ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

パン(福岡市西区)

CONTINUEさんOPEN!!



昨日書くべきだったのですが、

(やはり、tobari の全容を書かねばと)


NOANさん(@糸島)の3号店が
福岡市西区泉 に 昨日 10月29日
OPEN!!


その名は、

CONTINUE (コンティニュー)


まだ伺えていないので
画像はありませんが(すみません・・・)


福岡市西区泉2-1-7
9時~18時
定休日 火曜





場所は、以前ケーキ屋さんがあったトコロ。
この辺は、あまり大きなパン屋さんがなかったので
( 同じ泉の、空のパンさんは月1営業ですし)
ご近所さんも喜ばれているのでは~♪


noan の田村シェフのインスタによると、
noan と同じパンはひとつもない!
とのこと!?
これもまた、楽しみですね^^





美味しい画像が無いのは寂しい、ので。

最近、
ひさ~しぶりに授かることができた、
ナラパン画像を。


いやはや、玄人はだしとは
このひとのことですね。

ナラパン美味し。

nara pan LOVE




とうもろこしフォカッチャ
CIMG9432


コーンがたっぷり!
こぼれんばかり、
いや、こぼれました(笑)

この、気前の良い具だくさんっぷりが
nara pan の特徴のひとつ、
と言っても過言ではない!?



CIMG9433

お背中はこんな感じで。



CIMG9435

オシリはこんな感じで。

チーズの油脂も相まって、
見るからに、カリカリジューシーそうなオシリ!

期待にたがわず、
焼き戻すと、カリッカリで香ばしくて、
じゅんわりオイルが染み出てくる・・・♪




ぷるんぷるんの断面ショ~☆
CIMG9436

しっとり、レアレア、揺れるクラム。

コーンは、しゃっきしゃき。

コーンの甘味と、チーズの塩気、この対比。

カリカリのオシリと、揺れるクラム、この対比。

対比 兼 相乗効果。


おいしい・・・!!




ラベンダーのリュスティック
CIMG9418

梨とオレンジ入り。

はい、これまた、はみ出んばかり。
いや、はみ出てます (笑 二度目)



CIMG9417

お背中はこんな感じで。




CIMG9420

オシリはこんな感じです^^


ラベンダー!?って思いますでしょ?
ラベンダーと言えば、お手洗いの香りと思っている
情緒にかけまくる拙者としては、
ぱん生地と馴染むのか?
いや、そもそも食べ物と馴染むのか?
びっくりな組み合わせでした。

でもでも、
さすが、玄人はだし!!

めっちゃ馴染んでます。

(後から伺うと、そういうパンを置いているパン屋さん)
(いらっしゃるのですね~!)




タマリマセン!の断面ショ~☆
CIMG9427


結構な確率で、『この断面は、誰のパンでしょう?』は
答えられるかもしれません。
そのくらい、具だくさん&具が大きい!(カレーじゃないけど)


自家製の梨のコンポートは、シャクッとした食感が
程良く残り、砂糖甘すぎない、超好みの味わい。
シナモンとカルダモンが効いています。

ラベンダーと相まって、まるで花束のような
良い香り。

そして、同じく自家製オレンジピールも
大きなカット!これが良い!
こまか~く刻まれたものより、
いい意味でピールのほろ苦さがダイレクトに
感じられて、他の甘味を引き立てる
なおかつ、味全体を引き締めてくれます。

むちむち、も~っちりのクラム。

具だくさんなのも手伝って、
みずみずしい印象を受けるリュスティック。

おいしい・・・!!






ホウレン草、小松菜、ベーコンのキッシュ

CIMG9462


いやもう、これまた、玄人はだし!(三回目)

拙者のキッシュ好きを知っていて下さったのか!?
エージくん(@大宮・平尾)のところから
キッシュが消えて、はや幾月・・・

ど☆ストライクのキッシュに出会う事が出来ましたよ。

ナラさん本当にありがとう(涙)





CIMG9464

横顔はこんな感じで。




CIMG9468

パンも具だくさんだが、
キッシュも具だくさんだった(笑)


こぼれんばかりのお野菜&アパレイユ。

こんなにちゃんと、
ホウレン草の味がする!って思わせてくれるキッシュ、
なかなか無いですよ。





CIMG9465


上手に撮れなくて申し訳ないですが(汗)

キッシュ好きなら、絶対見たいはず!なので載せます
お・背・な・か。


やっぱりね、
キッシュはね、
土台です。

アパレイユも勿論大切ですが、
シェフの腕が、このブリゼ生地に凝縮されている!?
( とご本人も仰っている  )


若干強めに効いた塩気が、
粉の甘味と、バターの甘味を引き立てる。

厚めの『お背中』部分は、
ザクザクと食べごたえも合って、

キッシュ好き = 土台好き (ですよね?)
の心を捉えて離さない~!




冷凍パイシートのキッシュは、
食べてあげません( どんだけ上から~ )




****************



いやはや、
久しぶりのナラパン。
堪能させて頂きました。


初めてナラパンを御覧になった方へ。
これは残念ながら、非売品でございます


とっても素敵なママさんが、
美味しいって言われると嬉しい!って。
ただ、きっとそれだけの、
純粋なお気持ちで作って下さっている、

心を込めて焼かれたパンです。


いつか、みなさまにも、食べて欲しいなぁ


ナラさん、本当にありがとう(感涙)




ぴっぴさんで購入したパン



さてさて。
ぴっぴさんのこの日のラインナップは↓↓こちら。

DSC_0994


食パンも美味しそうだったんですが、
なにせ、一本堂さんの帰りでしたので(苦笑)








DSC_0996





あんこも自家製というあんパンを、
本日のおやつ用にゲット!
DSC_0999

ころん、とかわいい手のひらサイズのあんパンは、
ぱっと見、普通のあんパンだと思っておりましたら・・・




なんと!
びっくり断面ショ~☆
DSC_1004


びっくりしたので、
いつもならオシリ画像が先ですが、
今回特別に!?断面ショ~が先です(笑)

これ、びっくりしませんか!?
拙者、こういうあんパンの断面、初めて見ました!!




お取り置きのオシリ側~パチリ☆
DSC_1000


じゃあ、オシリはどうなっているの!?
と思いますよね!?
というわけで、
この画像の順番です(エッヘン!←別に凄くない)


普通、あんパンって、
薄い皮に、あんこがくるまれている
お饅頭のような断面か、

または、フランスあんパンに有りがちな
少し上に空洞が空いたものが、メジャーかと
思うのですが・・・



DSC_1007

こ、これは!
あんこの上に、リュスティックみたいな生地がのっている・・・

まるで、包餡後に生地を発酵させたのか?くらいの衝撃。

気になったので、パン屋さんにラインしました(苦笑)
しかも、ふたり(爆)

おふたりとも、初めて見る断面!と仰いました。
そ、そうなんだ・・・
パン屋さんも初めてって・・・(苦笑)


お味はね、とっても美味しいのですよ。
見た目通り、リュスティックのようなモッチモチ生地。

自家製のあんこは、ほこっとして、甘すぎず
甘くなさすぎず、丁度いい。
あんこの量が少なく見えるかもですが、
上の生地は、しっとりモッチモチで、
ムニ~っと潰れるので、生地とのバランスも
ちょうど良かったのです。


でも、断面の謎だけ、残りました・・・苦笑



そして、いつも思うのですが
何気にあんパンの影の立役者は、
『ゴマ塩』のような気もしてます

この塩気、いつも『いいね!』と感じる。






塩バターパン
CIMG9083

テーブルロールサイズの、塩バターパン。

ふんわり生地ですが、
スカスカでは無い、適度な密度が好みのタイプ^^




CIMG9086


そして、ひとくち目でショウゲキ!

生地の甘み?バターの甘味?
自然な優しい甘味に溢れている~!!




塩パン系は、オシリ、大事。
CIMG9085

オシリを見れば、
どのくらいオイリーな塩パンなのか、わかる(気がする)

こちらは、袋もべったりしない、
バターは控えめタイプです。

なので、
焼き戻しても表面(オシリも)はカリッカリにはならず。

・・・でもね・・・


カリッカリにならないし、
この断面を見ると、
バター少ないのかな?と思うでしょ?
CIMG9088


でもねでもね、

中に巻き込まれているバターの量が、
とっても丁度いいのでしょう、
『どこを食べても』『素材の甘味』がするのです。

そこまでバター!とは主張しないんですけど、
そのおかげで、
粉甘さ、
バター甘さ、
両方、じわじわ、わかる感じです。

そう、だからきっと、
塩梅も、ちょうどいい、のです。



********************



正直なパン、という印象を受ける、
ぴっぴさんのパン。

あんこや、バター、塩の量が『ちょうどいい』
のも、すごく印象的です^^


なんだか、いろいろ食べてみたくなりますね!





パンとお菓子のお店 ぴっぴ

福岡市西区内浜2-2-40
11時~19時半
定休日 火曜










パンとお菓子のお店 ぴっぴ


この日は、
いつもの食パンを買いに、
一本堂さんへ・・・


DSC_0989


チェーン店にはいかない!(なるべく)
食パン専門店もいかない!(なつべく)
と宣言している拙者ですが、
一本堂さんは別なのです、すみません・・・。

こちらの食パン、やっぱり、超☆どストライクでして。

仲良しのパン屋さんに、お顔も見たいし、行かねば!
と、思いつつも、

毎朝の食パンは、やっぱり、こういうの・・・
と、思ってしまう(ごめんなさ~い

CIMG7245






でもでも、
ひとつ、こだわりがありまして!

最寄りのお店では無く、
『福岡姪浜店』まで、行ってます。
( 住所は、下山門となってますが )


チェーン店と言いますか、フランチャイズなので、
店主さんの裁量により、お店の雰囲気も
スタッフさんの感じも、全然違います。


拙者は、こちらのお店の雰囲気&スタッフさんが
好きです!!

あと、
CIMG6671

↑↑これ。
高密度食パン!!

それぞれのお店で、出されているパンの種類が
若干異なるようなのです。

プレーンが鉄板!ですが、
高密度食パンの、むぎゅううううっ!とした感じも
クセになるので、この食パンがある、というのも
ポイントです♪


※後日追記
好き!と言っておきながら、結構久しぶりに頂いた
一本堂さんのプレーン。
なんだか、こんなに甘かったっけ?と思ってしまいました。
増税後初めて買ったのですが(お値段据え置きでしたし)
材料変わってるとか?
もしくは、拙者が最近、アロさんやトランテトロワさんのような
めっちゃピュアな材料のパンを結構食べてるから、
舌がそっちになれただけでしょうか?







で、
久しぶりに西区に行ったので、
普段目にしないフリーペーパーを頂きました。


で、
で、

そこになんと!
ニューオープンのパン屋さんが載っているでは
ないですか!!

ロヂウラベーカリーさんの新店舗の
オープンに行きそびれているので(苦笑)
せめて、こちらのニューオープンのお店には
行ってみたい!
行かねば!!



DSC_0993


しかも、
一本堂さんからめっちゃ近かった。


パンとお菓子のお店 ぴっぴ さん。

とっても小さな、かわいいお店です。





DSC_0994


ラインナップを御覧になってお分かりになるように、
愛すべき町のパン屋さん的雰囲気です^^




DSC_0995
(反射してますね・・・見辛くてスミマセン 汗)

はるゆたか、とホシノ天然酵母に拘っていらっしゃる。

ホシノを使用されていて、
小じんまりとした可愛いお店

  = 女性店主さん


かと、
勝手に思い込んでおりましたら、

店頭にいらっしゃるのはお母さまで、
奥の厨房にいらっしゃる、息子さんがシェフとのことでした。






DSC_0996



DSC_0997



食べた感想はまた追って・・・

(一本堂さんの高密度食パンについても書かねば!)



パンとお菓子のお店 ぴっぴ

福岡市西区内浜2-2-40
11時~19時半
定休日 火曜














fusuku coffee のカレー皿が凄過ぎる


タイトルの件について語る前に、

最近のパンのお供事情など。




CIMG6670


一本堂さん(@姪浜・下山門)の食パン。

久しぶりに食べて以来、どハマりしてまして・・・


朝はこれじゃないと!
これがあるから起きられる!状態です。


プレーン以外で初めて食べた、
『高密度』食パン。

これについては、別途記事を書かねば
長くなりすぎるので(笑)

今日はひとまず、その上に見えている、
瓶について、です。

この中には、何が入っているでしょうか~?





パッカーン!!
CIMG6672

(笑)

そうです、柿ピーです!!

テレビを御覧になった方は、すでにご存知かもですが、
『パンのおとも特集』というテーマで、
数種のお供を味わううことが出来ました♪

で、
一番印象的だったのが、こちら。

柿ピーのピーナツバターです。




そのまんまやないか~い、の画像。
CIMG6796


そうです、まんま、柿ピー(笑)

でも、柿の種&ピーナツですから、
ピーナツバター、なのは違和感なし。

問題は、興味は、柿の種。

ですがこれが、有り!なんですよ。
意外すぎるけど(笑)


お料理のレシピで、揚げ物の衣代わりに
柿の種を使っているレシピ、見たこと無いですか?

それをイメージして頂くとわかり易いのですが、
簡単に言うと
『揚げてないのに揚げパンみたいになる』
のです。

ザクザクした柿の種を噛んでいると
ただのトーストが
『長崎名物ハトシ』みたいな食感に。

※ハトシとは、食パンの間に海老のすり身を挟んで
油で揚げたものです。


あ、でも、知人いわく
ハトシどころではなく、
粗めのパン粉で揚げたカレーパンなみの食感!
らしいので、のせる量にもよるかもしれません。


ちなみに、塗る際には
ちゃんと底までスプーンを入れて、
バター部分も、しっかりすくってくださいね。
でないと、柿の種しか乗らなくて、
パンと柿、という全くつなぎの無い状態で
『ただ、2つの食べ物を食べてる』
感じになっちゃいます(笑)



あとは、珍しいジャムを頂きましたよ。


from 沖縄~!
CIMG6784

シークワーサーバター。




CIMG6793

これはもう、バターと言うよりは、
もはや 『シークワーサープリン』とか
『シークワーサーペースト』とかそういう雰囲気。

スプーンでそのまま、単体で食べられます(笑)






同じく沖縄ですが、
こちらは更に、珍しくて・・・


CIMG6785


カラキ!?


CIMG6792


ちなみに、カラキとは。
シナモンの仲間である沖縄ニッケイの“やんばる”での呼び名です。
樹皮だけではなく、葉っぱにも香りや甘み、辛みがあり、
大宜味村では昔から葉をお茶にしたり、
根を泡盛につけて薬用酒として利用していました。


とのこと。

これね、カラキはハジメマシテ、だったんですが、
なんか、
なんか、
食べたことが有るぞ・・・という味と言うか香りが・・・

で、
思いだしました!!


これです  ⇒ 


この、貴重な月桃のシュトレン。
この香りにそっくりだったのです。


この香り、くせになりそう・・・♪




で、
ようやく、
タイトルの話しです。



お父さんになりました。
CIMG6795

かわゆいですねぇ。

長女・まゆかちゃんとfusuku氏。
今から、看板娘になった日のことを妄想して語っております(笑)


そして、
タイトルのカレー皿ですが・・・

こちら、です。



CIMG6787

美しい・・・。

これね、実物の方が100万倍素敵なので、
ぜひお店で、カレーを注文してみて下さいね。

というよりも、
平民主婦としては『こ、こんなキレイなお皿にカレー
入れたら、着色しちゃうんじゃ!?』
と気になって気になって・・・
カレーに集中できないんですが(笑)


それ以前に
『フスクコーヒーでカレーが食べられる』という
事実を知らない人の方が多いのではないでしょうか?

そのくらいの知名度、注文数にも関わらず
せっかく出すなら、何から何まで手を抜きたくない。
というののが、彼のポリシーです。

だからこその、
持ち込みOKだったりもします。
(中途半端なモノは出したくないから)








CIMG6788

作家さんに特注したというお皿と、スプーン置き。

おまえは一体何屋なんだ!?
と、常連さんに突っ込まれるとか(そりゃそうだ)

だって、
スプーンにもこだわって・・・



CIMG6791


名前入れとる。

しかも、カレー専用の食べ易いスプーンを探して、
取り寄せ&名入れまでしたという。



珈琲オタクは、
なににつけても、オタクなのですね。


でも、fusuku coffee でホットドッグを食べた方は
ご存知かと思いますが、
あの、木の器とスープのカップ。
あれも、特注なんですよ。

沖縄で、作家さん(結構なおじいさま)が、
おひとりで、
ひとつひとつ、
丁寧に作っていらっしゃるので、
揃うまで半年を要したと言う・・・。


CIMG6624

でも、もともと、
コーヒーカップは高取焼だし。

私が知る限り(@福岡)
アイス珈琲をワイングラスで最初に出したのも、
fusuku氏ではないか?と思うし。

実は、センスあふれる、オタクなのです。
見かけが『珈琲好きのやんちゃ坊主』なので
そう思われてないけど(笑)



そんな、
カッコつけない、公民館みたいなカフェ。

知らないうちに
店主の拘りにどっぷり、
浸からせてもらっているのですね。



いつもありがとう!!



fusuku coffee (フスクコーヒー)
福岡市中央区谷1-12-30
7時~18時
定休日 水曜








久しぶりに、一本堂さん(@姪浜)



今日のつぶやき。

CIMG6683


最近、朝起きるのが楽しみです。

理由は『おいしい食パンがあるから』

しかも、3種類~(歓喜)

今朝はどれを頂こうか・・・♪
朝目覚めて、まだお布団の中にいる時から、
わくわくしいています。

今日は、久しぶりに購入した
『一本堂』さんの『ぷれーん』。


久しぶりに食べたら、
『こんなに美味しかったっけ!?』
と、ハマりまくってます。


そして、このプレーン。
最近のお気に入りの食べ方は、
パン好きさんには叱られそうな!?
禁じ手!?
『 レンチン 』です・・・汗



CIMG6695




結構密度の高い、
みっちり、しっとりした美味しい食パン。

スーパーの食パンの値段よりも、100円プラス位で、
この、『小麦使用量』の食パンが頂けるなんて、
本当にありがたい・・・



それを、
厚切り(禁断の3枚切り)にして。


※でもね、普段は3枚切りの拙者でも、
一本堂さんの食パンは密度が濃いので
(尚且つ一斤焼きなのでミミが多い♪)
4枚切り位が、
一番美味しさがわかるかもしれませんね^^。




もちろん、購入当日は『生食』致しますし、
鮮度が持つ限りは、生食、し続けます。

この食パンは、生食で食べるのが好きなんです。

で、そろそろトースト、の時期になってくる
(鮮度的に)


CIMG6692


もちろん、トーストもめっちゃんこ美味しいですよ。




けれど、生食風に食べたい。

そんなときの、心強い味方、それが『レンチン』
です。
それも、6秒、くらい。

10秒は、やり過ぎです(pantiki調べ)

柔らかくなりすぎる、ふにゃ~ってなる。


わが家のレンジの場合、6秒。
これで、
購入日当日の、生食のような雰囲気を
ほぼ、再現できる(と思う)。


CIMG6696
(分厚い背中)


しかも、微妙に温められた生地の内側からは
発酵の香りさえも蘇るのです。
たぶん、イースト使用の食パンなのですが
まるで酒粕のような発酵香が鼻腔にのこる・・・

そこへ、
カルピスバター。

CIMG6666

(とあるテレビ局にて)
(実は今日が放送でした。←常に事後報告。いまだに恥ずかしい)



塩味控えめの、毎日食べることを意識して作られた
プレーンな食パンには、
無塩バター+塩 がしっくりくる。

で、ここで気づきます。
お店に並んでいたのが有塩バターだったので、
不本意ながらも!?
かなり久しぶりにカルピスさんの有塩を頂く。

すると・・・

あれ!?

おいしい!!

いやはや、すみません。
昔食べた時、『うわ~塩が強すぎる!!』
『カルピスバターの良さがわからん!勿体ない!』

と、感じて以来、
カルピスバターは無塩しか買っていないのです。

でも、今回『特選』だったから?
(昔買ったのは、ポンド売りの銀紙に包まれたもの)
(冨澤商店にて。業務用カルピスバターと書いてあったような?)


それともレシピが変更されたのか?
塩梅はほどよく、ちゃんと『乳乳しい』味がしました。


さすがですね。

パンと一緒に販売しているバターです。
このパンに合わせて食べて下さい、
と言っているようなものです。
この食パンにとっても合います。


生食にハマっているのは、
このプレーン食パンの良さが一番味わえる!と思うのと、
拙者のバターの食べ方に、合うから、です。

前々から申しておりますが
『良いバターほど、齧るべき』です。


溶けてしまうと、その特徴がわかり辛い。
勿体ないァ、と感じること多し。



バターをカットして、
口に含む。
口中で蕩かして、その余韻の中に、
むっちりと、ふんわりと、
微妙に、地味に、温かいかな?くらいの生地を
ほおばるのです。

口中で、
最高の、
マリアージュ~!!!!(感涙)



テレビでは、トーストしてから食べてましたが、
(パン好きさんに叱られそうなので 笑)
実際は、
この『ぷれーん』に関しては・・・
レンチン・・・推奨・・・
(↑↑ 鮮度が落ちてきたら、ですよ~)


いやはや、
チェーン店でありながら、この美味しさ。
食パン専門店では、ダントツにお気に入りです。

というよりも、食パン門店の中では、
今のところ、一本堂さんしか、買わない。



添加物は加えず。
シンプルで。
小麦や乳製品、その他素材の味が
しっかりわかって。

お値段も、お手頃価格で
生活に寄りそったパン=食パン 
のことを、とてもわかって下さっている。


町のパン屋さんを脅かす存在ですね。

また食べたい!
買いに行きます~^^



焼き立て食パン専門店『一本堂』
福岡姪浜店

福岡市西区下山門3-3-1
定休日 日曜
9時半~19時










記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC