ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

カフェ(福岡市南区・那珂川町)

ローバの休日 その2



今、内ショ?にしているお店がふたつあります。


内ショなら言うなよ、pantiki です。


そうですよね~(苦笑)

言いたいけど、言いたくない!
でも、
なんか、言いたい!

煩悩丸出しで、お恥ずかしいです


ちなみに、内ショの理由は。


すでに常連さんがたくさんいらっしゃって、
予約困難であること(飲食店)

『あ~パンさん、そこ見つけちゃったか~』
とパン友さんに、苦笑いされたこと(パン屋さん)


です。

ニューオープンならば、意外と躊躇なく書けますが、
すでにそのお店のことを大切に思っている人がいて、
急に混むようになったら悲しい、という人がいる。

そう思うと・・・
躊躇、しますよね。
こんな隅っこでやってる地味なブログでも。
(実際、そんなに影響力ないんですが 苦笑)

逆に、お気に入りのお店を記事にされて
『あ~!!涙』と思った経験もあるし(苦笑・再)


それに何より、自分も、
ランチ予約したい!パン普通に買いたい!
と、思うので(←これを煩悩という)



いつか、画像のみ、UPするかと思われます。




**********************


さてさて。


スコーンハンター放浪記。
ローバの休日さんの続きです




CIMG8234


プレーンな生地を味わった後は、

ちょっと変わり種、も食べたくなります。

しかし、
拙者の言う『変わり種』は
何かしらの具が入る、という意味では無く。

スコーンはプレーン至上主義、です。
故に、そのプレーン生地の、
お砂糖や、牛乳、バター等の
『原材料』を変えて作っているパターンを
食べてみたい、というもの。



というわけで、



お砂糖の代わりにハチミツを使ったというこちら。



HONEY
CIMG8246

これまで頂いた、ローバさんのスコーンは、
全くと言っていいほど、乳製品の風味が
感じられなかったのですが。

これは、甘み成分が蜂蜜だから?
白砂糖よりも、甘さが控えめになるから?でしょうか、
少し、『乳』な味わいも感じます。




ちょっと白飛びしてしまった(すみません・・)
オシリ側~☆
CIMG8247

食感は、やっぱり、今までのスコーンと同じくモソモソ系。

そして、やっぱり、『マリー』な口中に張り付く食感。





CIMG8787

少し違うのは、
頭部分が、マリーではなく、
普通の!?バタークッキーのような印象になる所でしょうか。







そして、
もうひとつは、友人がゲットしてくれた(感謝感激 涙)





生クリーム
CIMG8235

これね、めっちゃ感謝なんです。

なぜなら『自分なら選ばないタイプ』のものを頂いて
それが、ど☆ストライクだったという・・・

あなたのおかげで出会えました!
カリスマお見合いおばさんならぬ、お姉さんです!!






色白さ~ん。

ハニーと見た目が似ていますが、
見分けるポイントは上のシュガー?が
ふたつ(生クリーム)か、みっつ(ハニー)か。
CIMG8827

これまでの3つと違って、
乳製品の優しい香りがふ~わり♪

そして、これも生クリーム効果でしょうか、
オオオカミの口から手で割こうとしても、割けない!

これまでのものより、みっちり生地が詰まっている。
(粉同士がくっついているとでも言いましょうか)


なので、ナイフでカットしました。




オシリ側も色白さ~ん。
CIMG8829

そして、今までは『マリー』(連呼し過ぎ)でしたが、

おお!これは!

わかり易い程に『ムーンライト化』しました


前述しましたが、拙者は自主的に生クリーム入りの
スコーンは買わないです。

理由は、生クリーム入りのモノは
往々にして、拙者の好みとは少し違い、
さっくり、ふんわり、何も付けなくても美味しい。
というタイプが多い気がします。

拙者は、
ついつい、クリームもジャムも付けたくなる
ザ☆クリームティ向き、のスコーンが好きなので。




CIMG8832

尚且つ、
粉とバターの『シンプルの極みマリアージュ』である
スコーンですから、
乳製品の風味もしっかり感じたい。


なので、
ものすっごくマリーな、ローバさんのスコーンの場合
(しかも、乳製品の風味を感じないタイプ)

この、生クリーム入りが一番、
乳!を感じられて、
しかも、口中に張り付くマリー感は残っており、
好みでございました^^





CIMG8833


そうなんです。
ムーンライト化、してますが、
( マリーに乳製品感と甘味がプラスされた状態 )
食感は、クリームティー向きのまま。
(元々の生地が、めっちゃマリーだから!?笑 )
これは嬉しいですね。

たっぷりのクリームとジャムを
塗りまくりマクリスティで頂きました!!



********************




次回は、お隣の閏日さんでも、
頂いてみたいです^^

スコーンを愛する店主さんが、どんな風に供されるのか
興味シンシンなので・・・♪











ローバの休日




stock さんの続きの前に・・・



スコーンハンター放浪記、ですよ~。

(スコーンの日記が たまり過ぎております故 汗)


福岡で、スコーン専門店のさきがけ、
といえば、こちらではないでしょうか?

スコーンにハマったからには、
早く伺わねば!と思っておりました。




シャレの効いた店名、好きです。


CIMG8233




きっとまだ、福岡に専門店等無い頃に、
始めよう!と、一念発起なさった(と、思う)。


そういう、
好きなモノを突き詰めるひと、好きです。

CIMG8231




ROBAN HOLIDAY (笑)

細部までシャレの効いている人、好きです。

CIMG8232

(ピンボケですみません・・・ 汗)


CIMG8237


ローバの休日の、役者紹介です。

こういうの、良いですね。
ご自分が作ったものを、
こよなく愛していらっしゃる、というのが伝わってきます。




そして、
ローバの休日さんには、プレーンというものが、
無い!のです。


CIMG8238


他店でいう、プレーン(基本)に相当するもの、
が、この オードリー・ヒップバーンです。

プレーン 兼 主役、です。


ヘップバーンじゃないですよ、
ヒップバーン、です。シャレとる(笑)


ヒップ分、主役らしく、大きめ、だそうです^^




見た目はもう、ど☆ストライク!
期待が高まります。
CIMG8241


そんなに小ぶりでもないのに、
お値段がとっても良心的。

焼き戻してから頂きます。




CIMG8242


ちなみに、
レンジで15秒、トースターで1.5分
加熱致しました。
( これ、後ほど、重要になりま~す 笑 )




オシリ側もパチリ☆
CIMG8243


カリッカリ!

拙者が、よくスコーンの例えに使う

マリー
ムーンライト
リッツ

で言いますと、マリーど真ん中!です。
ビスケット感満載の頭とオシリ。

CIMG8268




内側は、しっとりしつつも
モサモサ感もちゃんとある、
いかにも、スコーン!な食感。
クリームをたっぷりのせて食べたくなる、
王道のスコーンです♪

不思議と、
バター(乳製品)の風味は
そんなに感じないのですが。




で、
後ほど重要になる、と言ったのは・・・

CIMG8255

ローバの法則に違反しているからです!(爆)



2分はわが家のワット数では
少し、焦げるようなのです(汗)

なぜ、わかるかと言うと・・・






実はこちらを先に食べてました。
CIMG8236

Tea 、紅茶味、ですね。

ご主人にプレーンに近いものはなんですか?
とお伺いすると、オードリーとTeaだ、と仰ったので、
オードリーより先に、紅茶味、食べました。


CIMG8248


紅茶の香りがふうわりと。
甘さは、控えめ、でしょうか。
ジャムをのせようかどうか、悩む感じの。





焼いた後のオシリさん。
CIMG8253


でも、見た目焦げてますが
オシリと頭がカリッカリになって、
食感的には、良い感じで。

その、カリッカリ部分は
味も食感も、まさに、マリービスケット!!
( マリー連呼し過ぎ )



CIMG8256



でもね、焦げちゃうのはなんとなく予想していたのです。
( 今までの経験上 )

こういう、丁寧に焼き戻し時間を書いて下さっている
( それはもうもう、本当にありがたい!涙 )
場合は500Wのトースター(レンジ)?
を想定して書かれているものが多い(気がする)

ですが、わが家のトースターは600Wです。

ので、今までもこういうレシピ通り焼き戻すと
もれなく焦げていました。


わかってるなら、最初っから時間減らせよ!
という声が聞こえてきそうですが(苦笑)

でもね、
従ってみたかったんですよ。ローバの法則に




********************


乳製品の風味がしないので、
ど☆ストライクタイプではないのですが、
クリームティーにぴったりの食感は
とても好きです。




なかなか行きたいけど行けなかった拙者の為に
友人が他の種類も差し入れてくれまして
(もう、本当になんて良い人 涙)
(皆さまに支えられて生きております・・・)

それもまた、UPさせて頂きます!!




ローバの休日
福岡市南区屋形原3-16-21
定休日 日曜日 (+月末に数日?)




イツモイツモ その2


さてさて。
すっかりファンになってしまいました、
イツモイツモ さん。


購入したコッペパンのご紹介です

CIMG0162

このように、注文後に具材を詰めて下さいますので
パンがフニャフニャになっていることもなければ、
具材が干からびていることもありません。


気になるフィリングが多数あり、
絞り込めない・・・・



というわけで、

画像 + 2本
買いすぎでしょうか・・・


CIMG0168


まずは、タマゴサンダーとしてはハズセマセン!
のたまご。

CIMG0169

大きさは、よく見るサイズのコッペパンより小さめ。
女性のランチならば、2本位が丁度良さそうな、
複数の種類を食べたい派には、嬉しいサイズです。



拘りのたまご(高級)を使用した
たまごサラダがたっぷりと。
CIMG0172

せっかく良いたまごを使っていらっしゃるからでしょう、
マヨ感は少なめです。

ホコッとした黄身の食感や、卵自体の風味を感じられる
程良いマヨとたまごの割合。
たまご好きとしては、この割合は、大賛成です。

この、黄身から感じるたまごの風味、
とても濃いです

やや粗めの潰し具合も、
白身のプリプリ感が味わえて、良いですね。



ふんわりフワフワ断面ショ~☆
CIMG0174

ふんわり、柔らかなコッペパンからは、
お砂糖では無く、ミルキーな甘さがじんわり。

この、生地の柔らかな甘みも、
マヨネーズを少なめになさっているからこそ、わかる。

ただ、マヨ少なめ = 塩気も少なめ
に感じるので、ピクルスを端っこに添えたり(塩&酸味プラス)
黒コショウかけてみる、とかすると、
味にアクセントがついて、もっと美味しく頂けそうでした




ツナ
CIMG0179

こちらも、たっぷりのツナサラダがIN!

たまごサラダと比べると、『かなりマヨだく』 なので
酸味を強めに感じる、大人のツナサラダに仕上がっています。

マヨラーさんも大満足


ですが、拙者、
普段は、なぜだか『ツナ』にあまり魅かれません。

自家製ツナ、と書かれていれば別ですが

ランチの日替わりパスタがツナ入りだと頼まないし
おむすびも、鮭か昆布か・・・

そういうわけで、ツナサンドも、
自主的に購入した記憶が無いです。

でも、なぜ今回は購入したかといいますと・・・



こちら!セミドライトマトのマリネ付きだから。
CIMG0181

これが甘くて、酸味も程良くて、おいしかった!

ふわっとパンと一緒に口中でとけそうな、
クリーミーと言えるレベルの大人のツナサラダ。
そこへ、
トマトの甘みのアクセント。

生地の柔らかい甘さとも、ベストマッチ。



ピーナツ
CIMG0185

甘い系も、買いたいよね。
というわけで、
定番の あん&バター と悩みましたが、
なんと 『ピーナツクリームさえも手作り』 とお聞きして
これは食べるべきでしょう、と。

そしてこれが大正解。

今回頂いた5本の中で、一番印象的&好みでした。




生地接写☆
CIMG0190

ピーナツの粒粒感を満喫できるクリーム。

甘さは控えめです。
そのおかげで、ピーナツの風味もすごく感じることができる。



実はその下には・・・ の断面ショ~☆
CIMG0192

そして、そのピーナツクリームの下には
カスタードクリームが!

最初、メニューを拝見したときに、
ピーナツクリーム = めっちゃ甘い イメージがあったので、
カスタード、要るのかな?
と、思ったのですが。

いやはや、失礼しました、
さすがです、ちゃんと計算されてます。

ピーナツの風味を生かすためにお砂糖控えめに作られたクリーム、
でもそれだけだと、
ちょっとオヤツには甘味が足りない。
お砂糖を混ぜ込むのではなく、カスタードと二層にすることで
両方の味を感じることができます。

柔らかいエクレアを食べてるような、
そんな気にもなってきました。



******************


ピーナツは、持ち込みオッケーの
月白さん
またもや店主さんを巻きこんで、3人で頂いたのですが。



CIMG0186

店主さんも、友人も
大絶賛、でございました。

なんだか鼻が高い 笑



もちろん珈琲にもピッタリで。

CIMG0187


結構ストロングな深煎りをチョイスしましたが、
ピーナツのコクとあいまって、
おいしいマリアージュとなりました。

月白さんの雰囲気がとても好きで。
すごく落ち着くので、ハマっております。




イツモイツモさんのコッペ、
あと2本の感想も追って・・・
プラス、美味しかったお惣菜の感想も一緒に


ごちそうさまでした~。




ITSUMO ITSUMO (イツモイツモ)
福岡市南区市崎1-17-21

DELI【月~金】10:00~19:00
【土・日】10:00~18:00
TEAROOM:11:30~ 18:00 ( last order17:00)


第2&4水曜定休日





珈琲 月白 (つきしろ)
福岡市城南区田島4-15-27
8時~18時
定休日 金曜











イツモイツモ その1


知らなかったです。

こんなに素敵なお店だったとは。

もっと早く伺えば良かった、と
後悔するお店に出会えました。

イツモイツモ さん (@平尾)


CIMG0156

注文後に、コッペパンに具材を詰め込んでくれるお店、
全国的なコッペパンブームも手伝って、
最近増えているようです。

で、
私の記憶が確かならば
福岡で最初にそういうスタイルをはじめられたのは、
こちらのお店だったような・・・
( 違ったらすみません 汗 )


なので、かなり前からお名前は存じ上げていたのに、
昔の給食のトラウマから、
当時はコッペパンを避けておりましたので(苦笑)
ず~っと未訪のままでした。


CIMG0155


ですが、コバコさん(@西区)や、チャクミーさん(@大分)との
美味しい出会いから、コッペパンへのトラウマも薄れ、
ついにこちらへの訪問となりました。

するとすると・・・

うわ~・・・なんて素敵なお店なのでしょう(感涙)

入口すぐ、右側には
コッペパンにその場で具を詰めて下さるスペースや
美味しそうなお惣菜の数々。

オープンキッチンで、作っている様子も見える、
安心安全なお店。
キッチンの奥には、カッコよすぎるガス窯も!!

お惣菜屋さんのコッペパンでしょう?
と侮るなかれ、
パン屋さんでもなかなか見かけない、凄い窯が鎮座。

ここでコッペパンや、曜日限定の食パン等々
美味しいパンが焼かれているのです。


CIMG0159

そして、縦に長いお店の奥に進んでいくと、
お洒落すぎる、広いカフェスペースがあったのです。

そこで頂けるのは、なんと
ムレスナティー

店頭でtea bag の購入も出来ますが
この日はイートインで、
桃の風味の紅茶のソーダ割りを。

こちらのお店の凄いところは、
こういうメニューを注文すると
ホットティーの試飲?と言いますか、
美味しさを数種味わえるシステムがついてくるところ。
( ティーフリーと言うそうです )




更に驚いたのが。


CIMG0160

銅板がある。

しかも、セルクル型も、銅。

え~!?
世の中ホットケーキ&喫茶店ブームなのに、
こんなお店があるなんて知らなかったです。

しかも、


分厚いホットケーキ


しかも、しかも、
老舗の喫茶店でしか食べられないようなものが
東京では人気で、だけど、福岡で
『銅板で焼かれる、喫茶店のホットケーキ』って
あまり聞かない、と思っていたのに。

ここに、あったとは。




CIMG0158


こういうホットケーキの代名詞とも言える
鎌倉のイワタ珈琲店を彷彿とさせる見た目。

イワタさん同様、
注文後30分近くかけて丁寧に焼かれますので、
この日は時間が無くあきらめましたが。

これはいつか必ずや、
食べなければ。



CIMG0152

あ、すみません。

いろいろ素敵すぎることが多くて、
話しがめちゃめちゃ逸れてますが(汗)

本来の目的は、コッペパンでした 笑

コッペパンも、感動の連続でした。
長くなるので『その2』に続きますが

コッペパンサンドを避けていた理由は
給食のトラウマとは別に

マーガリンと、植物性生クリームが必須。
なイメージがあったから。



ですが、イツモイツモさんは
四つ葉バターと、純生クリーム使用。
サンドに使う具材だって、なんだって、
ピーナツクリームさえも、手作りなのです。


コッペサンドの夜明けなり。



CIMG0154


元は、お店のお惣菜の良さを知って欲しいから、
という想いで始められたコッペサンドだそうなので、

具材に拘るのも、当たり前と言えば当たり前
なのですね。
でも、
その当たり前を実行するのは、
とても大変なことだと思います。

コッペサンド実食編へと・・・続きます!!




ITSUMO ITSUMO (イツモイツモ)
福岡市南区市崎1-17-21

DELI【月~金】10:00~19:00
【土・日】10:00~18:00
TEAROOM:11:30~ 18:00 ( last order17:00)


第2&4水曜定休日







花と珈琲 ホキ その2



素敵な隠れ家
ホキさん。

一軒家を
素敵にリノベイトされた店内。

奥のお部屋はこんな雰囲気。


CIMG7937


CIMG7940




今回座らせて頂いた、
手前のお部屋は、個室っぽくもあり、
窓辺の席に座ると、
外から良い風が入ってきて、
気持ちいいです。

ひとりで来て、ものおもいにふけるのも、良いかもしれません。




CIMG7925


CIMG7934

豆岳珈琲さんの豆を使用されています。

器が、ふたりぶん、それぞれ違うのも、

コースターが何故か、エスニックな雰囲気なのも

すべてが、不思議と、しっくりくるのですね。




CIMG7936



あんこのオヤツが食べたかったのですが、
同行者さんの強い希望により 笑
レアチーズケーキに。

CIMG7928

あまさひかえめで、
ボトムがざっくり。




器も、雰囲気も、素敵で。


そして、珈琲が、おいしすぎました。

豆岳珈琲さんの珈琲は、
鳥飼の TOORI さんで、はじめて飲んだのですが、
その時も
『 なに、この珈琲・・・おいしい・・・! 』
とカンドウした記憶が。

いつか、
耶馬渓のお店に、行ってみたい。



********


次回こそは、あんこのおやつを・・・  笑



花と珈琲 ホキ
福岡県筑紫郡那珂川町埋金698-2
定休日 火曜 水曜 第3土曜
12時~17時







記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC