうなんです、
贅沢なほどに、『飽きるほどに栗を満喫』できる。

幸せすぎる・・・


アイスクリームの上にあるのは、
無糖のシャンティを凍らせたもの。

これ、凍らせてくれて大正解です。

アイスが溶けちゃうから、先に食べますよね。

それが溶けた頃に、
ちょうどよくシャンティも溶け始める。


失礼な表現かもしれませんが、
こちらのお店は
『本格的な』パティスリーでは無いのです。
キラキラした、パティシエの技が試されるようなケーキ
の類はございません。

でも、
そのぶん、素材と、手間にかける気持ち、こだわり。
すごい。

おそらく、
パティスリー以上に、計算されたモンブラン。



CIMG9197

濃い目の珈琲が、
3杯?は必要になりそうな、モンブランの量(笑)


途中、味変用に、
珈琲の粉を『振りかけてくださいね』と。

うんうん、
ほろ苦さがプラスされますね。

でも、珈琲を打ち消す勢いの栗の風味なので、
この量全部かけても、
栗が勝つのですよ、すごい!(嬉泣)



*****************


通常、
モンブランは、
モンブランペースト(甘い)の下に
メレンゲ(甘い)か、タルト(甘い)
が、敷かれており、
中のシャンティを無糖にしたとしても、
全体的な感想としては『甘い』に尽きる
( 場合が多い )と、思われます。
まして、下にロールケーキを敷かれている
ものに出会った暁には、
甘過ぎて死んでしまう(←おおげさ)



しかも、多くのパティスリーでは
栗を裏ごしするなんて手間はかけられないので
サバトンのマロンクリームを使用されている所が
多いと思います(あくまでも個人的見解)

で、拙者にとっては
あの、サバトンのクリームが、
お砂糖入り過ぎている?(栗の味を消すレベルで)と
感じてしまうのです。

なおかつ、
その栗ぺ―ストに、各店舗で生クリーム等々を
加えられると思いますので、
更に、栗、薄まる。

『 栗の風味、どこ?』なモンブランに出会う率も
高い(これまた、あくまでも個人的見解です)


ですので、
栗の味のするモンブランと出会うのは、
ピスタチオの味のするピスタチオケーキと出会うのと、
近しいレベルで、難しい。

と、考えています。
( あくまでも、あくまでも、個人的嗜好&見解)

ですので、
最近は、栗を味わいたい時は、モンブランではなく
母作の渋皮煮、もしくは、
栗きんとんを食べていました。
(岐阜県の名産の方です。おせちに入っている黄色いのに非ず)


そう、
こちらのモンブランは、
その、栗きんとんを繊維状にして、
これでもか~!とかけて下さっているイメージ。

なおかつ、
絞りたて、ですので、
栗本来の風味と共に、ホクホク感も味わえるのです。


絶品、逸品、としか言いようがない。


本当に、美味しかったです。


お店のスタッフさん、みなさまに心から感謝。
(お値段も良心的なんですよ~ 感涙)

ごちそうさまでした。










10月1日は珈琲の日



でしたね。
( 過去形が多いブログですみません・・・)

そんな日に、
大坊さんの珈琲を、ご相伴にあずかるという、
奇跡。

ありがとうございますっ!!

CIMG9051


この日は、フッスーのところで、
九州Walkerが、まだ届いてない、という
愚痴を言っていたら、


CIMG9047




『今からお届けにあがります!』と、
Jさんから電話が入るという奇跡もありました(笑)

すみません、
愚痴は嘘ですよ(寂しかっただけよ~)


申し遅れましたが、
今回、拙者のわがままを受け入れて下さり、
誌面に登場して下さった、店主のみなさま。
本当にありがとうございました!!
感謝感謝でございます・・・(涙)



CIMG9050


話しは、珈琲の日に戻りまして。

大坊さんが、珈琲 美美 さんにいらっしゃったという
貴重なイベントに参加された方が、
豆のおすそ分けをくださり・・・

それをフッスーに淹れてもらって、飲めるという。
なんとも、贅沢なひととき。


フッスーも、大坊さんの豆を淹れるのは初めて!
と、喜んでおりました。

本当にありがとうございました。



CIMG9052


そして、


件の九州Walker にも、
自己紹介文のところに、ちらりと書いて頂いたのですが

イベント、やります!!

前回のスナックからの繋がりで、
今回も、
ベッカライアロさん(@福津市)
珈琲と麦酒さん(@呉服町)
fusuku coffee さん(@六本松)

の、嬉しすぎるメンバーで、
パンと珈琲と麦酒を味わって頂けるイベント・・・
いや、それだけでなく!!

『普段は見ることが出来ない、夜のパン屋さん』を
見ていただく。

と言うよりも、
『 夜のベッカライアロ 』 
を味わって頂く、というのがメインテーマ!!!



その名も TOBARI(帳)~真夜中のパン屋さん~

です(まだ仮名称)


まず、ご注意を。
本当に真夜中には実施いたしません(爆)
ただ、あの漫画(ご存知ですか?)
が好きだから、この言葉を使いたい、というだけ。

帳(とばり)とは・・・
室内に垂れさげて、
室内を隔てるのに用いる布帛。たれぎぬ。たれぬの。

そして、『夜の帳』とは、
陽が落ちて闇に包まれる夜を、
この「帳」にたとえたものです。



アロさんに既に行かれたかたはご存知かと思いますが
ほんっと~に × 100
すんばらすぃーお店なのです。

アロさんが作られるパンと、
お店の雰囲気、ショーケース、
壁の質感から何から何まで、リンクしている、
いや、
それどころか、
どれが欠けてもだめなのだ、と思えるのです。

店内外にある、すべてのものが、
『ベッカライアロ』を構築しており、
その全てを満喫してこそ、
アロを知ったことになるであろう。(断言)


それには、昼間のアロだけでなく、
夜のアロ。
これを知ることも、肝要。


夕方、陽も落ちて、次第に空の色が
ブルーとオレンジの合い舞った色合いに変わっていく。

そんな空の色を眺めながら食べるパン。
そんな空の色が差し込む店内で頂くパン。

白い壁が、オレンジ味がかっていく、
パンの色と同化していくかのように。

想像しただけで、うまい。


そして、いよいよ夕闇が迫り、
その夜のカーテンの中に、ポツリと浮かぶ明かりと
カッパドキアのような(まだ言うか)店舗。

この雰囲気を、
ぜひ、味わって頂きたいのです。


詳細は、追って。。。









パンとワインとチーズと



新生☆トランテトロワのパンを味わう会
( と、勝手に命名 )

に参加して下さった皆さま、
本当にありがとうございました!!!




CIMG9009


とっても楽しかったです
(じぶんが一番楽しんでしまった?)

そして、
思ったこと・・・と言いますか反省点。

『パンを味わう』会にするなら、
昼間にやらねば!だったかも(苦笑)


CIMG9010

夜にやるのが悪い、という意味では無いですよ。

ただ、こんな風に、
『トランテトロワのパンを知らない皆さま』に
『初めて食べて頂く』のならば、

味覚が一番敏感な、朝。
朝は無理でも、昼間、に催して。

お酒とかお酒のお供とか、無い状態で
ひとまず『パンに向き合ってもらう』のが
良かったのかなァ・・・なんて、反省しています。


なぜなら、
その場ではチラリと味見しかしていないのですが、
そのとき、ん?
味がよくわからない(お酒弱いので)と思った為、

全部は食べずに、
持ち帰ったワンスライスの残りを
翌朝、あらためてゆっくり頂いたのですが。

めっちゃ、美味しかったんです。

あくまでも、個人的見解です。
その場に居らした方々は、拙者よりお酒もお強いし
じゅうぶん、美味しい!と言って頂けたので
ホッとしていますし、

発起人の方のメインテーマは
『 パンとワインとチーズを囲む会 with pantiki 』
がやりたい!!
ということでしたので
( ありがとうございま~す 涙 )




御用意したのは、
カンパーニュと・・・
CIMG9012




ブリオッシュ!
CIMG9018

ブリオッシュは、一本売りしかなく、
しかも1000円超えなので
( 材料を聞けば納得のお値段なのですが )
なかなか、個人で、しかも初めてのお店で
買おうと思わないかも?と思い、
今回、必ず食して頂こう、と思っておりました。




そして、
トランテトロワさんのパンは、
何かを付けたり乗せたりするよりも、
まずはそのまま食べて欲しかったので、


ディップ用にバゲットもご用意。
CIMG9023


こちらは、お食事を邪魔しないタイプで、
食感は最高!というバゲットを考えた結果。

シュガーリーフさん(@鳥飼)の
はるゆたかバゲット、にしました。

こちらのバゲットは、
『バゲットリュスティック』と呼びたくなる
しなやかなクラストと、
しっとり、もっちりのクラムを満喫できる逸品で、
個人的にも、お食事バゲットとして気に入っています。

もう1つ、違うお店のバゲットもご用意したのですが
大きさ、お値段、お味的にも
はるゆたかバゲットの圧勝!だったので
あえて店名は載せません(苦笑)



白ワイン、赤ワイン、
そしてシードルも・・・

CIMG9030

糸島の Kawakubo saketen で買ってきてくれました!!
ありがとうございます



おなじく、糸島からチーズも・・・
CIMG9034


TAK さんのチーズも♪

ラクハクは、桜坂珈琲さんのお手製ジャム
(普段はクリームティーに添えて下さってます)
と一緒に頂くと、それだけでクレメダンジュを
彷彿とさせる味わいに。もはや、スイーツ。


コハクは、そのまま食べて美味しい、
ワインに合いすぎる、コクあるスモークチーズ。


生ハムも、チラリ、見えてますね♪

他には、画像無いですが
鴨のスモークも。




マダムお手製のキャロットラペ。
CIMG9027





サラダも。
CIMG9033




これは、サーモンのパテ。
CIMG9028




蛸とイカのトマトソース。
CIMG9037





そして、
参加者Kくんの大阪土産・・・
こ、これは・・・
パンオタ&バターオタである拙者が歓喜しまくりの・・・


エシレのワッフル~(感涙)
CIMG9031


これ、大阪のエシレ・マルシェオブール限定品なのです!!


しかも、一日に数回提供されるんですが、
そのたびに行列が出来るという、貴重な品。

ほんっと~にありがとうございます(感涙)


ふわっふわのワッフル。
中のクリームは、
もちろんエシレバターで作られたクリームですよ!

バタークリームっぽさがあまりなく、
どちらかと言うと柑橘系にも感じる酸味と甘味。
クリームチーズ?マスカルポーネ?
などが混ぜ込まれているのでしょう、さっぱりしています。

個人的には、もっとバターが濃い方が嬉しいですが
貴重なワッフルが食べられてめっちゃんこ嬉しかったです!!


本当にありがとうございました(感涙)





*********************


ワインも飲んで、みなさんお話しに花が咲きます♪

最後は、桜坂さんの美味しい珈琲も頂いて、
満足マンゾウです。


パンの美味しさは、
また個別に・・・


この日も、うれしいご縁が繋がって嬉しい一日と
なりました。


参加者の皆さま、
桜坂珈琲のおふたり、
トランテトロワさん、

本当にありがとうございました・・・!!













新生トランテトロワのパンを味わう会を・・・



するんですけど。
( @桜坂珈琲 )

告知前に・・・
満席になりました・・・

ありがとうございますっ(涙)


CIMG8840


行きたかった!という方がいらっしゃったら
ごめんなさい・・・

なにせ、
もともと、桜坂さんのキャパが8名でして(苦笑)


マスターが常連さんにお声をかけたら、
埋まってしまったという・・・

感謝感謝です。




CIMG8839

CIMG8837


CIMG8842


CIMG8845


CIMG8848


CIMG8852




ちなみに画像は、
素材にこだわりぬく新生トランテトロワが、
ブリオッシュに使用している高級たまごなり!!

きいろい~!!
まぶしいほどに、きいろです!!
メローイエロー!!( 時代は令和ですよ。 )




詳細は追って・・・!








恋する夏の日



夏の日。

そう、
それは、

7月の話し・・・

( タイムリーで無いにもほどがある )



CIMG7996



CIMG7999


CIMG8001


CIMG8002


CIMG8004

念願&初めましての回さん(@薬院)!!

チキンカレー美味しすぎます!!




CIMG8007


この日の限定カレーは完売していましいたが(涙)


気になっていた、ミント入りのスパイスミートボールは
トッピングとして残ってくれていました。

これがまあ美味しいこと~。



その後のお茶は、fabo さんへ。

この日に伺ったおかげで、
件の『8月・カレー月間』と、
あっという間に満席になったモーニングイベントの
件を伺うことが出来たのです。




ビクトリアケーキをイートイン。

こちらのお料理や焼き菓子はもちろん、
ご夫婦の雰囲気が、好きです。
優しさに、癒されます。


CIMG8009


絶品ビクトリアケーキ。

前回もしびれたが、今回も、しびれた。ふるえた。


バタークリームは、
冷えッ冷えも美味しいけど、
少しトロけて、いかにもバター!って風味が出てきた頃も
美味しいよね。


イングリッシュスイーツがお得意のお店なので、
珈琲では無く、紅茶を。

茶葉にも、しっかり拘りが。




CIMG8011


という言い訳!?を盾に、
この日も、
ご夫婦とのトークに時間を忘れてしまいました。

パンのこととなると、
時間を忘れてしまって(汗)申し訳ありません。




そしてそして・・・


キャロットケーキ・・・!?

CIMG8015


実は、ですね。
前回伺った時に、
焼き菓子がほぼほぼ完売だったので、
予約できるか伺ったところ、出来る(感涙!)と。


ですので、この日も伺う数日前に
焼き菓子のお取り置きをお願いしてました。


その時、
『7月○日なんですが、この日はキャロットケーキは
ありますか?』

と、伺って、無いというお返事。
ですので、キャロットケーキは次回のお楽しみだな♪と
その日のラインナップから、
ビクトリアケーキとスコーンを予約していたのです。


なのに・・・

ある・・?

え・・・
もももも・・・
もしかして・・・


『 お電話では無いって申し上げて
しまったんですけど、元々、なんか久しぶりに作りたい
気分だったので、作っちゃいました(笑顔)』






CIMG8122


か・・・か・・・か・・・神!対応(号泣)

これを神対応と言わずしてなんという(号泣・再)


しかも、私が負担に思わないように、
すっごくサラリとした言い方で・・・
お気づかい、痛み入ります・・・


本当に、本当に、ありがとうございます(号泣・三回目)


CIMG8124

あ、でもでも、
みなさま、
けして、『無いなら作ってくれ!』というような
要求はなさらないでくださいね(必死)

きっと、材料の有る・無し、とか
お時間の有る・無し、とか
いろいろな条件が重なってのこと・・・ですので。



で、
そんな、神のキャロットケーキ。

もちろん、美味しかったです。

favoさんが好き!という
気持ち(私情)を抜きにしても。






CIMG8125


甘さが絶妙で、
しっとり、なだけでなく、ほろッ もろッ とした生地。

こまか~く刻まれたクルミ。にんじん。
アプリコットも入っているそうです。


シナモンがばっちり効いていて、
食べていると、シナモンが鼻から抜けて行く~。


シャリッとした食感のフロスティングは、
クリチ感満載で酸味の効いた、めっちゃ好みのタイプ。










美味しくないはずがない。

favo さんの焼き菓子は、間違いない。


奥さま、ご主人、
本当にありがとうございました。




そして、炎天下付き合ってくれた友人にも、
心から、感謝です。
 You  are  私の癒しの元 ! です~





favo
福岡市中央区平尾4-4-26
ランチ 11時半~14時
ディナー 17時半~22時













記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC